夢みる葡萄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

夢みる葡萄 〜本を読む女〜』(ゆめみるぶどう ほんをよむおんな)は、NHK総合テレビの『月曜ドラマシリーズ』で2003年9月29日から12月15日に放送された日本のテレビドラマ。連続全11回。

概要[編集]

作家の林真理子が自身の母親をモデルにその半生を書いた小説『本を読む女』のドラマ化作品である。主人公は本を読むことが大好きな文学少女の小川万亀(まき)。昭和のはじめから戦中・戦後の時代にかけて、本を愛し、読書を心の支えに生きた万亀の半生の物語で、主な舞台は山梨東京福島県相馬。なお、ドラマ化にあたり原作とは設定やストーリーが変更され、脚色されている箇所もある。

ドラマはひとりの女性の半生記であるとともに、昭和の家族(万亀の祖父母、両親、兄、3人の姉)の物語であり、親友や幼馴染たちとの青春群像劇でもある。

また、昭和史を背景としたドラマとして、当時の世相や文化を反映したエピソードが随所にみられる(流行した文学作品、児童文学雑誌『赤い鳥』、映画『天国に結ぶ恋』、ベルリンオリンピック二・二六事件特高警察など)。

2005年には「NHKハイビジョン・ドラマ特選」としてBSハイビジョンにて、2006年にはNHK総合テレビ「NHK名作アワー」にて再放送されている。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

サブタイトル[編集]

  • 第1回 「最高の夏休み」
  • 第2回 「幸福の赤い鳥」
  • 第3回 「ワイン美人選考会」
  • 第4回 「東京はパラダイス?」
  • 第5回 「さすらいの乙女」
  • 第6回 「相馬のまんかめ先生」
  • 第7回 「赤い鳥逃げた」
  • 第8回 「万亀のお見合い」
  • 第9回 「運命の人」
  • 第10回 「葡萄は兵器?」
  • 第11回 「焼け跡の本屋」

外部リンク[編集]

NHK総合 月曜ドラマシリーズ
前番組 番組名 次番組
夢みる葡萄〜本を読む女〜