あすか (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
連続テレビ小説 > あすか (テレビドラマ)
あすか
ジャンル テレビドラマ
脚本 鈴木聡
出演者 竹内結子
藤岡弘、
紺野美沙子
梅沢富美男
藤木直人
佐藤仁美
井之上チャル
名取裕子
有馬稲子
芦屋雁之助
ほか
ナレーター 有馬稲子
オープニング 宮本文昭「風笛」
時代設定 昭和34年~現代
製作
制作 NHK大阪
放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1999年10月4日 – 2000年4月1日
放送時間15分
放送枠連続テレビ小説
番組年表
前作すずらん
次作私の青空
テンプレートを表示

あすか』は、1999年平成11年)10月4日から2000年(平成12年)4月1日まで放送された、61作目のNHK連続テレビ小説[1]。大阪制作としての、20世紀最後の作品[注 1][2]

概要[編集]

奈良県明日香村京都市を舞台に、ヒロイン・宮本あすか(竹内結子)が、父を追って和菓子職人の道に入り、バブル景気での経営の失敗と幼馴染との結婚を経て、故郷で再起して新しい和菓子を作り上げるまでの約40年間の半生を描く。最終回では総合テレビの放送時間(2000年4月1日午前8時X分)まで舞台の時間軸が同期し、テロップも表示された[注 2]。作中に「インターネット」という言葉が初めて登場した朝ドラである。また、奈良県が主な舞台になるのは、第37作『都の風』以来となった[3]

オーボエ宮本文昭フィーチャーした大島ミチル作曲のオープニングテーマ曲『風笛(かざぶえ)』は、番組終了後の2000年6月に発売されたイージリスニングアルバム『image』に収録されたことで、視聴者以外にも広く知られることになった(本編で曲のエンディングをアレンジした複数のパターンがある)。また、放送時間が余った場合、『ずっと忘れない』(作曲:久保田利伸、作詞:沢ちひろ、歌:AIRA〈現:美元智衣〉)が放送された。

毎回終了時には、大河ドラマ武田信玄』の「今宵はここまで…」のように、語り役の有馬稲子の「続きはまた明日」「続きはまた来週」(土曜日のみ)というセリフで締めくくった。例外として、有馬稲子が演じる志乃が亡くなった回はセリフ無し、1999年最後の回は「続きはまた来年」、老舗和菓子店「扇屋一心堂」が倒産した回はクレジットで倒産を表示しただけでセリフ無し、そして最終回では「続きはまたいつか」で締めくくった。

ドラマの舞台となった老舗和菓子店「扇屋一心堂」「正直屋」や、「扇屋一心堂」の看板菓子である「おかめまんじゅう」は、次々作『オードリー』でも、劇中の台詞のみではあるが登場している。

1999〜2000年の平均視聴率は24.4%、最高視聴率は27.6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)[4]

2005年3月28日から9月17日までNHK-BS2でアンコール放送。2006年5月17日に放送回全話を13枚のDVDとした「完全版」がポニーキャニオンから発売された。2013年3月より2000年放送の総集編がNHKオンデマンドで有料動画配信されている。

2022年現在、奈良県が舞台の作品はこれよりなく、関西では最も新作舞台から遠ざかっている[注 3][5]

登場人物[編集]

扇屋一心堂[編集]

宮本あすか→速田あすか
演 - 榎園実穂(当時子役)→竹内結子
主人公。昭和35年生まれ。禄太郎と京子の娘で、巌治郎と志乃の孫娘。和菓子職人。後に幼なじみの速田俊作と結婚する。
速田俊作
演 - 浅利陽介(当時子役)→藤木直人
あすかの幼馴染。後にあすかと結婚し夫となる。考古学者
速田いつか
演 - 榎園実穂(二役
あすかと俊作の娘、禄太郎と京子の孫娘
宮本禄太郎
演 - 藤岡弘、
京子の夫。あすかの父で、いつかの祖父。舞の叔父。和菓子職人
宮本(藤吉)京子
演 - 紺野美沙子[6]
禄太郎の妻。あすかの母で、いつかの祖母。舞の叔母。巌治郎と志乃の娘で、玉治郎の妹。旧姓:藤吉。
藤吉巌治郎(玉治郎と京子の父で、あすかと舞の祖父。いつかと愛の曾祖父。奈良・明日香村に住む今村嘉の兄。婿養子として「扇屋一心堂」に入り、主人となる。旧姓:今村)
演 - 芦屋雁之助
藤吉志乃(玉治郎と京子の母で、あすかと舞の祖母。いつかと愛の曾祖母。「扇屋一心堂」女将、家付き娘)/語り
演 - 有馬稲子
藤吉玉治郎(ひろこの夫、舞の父、あすかの伯父、京子の兄、愛の祖父)
演 - 梅沢富美男
綾瀬ひろこ→藤吉ひろこ(あすかの伯母。玉次郎の妻、舞の母。愛の祖母。元芸妓。旧姓:綾瀬)
演 - 名取裕子
綾瀬舞→藤吉舞(あすかの幼馴染。玉治郎とひろこの娘で、あすかの従姉妹。「扇屋一心堂」の職人の清川徹次と結婚する。)
演 - 杉本友莉亜(当時子役)→佐藤仁美
藤吉愛(舞と徹次の娘、玉治郎とひろこの孫娘。いつかのはとこ。)
演 - 杉本友莉亜(二役)
清川徹次→藤吉徹次(「扇屋一心堂」職人。婿養子として、舞と結婚する。)
演 - 井之上チャル
榎本留吉(「扇屋一心堂」最古参職人)
演 - 国田栄弥
服部武春(「扇屋一心堂」職人)
演 - 内場勝則
鶴見淳(「扇屋一心堂」職人)
演 - 福本伸一

京都の人々[編集]

寺島菊江(料亭「逢阪屋」主人)
演 - 東ちづる
松坂太兵衛(茶人、京都伝統芸能の重鎮)
演 - 金田龍之介
松坂三郎太(太兵衛の子、京子の元婚約者)
演 - 加納幸和
御所智恵子(松坂家の使用人)
演 - 桃山みつる
マイケル・ブラウン(茶の世界に魅せられ、太兵衛の元で茶道を学ぶアメリカ人)
演 - ブライアン・ホルス
正直屋(「のれん会」会員)
演 - レツゴー長作
よしこ (正直屋の娘 「正直屋」の職人、工場長)
演 - 弘中麻紀
ユミ(「正直屋」職人)
演 - 岡村亜紀
ヒトミ(「正直屋」職人)
演 - 大山ルミ
桂月(「のれん会」会長)
演 - 露の五郎(のちの二代目露の五郎兵衛)
御伊志堂(「のれん会」会員)
演 - 沢本忠雄
本家廣松(「のれん会」会員)
演 - 北見唯一
一色斎新月(京都の新興和菓子屋の主人 後に「のれん会」入会、副会長を務める)
演 - 関秀人
越坂部(俊作の大学の先輩)
演 - 山西惇
横田(俊作、舞の会社の先輩)
演 - 谷川清美
花岡部長(俊作、会社の上司)
演 - 中山正
重田(「京都嵐山ホテル」支配人)
演 - 三上市朗
中西(「京都百貨店」従業員)
演 - 草川祐馬
マスター塩崎(名曲喫茶「しゃべらんて」マスター)
演 - 峯尾進(現:五宝孝一
桑田(バー「リバーサイド」店長)
演 - Mr.オクレ
瀬川洋子(技術技師)
演 - 有森也実
日高秀明(経歴不明の経営コンサルタント)
演 - 筧利夫
玉木佐和子(西陣老舗の女将「扇屋一心堂」の後援者)
演 - 市田ひろみ

奈良・明日香村の人々[編集]

今村嘉(巌治郎の妹、玉治郎と京子の叔母。あすかの伯叔祖母にあたる。奈良・明日香村在住)
演 - 三島ゆり子
今村誠一(嘉の子で、道代の夫。あすかのいとこ叔父にあたる)
演 - 村上ショージ
今村道代(誠一の妻。あすかのいとこ叔母にあたる)
演 - 三田篤子
バタヤン(あすかの幼なじみ)
演 - 中村大輝山口智充DonDokoDon
サンペイ(あすかの幼なじみ)
演 - 石野慎一郎→ 平畠啓史(DonDokoDon)
山際先生(あすかの小学生時代の恩師)
演 - 大江千里
速田圭介(俊作の叔父で、いつかの伯叔祖父にあたる)
演 - 表淳夫
俊作似の少年
演 - 浅利陽介(二役、最終回のみ登場)

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

回数 放送日 演出
1999年
1 1 - 6 10月4日 - 10月9日 田村文孝
2 7 - 12 10月11日 - 10月16日
3 13 - 18 10月18日 - 10月23日 宮崎純
4 19 - 24 10月25日 - 10月30日 六山浩一
5 25 - 30 11月1日 - 11月6日 宮崎純
6 31 - 36 11月5日 - 11月13日 田村文孝
7 37 - 42 11月15日 - 11月20日 六山浩一
8 43 - 48 11月22日 - 11月27日 松浦禎久
9 49 - 54 11月29日 - 12月4日 田村文孝
10 55 - 60 12月6日 - 12月11日 椰川善郎
11 61 - 66 12月13日 - 12月18日 宮崎純
12 67 - 72 12月20日 - 12月25日 六山浩一
2000年
13 73 - 77 1月4日 - 1月8日
14 78 - 83 1月10日 - 1月15日
15 84 - 89 1月17日 - 1月22日
16 90 - 95 1月24日 - 1月29日
17 96 - 101 1月31日 - 2月5日
18 102 - 107 2月7日 - 2月12日
19 108 - 113 2月14日 - 2月19日
20 114 - 119 2月21日 - 2月26日
21 120 - 125 2月28日 - 3月4日
22 126 - 131 3月6日 - 3月11日
23 132 - 137 3月13日 - 3月18日
24 138 - 143 3月20日 - 3月25日
25 144 - 149 3月27日 - 4月1日

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 次々作『オードリー』の最終回放送日は、2001年3月31日
  2. ^ 前作『すずらん』も最終週の舞台は放送当時の1999年としていた。
  3. ^ 関西が舞台になっている作品で、大阪制作では基本的な舞台地になっている大阪府京都府を除いても、和歌山県は「ほんまもん」(2001年)、兵庫県は「べっぴんさん」(2016年)、滋賀県は『スカーレット』(2019年)と、他県は全て21世紀に舞台地になっている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d NHK放送文化研究所 編『NHK年鑑2000』日本放送出版協会、2000年10月30日、126頁。 
  2. ^ 放送年表 2000年代”. 朝ドラ100. 日本放送協会. 2022年11月24日閲覧。
  3. ^ 「NHK放送史『朝ドラ100』」の「ご当地マップ『奈良』」を参照
  4. ^ ビデオリサーチ NHK朝の連続テレビ小説【関東地区】より。
  5. ^ 「NHK放送史『朝ドラ100』」の「ご当地マップ」を参照。
  6. ^ 紺野美沙子 - NHK人物録

関連項目[編集]

まれ - 2015年度上半期に放送された朝ドラ。ヒロインがパティシエを目指す物語。

外部リンク[編集]

NHK 連続テレビ小説
前番組 番組名 次番組
すずらん
(1999年度上半期)
あすか
(1999年度下半期)
私の青空
(2000年度下半期)
NHK BS2 連続テレビ小説・アンコール
ええにょぼ
(2004年度下半期)
あすか
(2005年度上半期)
かりん
(2005年度下半期)