まんてん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
連続テレビ小説 > まんてん
連続テレビ小説
通番 題名 放映期間
第66作 さくら 2002年4月1日
- 9月28日
第67作 まんてん 2002年9月30日
- 2003年3月29日
第68作 こころ 2003年3月31日
- 9月27日
まんてん
宇宙科学技術館.jpg
種子島宇宙センター内にある「宇宙科学技術館」。満天(宮地)が毛利衛と対面するシーンがこの周辺で撮影された。
ジャンル テレビドラマ
脚本 マキノノゾミ
出演者 宮地真緒
浅野温子
藤井隆
生瀬勝久
氷川きよし
鈴木紗理奈
照英
山田花子
角田信朗
毛利衛
笑福亭松之助
小日向文世
大杉漣
赤井英和
三橋達也
宮本信子
ナレーター 藤村俊二
オープニング 元ちとせこの街
時代設定 1997年[1] - 2009年7月
製作
プロデューサー 小見山佳典
制作 NHK大阪
放送
音声形式解説放送(副音声)
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2002年9月30日 - 2003年3月29日
放送時間月曜 - 土曜8:15 - 8:30
総合テレビ
月曜 - 土曜12:45 - 13:00
(総合テレビ・再放送)
月曜 - 土曜7:30 - 7:45
BS2
土曜9:30 - 11:00
(BS2・一週間分再放送)
月曜 - 土曜7:30 - 7:45
BS-hi
回数150

特記事項:
16:9LB字幕放送
テンプレートを表示

まんてん』は、2002年9月30日から2003年3月29日まで放送された『連続テレビ小説』第67作[2]

特徴[編集]

当時、グラビアアイドルとして人気を博していた宮地真緒がヒロインを務め、放送当時は大きな話題となった。

物語[編集]

屋久島に住むヒロイン・日高満天(まんてん)が鹿児島でバスガイドになるために島を出るところから物語はスタート。

物語の舞台は大阪などに移り、次は気象予報士になるための勉強を開始。

そんな中で漁船の遭難で行方不明になっていた父と再会するなどの出来事を通し、最終的には満天は宇宙飛行士となり、宇宙からの天気予報を伝えるようになる。

「電子・光学などのセンサー全盛の時代に宇宙から人間が天気予報をすること」にどれだけの意味・値打ちがあるのかと作中でも疑問が提示されるが、満天が自分の言葉で惑星・地球の美しさを伝えようとしたこころが、日本の子供たちに確実に根付いていることを感じさせて、物語は終了する。

概要[編集]

  • ヒロインオーディションには1,916人が応募した[3]
  • まんてんの住んでいた舟田集落は屋久島町吉田地区がモデルである。
  • 鹿児島県を舞台とした『連続テレビ小説』は本作が初めてである。
  • 前作『さくら』からの話数変更により、初めて9月・3月の「最終月曜日」に放送を開始した。
  • 放送中の2003年2月、スペースシャトルコロンビア」の空中分解事故が発生し、本作品への影響が懸念された。その後シナリオは変更されず、コロンビアの乗組員を追悼するカットが挿入された。また、爆発事故発生日の放送では最後の「まんてん/製作著作NHK」のテロップを急遽「つづく」の映像に表示し、コロンビアの乗組員を追悼するテロップが最後に表示された。
  • 最終回では、現実に先駆け、2009年7月22日(日本時間)にトカラ列島を中心とした地域(屋久島も含まれる)が皆既帯となることで起きた皆既日食[4]、まんてんが宇宙から、屋久島の人々が地上から、観察するシーンが登場した[5]。そのため、1996年の朝ドラ『ふたりっ子』以来、放送当時よりも先の未来を描いた。

方言について[編集]

屋久島は集落ごとに独自の文化・習俗があり、方言の語彙も島内で微妙な差異がある。本作で使用された屋久島方言は、島内に23ある集落の言葉を、屋久島出身の鎌田道隆考証の下にまとめたものである。ことば指導に徳之島出身の桂楽珍が起用されたのは、鹿児島県本土よりも徳之島のことばのほうが屋久島に近い、との判断からであった[6]。しかし、徳之島方言は琉球語奄美方言に分類される方言であり、実際には県本土の方言の方が屋久島方言に近い[注 1]。方言についてはNHKへの問い合わせが多数あり、2002年10月22日に『南日本新聞』朝刊紙面上でNHK鹿児島放送局の担当者による回答が掲載されることになった。

キャスト[編集]

花山家・日高家・穂積家[編集]

黒田家[編集]

ウェザー・ウエスト[編集]

アカツキ重工[編集]

屋久島[編集]

NASDA[編集]

その他[編集]

スタッフ[編集]

オープニング[編集]

  • 本番組のオープニングは舞台である屋久島の風景が取り上げられる。

エンディング[編集]

  • 本番組のエンディングは、舞台の一つ・屋久島などに関連する写真や星や地球の動画をバックに宮地が「まんてん」とタイトルコールをした。なお、タイトルコールの言い方は回によって異なっていた。

放送日程[編集]

  • 第 1週「こん目でみたかぁー 青い地球」(2002年9月30日-10月5日)
  • 第 2週「負けんどぉー 運動会対決」(2002年10月7日-10月12日)
  • 第 3週「ほんのこてー 兄ちゃんは潔白じゃ」(2002年10月14日-10月19日)
  • 第 4週「「大いなる一歩」をふみ出すとじゃ」(2002年10月21日-10月26日)
  • 第 5週「たまがったぁー なにわの女師範」(2002年10月28日-11月2日)
  • 第 6週「ありがたかー 故郷の友」(2002年11月4日-11月9日)
  • 第 7週「がんばっどー 気象予報で大忙し」(2002年11月11日-11月16日)
  • 第 8週「大ピンチ! 宇宙へは行かれんとじゃ」(2002年11月18日-11月23日)
  • 第 9週「どげんなっとやろ? 十五夜の告白」(2002年11月25日-11月30日)
  • 第10週「よっしゃー 老舗ストアーを立て直すとじゃ」(2002年12月2日-12月7日)
  • 第11週「ほっとけん! 柴田さんの秘密」(2002年12月9日-12月14日)
  • 第12週「ほんのこてー プロへの道はきびしかぁ」(2002年12月16日-12月21日)
  • 第13週「どげんすっとじゃ! 風雲 花山家」(2002年12月23日-12月28日)
  • 第14週「うそじゃ! お父ちゃんが消えた日」(2003年1月6日-1月11日)
  • 第15週「永遠の別れじゃ お父ちゃん」(2003年1月13日-1月18日)
  • 第16週「陽平さんが宇宙に行くとじゃ!」(2003年1月20日-1月25日)
  • 第17週「あきらめられん宇宙の夢」(2003年1月27日-2月1日)
  • 第18週「私、陽平さんと結婚します」(2003年2月3日-2月8日)
  • 第19週「二人一緒なら勇気百倍」(2003年2月10日-2月15日)
  • 第20週「こんまか命が生まれてくる」(2003年2月17日-2月22日)
  • 第21週「二人三脚 初めての子育て」(2003年2月24日-3月1日)
  • 第22週「めざせ! 宇宙からの天気予報」(2003年3月3日-3月8日)
  • 第23週「願いよ とどけ! 七夕の夜」(2003年3月10日-3月15日)
  • 第24週「太陽の塔できっと会える」(2003年3月17日-3月22日)
  • 最終週「地球はホントに生きている」(2003年3月24日-3月29日)
  • 2002年12月30日 - 2003年1月4日まで年末年始の番組放送の都合により本枠放送中止に伴い、本番組は連続150回シリーズの放送となる。

視聴率[編集]

本番組は2002年10月11日の放送で22.4%、2002年12月20日の放送で23.6%をマークするもその後視聴率は不振になり、平均視聴率20.7%、(関東地区、ビデオリサーチ調べ)[11]と振るわなかった。名古屋地区では本番組の視聴率が不調となった。

特別編[編集]

  • 2003年1月4日に30分の特別編「まんてんスペシャル」を放送した。番組は物語の前半の物語、並びに後半の見所の他、宇宙飛行士になるための道程の解説が放送された。

総集編[編集]

放送回 サブタイトル
第1回 青い地球をこの目で見たい
第2回 私は夢をあきらめない
第3回 宇宙への道は険しいけれど
最終回 夢に向かって二人三脚

関連商品[編集]

DVD
2004年4月23日に、NHKソフトウェアから、総集編の上巻、下巻及び上下巻をセットにしたボックスが発売された。なお完全版DVDは未発売。
関連書籍

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 屋久島方言は県本土の方言と同じ薩隅方言に分類される。

出典[編集]

  1. ^ 第1週 「こん目で見たかあー 青か地球」
  2. ^ a b c NHK放送文化研究所 『NHK年鑑2003』日本放送出版協会、2003年10月31日、167 - 168頁。 
  3. ^ 秋の朝ドラは「まんてん」/ヒロインに宮地真緒さん - 四国新聞社、2002年2月27日
  4. ^ NHKウイークリーステラ 2018年4月13日号 連載「"朝ドラ"100旅!」②鹿児島
  5. ^ 奇跡 - 宮地真緒オフィシャルブログ Powered by Ameba、2009年7月21日
  6. ^ 「屋久島出身の大学教授がことば考証」『南日本新聞』2002年10月22日、朝刊5面(読者投稿欄)。NHK鹿児島放送局の担当者による回答。
  7. ^ 藤井隆 - NHK人物録
  8. ^ 谷村美月 - NHK人物録
  9. ^ 要潤 - NHK人物録
  10. ^ 萩本果穂 - 松竹芸能
  11. ^ ビデオリサーチ NHK朝の連続テレビ小説 過去の視聴率データ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

NHK 連続テレビ小説
前番組 番組名 次番組
まんてん