北九州芸術劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北九州芸術劇場
Kitakyushu Performing Arts Center
北九州芸術劇場があるリバーウォーク北九州
地図
情報
正式名称 北九州芸術劇場[1]
開館 2003年8月11日
客席数 大ホール:1,269
中劇場:700
小劇場:96~216
延床面積 約18,000m²
用途 コンサート演劇ミュージカル歌舞伎
運営 財団法人北九州市芸術文化振興財団(指定管理者)
所在地 802-0812
北九州市小倉北区室町一丁目1-1-11 リバーウォーク北九州
位置 北緯33度53分8.6秒 東経130度52分31秒 / 北緯33.885722度 東経130.87528度 / 33.885722; 130.87528座標: 北緯33度53分8.6秒 東経130度52分31秒 / 北緯33.885722度 東経130.87528度 / 33.885722; 130.87528
アクセス JR西小倉駅から徒歩5分
西鉄バス北九州 / 北九州市交通局 / サンデン交通「室町・RWK」バス停前
外部リンク 北九州芸術劇場

北九州芸術劇場(きたきゅうしゅうげいじゅつげきじょう)は、福岡県北九州市小倉北区にある複合商業施設リバーウォーク北九州の中にある北九州市立の劇場である。2003年8月11日オープン。優良ホール100選に選ばれている。

概要[編集]

1959年に建設された旧小倉市民会館の機能を引き継いでいる。また、青春座飛ぶ劇場など北九州市を拠点に活動する劇団も多く、1993年に始まった北九州演劇フェスティバル(旧称・北九州演劇祭)などを開催する劇場として、北九州市に今までなかった演劇専用ホール(中劇場)が設けられた。

創設にあたっては、元「プレイガイドジャーナル」編集者で、扇町ミュージアムスクエア(閉館)プロデューサーでもあった津村卓がプロデュースを担当し、館長に就任した。

以下の3つの舞台を有する。

大ホール
1269席の客席を有する多目的ホールオーケストラ・ピット英語版大迫り小迫りを備える。反響板や仮設の花道などもあり、音楽から洋舞・邦舞までの多目的使用に対応する。
中劇場
700席の演劇専用ホール。これだけがNHK北九州放送局の真上に位置する。
小劇場
平土間の多目的スペース。演劇からピアノの発表会、講演会まで多種に利用できる。

リバーウォーク内にあるNHKなどとは専用回線が敷かれておらず、収録のたびに地下にわざわざ中継車を入れている。NHKが現在地で完全に業務を開始した2003年8月26日には、大ホールでNHK交響楽団の演奏会が開かれ、FM放送で全国に生中継された。

小倉市民会館は、北九州市出身の建築家村野藤吾の設計で、建築物としては高い評価を受けていたことから、廃止・取り壊しにあたっては、一部の市民から反発もあった。跡地は勝山公園の芝生広場となっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈・出典[編集]

  1. ^ 北九州市芸術文化施設条例

外部リンク[編集]