鈴木聡 (演出家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鈴木 聡(すずき さとし、1959年3月1日 - )は、日本の演出家脚本家、劇団主宰者である。東京都出身。早稲田大学政治経済学部卒業。

略歴・人物[編集]

早稲田大学在学中に劇団「てあとろ50'」に入団し、脚本・演出を担当する。卒業後の1982年、大手広告代理店の博報堂に入社[1]し、コピーライターとして活躍する一方、劇団「サラリーマン新劇喇叺屋」(現・劇団ラッパ屋)を結成。コピーライターとして企画立案の業務に携わりながら、演出家として二束の草鞋を履きながら活動を続ける。

1990年に大阪・近鉄劇場にて上演された朝日放送創立40周年記念ミュージカル「阿国 OKUNI」で脚本・演出を担当すると、ここから同舞台の演出を担当した栗山民也と共に、「ソングデイズ」、「バルセロナ物語」(共に1991年上演)、「下町のショーガール」(1992年上演)などの作品を世に送り出し、注目を集める。一方で脚本家として、1998年TBS系で放映されたテレビドラマ「海まで5分」や、翌1999年NHKで放送された朝の連続テレビ小説「あすか」の脚本を執筆するなどし、多才ぶりを発揮。2008年に上演された舞台「八百屋のお告げ」では第41回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞している。2012年、「をんな善哉」で第15回鶴屋南北戯曲賞を受賞。

2000年には長年勤めた博報堂から独立し、劇団主催者兼演出家として出発する。なおコピーライター時代には、上司で博報堂・現社長の戸田裕一の下で携わった企画が多く、制作チームを指揮するクリエイティブ・ディレクターとしての役割が多くを占めた。1996年ホンダが社運を賭けて送り出した、ホンダ・ステップワゴンのコピー「こどもといっしょにどこいこう。」のコピーが有名である。また同企画のデザインとイラストをアートディレクターデザイナーで現・サムライ代表の佐藤可士和が手掛けていたことでも知られる。

有名なキャッチコピー[編集]

他多数。

主な舞台作[編集]

作・演出[編集]

  • 劇団ラッパ屋
    • 『ジャズと拳銃』(1984年、1985年)
    • 『品川スウィートソウル心中』(1985年)
    • 『スターダスト』(1986年)
    • 『小百合さんのビル・エバンス』(1987年)
    • 『星空のチャーリー・パーカー』(1987年)
    • 『ジャズと拳銃(SIDE 2)』(1988年)
    • 『シャボン玉ビリーホリデー』(1988年)
    • 『ショウは終わった』(1989年)
    • 『マジカル☆ヒステリー☆ツアー』(1990年)
    • 『JINSEIGAME』(1990年)
    • 『愛とスッタモンダの世界』(1991年)
    • 『夢の中温泉』(1992年)
    • 『ハリウッドマンション』(1992年)
    • 『サクラパパオー』(1993年、1995年)
    • 『アロハ颱風』(1993年)
    • 『腹黒弁天町』(1994年)
    • 『阿呆浪士』(1994年、1998年)
    • 『三十郎大活劇』(1994年)
    • 『MONEY』(1995年)
    • 『凄い金魚』(1996年、1997年、2011年)
    • 『裸天国』(1996年)
    • 『鰻の出前』(1997年)
    • 『エアポート97』(1997年)
    • 『中年ロミオ』(1998年)
    • 『ヒゲとボイン』(2000年)
    • 『斎藤幸子』(2001年)
    • 『裸でスキップ』(2004年)
    • 『あしたのニュース』(2006年)
    • 『妻の家族』(2007年)
    • 『世界の秘密と田中』(2009年)
    • 『YMO~やっとモテたオヤジ』(2010年)
    • 『ハズバンズ&ワイブズ』(2011年) 
    • 『おじクロ』(2012年)
    • 『ダチョウ課長の幸福とサバイバル』(2013年)

脚本[編集]

  • アトリエ・ダンカンプロデュース
    • 『バルセロナ物語』(1991年、演出:栗山民也
    • 『下町のショーガール』(1992年、演出:栗山民也)
    • ミュージカル『ア・ソング・フォー・ユー』(2011年、演出:菅野こうめい)
  • パルコプロデュース
    • 『謎の下宿人~サンセット・アパート~』(2003年、演出:山田和也
    • 『斎藤幸子』(2009年、演出:河原雅彦
    • 『ぼっちゃま』(2011年、演出:河原雅彦)
    • 『恋と音楽』(2012 - 2013年、演出:河原雅彦)
  • 栗山民也 演出作品 (アトリエ・ダンカンプロデュース除く)
    • OFFICEぱれえどプロデュース『ソングデイズ』(1991年)
    • 松竹火の鳥』(1994年)
    • 東宝現代劇新春特別公演『新橋ラプソディー』(2001年) 
    • 松竹 「錦秋演舞場祭り 中村勘三郎奮闘」 夜の部 『寝坊な豆腐屋』(2007年)
  • 山田和也 演出作品 (パルコプロデュース除く)
  • ラサール石井 演出作品
    • 明治座『燃えよ剣』(2004年)
    • 『その男』(2009年、原作:池波正太郎
    • 松竹『ペテン☆ザ☆ペテン』(2011年)
  • TOKYO演劇フェア『3人の作家によるカクスコ変奏曲・春はどこから~サツキ荘空き室あり』(1994年、演出:中村育二
  • O2コーポレーション『BONTAN DOUROU』(1994年、演出:加納幸和
  • ラフカット'95『第2話 村田さん』(1995年、演出:堤泰之)
  • 劇団青年座第178回公演『妻と社長と九ちゃん』(2005年、演出:宮田慶子
  • グループる・ばる『八百屋のお告げ』(2006年、演出:鈴木裕美
  • 北九州芸術劇場プロデュース『BEN』(2011年、演出:松村武)
  • 青年座第201回公演『をんな善哉』(2011年、演出:宮田慶子)
  • ル テアトル銀座 by PARCOさよなら公演 『男嫌い』(2013年、演出:藤井清美)

脚本・作詞[編集]

  • ABCミュージカル『阿OKUNI国』(1990年、演出:栗山民也)

演出[編集]

  • グループる・ばる『男と女の肖像』(1990年、脚本:小松方正)

主な映画[編集]

主なテレビドラマ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]