いちばん太鼓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
いちばん太鼓
ジャンル ドラマ
放送時間 15分
放送期間 1985年10月7日 - 1986年4月5日(全150[1]回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK大阪
脚本 井沢満
出演者 岡野進一郎
三田寛子
芦屋雁之助
渡辺美佐子
岸田敏志
三林京子
藤真利子
升毅
ナレーター 加藤治子
時代設定 昭和40年代~現代
テンプレートを表示

いちばん太鼓』(いちばんだいこ)は、1985年昭和60年)10月7日から1986年 (昭和61年)4月5日まで放送されたNHK連続テレビ小説第35作目である。NHK大阪放送局制作第10作目。

概要[編集]

九州筑豊を舞台に、劇団一家に育った青年が、実の母を捜しながら大衆演劇の担い手になるまでを描く。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

視聴率[編集]

本番組は1985年10月11日の放送で39.9%をマークするも、その後視聴率は不振となり、平均視聴率33.4%と振るわなかった。

備考[編集]

2011年度下半期のNHK連続テレビ小説『カーネーション』の2012年3月13日の放送で、主人公が当ドラマを視聴するシーンがある。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

NHK 連続テレビ小説
前番組 番組名 次番組
いちばん太鼓