おんなは度胸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おんなは度胸
ジャンル テレビドラマ
脚本 橋田壽賀子
演出 永野昭
布施実
清水一彦
木村隆文
出演者 泉ピン子
桜井幸子
藤山直美
香川照之
園佳也子
藤岡琢也
ナレーター 奈良岡朋子
時代設定 昭和55年〜現代
製作
制作 NHK大阪
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1992年4月6日 - 10月3日
放送時間 8:15 - 8:30
放送枠 連続テレビ小説
放送分 15分
回数 全156[1]

おんなは度胸』(おんなはどきょう)は、1992年平成4年)4月6日から10月3日まで放送された、NHK連続テレビ小説第47作目の作品である。

概要[編集]

泉ピン子桜井幸子のダブル・ヒロイン[2]

温泉旅館「はなむら」に東京から後妻として嫁いできた嫁と、義理の娘を中心に、女同士の対立などを描く。関西の大都市圏にほど近い大阪府南部にあるという設定の架空の温泉地「有浜温泉」が舞台。

1992年の平均視聴率は38.5%、最高視聴率は45.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)[3]。全156回。

この前の作品『君の名は』(東京製作)が1年間の放送であったため、これ以後1994年度下半期 - 1995年度上半期にかけて1年間放送の『春よ、来い』(東京製作)までは通常パターンとは逆で、上半期が大阪、下半期は東京制作となっていた。

ナレーションは橋田壽賀子作品の定番である奈良岡朋子が担当しているが、本作では語尾が「です・ます」調となっており、以後のナレーション担当作品(『春よ、来い』『篤姫』など)でもそれが定着している。

2013年度下半期の朝ドラ『ごちそうさん』の脚本を担当した森下佳子はその執筆にあたり、本作を参考にした[4]

2018年度上半期の朝ドラ『半分、青い。』(6月19日放送・第68回)では、1992年の夏に秋風(ヒロインの師匠)と秘書の菱本が本作を視聴して、橋田の脚本を称えるシーンがあった[5][6]

キャスト[編集]

主人公[編集]

山代玉子 → 花村玉子
演 - 泉ピン子
家業である割烹「やましろ」の得意客であった清太郎に惹かれ、父の死後、花村家に後妻として嫁ぐ。老舗温泉旅館「はなむら」の女将に就任し、達子・芳枝と葛藤しながらも旅館を切り盛りし、やがて達子に本館を任せ新館を設立するものの病に倒れる。回復後、本館建て替えを手配し開業を見届けた後、清太郎に寄り添う生活を優先し、裕子に新館女将を任せ引退する。
花村裕子 → 山代裕子
演 - 桜井幸子
清太郎の次女。東京でツアーコンダクターを目指していたが、玉子の病臥により実家に呼び戻され、新館「はなむら」の女将に就任。若いアイディアで、ディスコ「HANAMURA」を成功させ、新館を盛り立てていくものの、玉子の回復と結婚を機に女将を退く。玉子の引退を機に再び新館女将に就き、運営内容の合理化や対象顧客の変更などテコ入れをし、傾きかけた経営の立て直しを図る。
花村達子
演 - 藤山直美
清太郎の長女。同じ歳だが義母となる玉子に不快感を持ち、芳枝と共にいびり続けるが、努力を重ね女将を務める彼女を見て考えが変わっていく。本館「はなむら」女将就任後、順調な新館の経営ぶりに自信を無くすが、玉子の勧めで本館建て替えを決意、意気込みを取り戻す。
花村清太郎
演 - 藤岡琢也
玉子の夫で老舗温泉旅館「はなむら」の経営者。
坂田啓介
演 - 香川照之
「やましろ」の板前であったが、勇造の死去により閉店し、「はなむら」の板前に就く。玉子に密かに想いを寄せる。
山代勇造
演 - いかりや長介
玉子の父で割烹「やましろ」の店主。
山代伸之
演 - 赤羽秀之
裕子の夫。
山代玲子
演 - 伊藤美奈子
芳枝
演 - 園佳也子
「はなむら」の仲居頭。達子に忠誠心を持つ。清太郎の妻の座を射止めようとしていたため、後妻・玉子を目の敵にする。
演 - 林美智子
清太郎の姉。
中村勝子
演 - 京唄子
玉子の馴染みの資産家。本館「はなむら」建て替えに出資する。
その他

スタッフ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

NHK 連続テレビ小説
前番組 番組名 次番組
おんなは度胸
NHK BS2 連続テレビ小説・アンコール
おんなは度胸