最後のストライク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

最後のストライク』(さいごのストライク)は、広島東洋カープ津田恒実の現役時代と闘病生活を描いた、津田晃代著のノンフィクション書籍。および、それを原作にして制作・放送されたテレビドラマ

概要[編集]

広島東洋カープの炎のストッパーとして活躍し、「弱気は最大の敵」の言葉を信条とした津田恒実の、選手時代の栄光と病魔に襲われてからの2年以上にわたる闘病生活を、妻であった津田晃代が綴った作品。1995年6月に、勁文社より『最後のストライク - 津田恒美と生きた2年3カ月』のタイトルで発刊された。1998年6月に幻冬舎より文庫化された後、2000年テレビドラマ化されている。メインタイトルの由来は、彼の命日がちょうどオールスターゲームの第1戦当日となった巡り合わせを、死期の「コントロール(制球)」に見立てての称。

テレビドラマ[編集]

2000年7月28日フジテレビ系列の「金曜エンタテイメント」枠にて、『最後のストライク 〜炎のストッパー津田恒美・愛と死を見つめた直球人生〜』のタイトルで放送された。

前述の津田晃代夫人による手記を原作として、フジテレビのディレクターの熱意で温められた企画がドラマとして放送された。ウグイス嬢や実況アナウンサーには、津田が現役当時に務めていた本人が出演し、また当時の津田のチームメイトも、端役として様々なシーンに出演している。

なお、本作の脚本を手掛けた松原敏春は、放送からわずか半年後の2001年2月6日に53歳で急逝している。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]