塚田僚一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
つかだ りょういち
塚田 僚一
生年月日 (1986-12-10) 1986年12月10日(31歳)
出身地 日本の旗 日本神奈川県
身長 168 cm[1]
血液型 О型[2]
職業 歌手俳優タレント
ジャンル テレビドラマ映画バラエティ番組
事務所 ジャニーズ事務所
主な作品
舞台
『イット・ランズ・イン・ザ・ファミリー〜パパと呼ばないで〜』『ボクの穴、彼の穴。』『サクラパパオー』
映画
『ラスト・ホールド!』
備考
アイドルグループ A.B.C-Zのメンバー

塚田 僚一(つかだ りょういち[2]1986年12月10日[2] - )は、日本の歌手俳優タレントであり、男性アイドルグループA.B.C-Zのメンバー[2]

神奈川県出身[2]ジャニーズ事務所所属。

来歴[編集]

KinKi Kidsが出演していた歌番組で、バックダンサーとして山下智久生田斗真らが出演しているのを見て、自分も入れるのではないかと思い自ら履歴書をジャニーズ事務所に送り[3]、オーディションを受けて入所[4]。同期に亀梨和也中丸雄一赤西仁増田貴久藤ヶ谷太輔がいる[5][6]2001年にジャニーズJr.内ユニット・A.B.C.のメンバーに選ばれる[7]2008年8月からユニット名がA.B.C-Zに変わり[7]2012年2月1日、A.B.C-ZのメンバーとしてDVDデビューを果たした。

2017年4月に舞台『サクラパパオー』で舞台単独初主演を果たす。翌2018年には、『ラスト・ホールド!』で映画初主演を務める。

人物[編集]

小学校の6年間は体操クラブに所属していた[8]。メンバーの中で最もアクロバットを得意としており、グループの公演でもアクロバットコーディネーターを担当している[9]。コンサートではバック転で花道を渡りきる挑戦を続けており[10]、2015年5月31日に国立代々木競技場第一体育館で行われた「Early summer concert」では連続30回のバック転に成功し、自己記録を更新した[11]。また、2015年7月1日放送のTBS系スポーツエンターテインメント番組『SASUKE』にジャニーズで初めて出場した[12][13]他、2016年1月15日放送の『芸能界特技王決定戦 TEPPEN』のベンチプレス対決にもジャニーズ代表として出場する[14]など、高い運動能力が評価されている[15]

2015年5月7日に放送されたフジテレビ系バラエティー『アウト×デラックス』で、自らも男性アイドルでありながらモーニング娘。でんぱ組.incなどの女性アイドルが好きなことや、ファンには自分から声を掛けに行くこと、さらには性欲についてのエピソードなどジャニーズでは“アウト”と思われるような一面も隠すことなく披露した[16]。するとその屈託のなさや突き抜け感、素直な人柄が反響を呼び、以降多数のバラエティー番組に出演が決まった[17]

出演[編集]

舞台[編集]

テレビ番組[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ A.B.C-Zカレンダー 2016.4-2017.3(学研プラス 2016/3/9)
  2. ^ a b c d e Johnny's net > A.B.C-Z > Profile”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2015年12月26日閲覧。
  3. ^ A.B.C-Z塚田僚一、“先輩”山下智久&生田斗真に「勝てるなって思ってた」”. モデルプレス (2015年9月16日). 2016年7月28日閲覧。
  4. ^ 中丸雄一「ホンネをぶつけ合い!アイドル公開伝言板 第8回 塚田僚一くんへ」、『Myojo』2016年6月号、集英社2016年4月23日、 134頁。
  5. ^ “亀梨の“運命の人”は「○○くんのお母さん」…出会いなければKAT-TUNなかった”. スポーツ報知. (2017年2月20日). オリジナル2018年1月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180104140338/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170220-OHT1T50107.html 2018年1月4日閲覧。 
  6. ^ 亀梨和也・塚田僚一・藤ヶ谷太輔“ジャニーズ同期”がバラエティ初共演「1番スターだったのは僕!」”. モデルプレス (2017年5月22日). 2017年6月13日閲覧。
  7. ^ a b “「A.B.C-Z」が日生公演!ジャニー愛で初座長”. スポーツ報知. (2011年11月7日). オリジナル2011年11月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111123015231/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20111107-OHT1T00031.htm 2016年7月28日閲覧。 
  8. ^ “「A.B.C-Z」塚田、“内村魂”でアクロバット”. スポーツ報知. (2012年8月7日). オリジナル2012年8月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120808130024/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20120807-OHT1T00004.htm 2015年5月9日閲覧。 
  9. ^ A.B.C-Z塚田僚一、前人未到のバク転記録を達成!”. ザテレビジョン (2015年5月31日). 2015年7月6日閲覧。
  10. ^ A.B.C-Z塚田、連続バク転の記録更新 「自分に打ち勝つ、それがプロ!」”. TVfanWeb (2015年6月1日). 2015年7月6日閲覧。
  11. ^ “「A.B.C-Z」塚田、自己新!女装キャラで連続30回バック転成功”. スポーツ報知. (2015年6月1日). オリジナル2015年6月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150601134438/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20150531-OHT1T50169.html 2016年7月28日閲覧。 
  12. ^ a b A.B.C-Z塚田「SASUKE」に挑戦 ジャニーズ初参戦で「完全制覇を狙います」”. TVfanWeb (2015年5月23日). 2015年7月6日閲覧。
  13. ^ 『SASUKE』4大会ぶりの完全制覇! ジャニーズからA.B.C-Z塚田僚一が初参戦”. マイナビニュース (2015年6月23日). 2015年7月6日閲覧。
  14. ^ “塚ちゃん、榎並アナら「TEPPEN」でベンチプレス対決 肉体美披露”. Sponichi Annex. (2016年1月8日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/01/08/kiji/K20160108011819090.html 2016年7月28日閲覧。 
  15. ^ A.B.C-Z・塚田僚一、グループを支える高い運動能力 天然キャラに隠されたストイックさを読む”. Real Sound (2014年7月13日). 2016年7月28日閲覧。
  16. ^ A.B.C-Z塚田僚一、ジャニーズらしからぬ素顔に反響「憎めない」「面白すぎ」”. モデルプレス (2015年5月8日). 2015年7月6日閲覧。
  17. ^ A.B.C-Z・塚田僚一、ジャニーズらしからぬ“アウト”ぶりでブレイク”. ORICON STYLE (2015年7月3日). 2015年7月6日閲覧。
  18. ^ 錦織一清、塚田僚一が父子役 塚田はモヒカン姿で気合十分”. TVfanWeb (2014年9月19日). 2014年9月20日閲覧。
  19. ^ A.B.C-Z・塚田僚一、初の二人芝居に「ドキドキ」”. ORICON NEWS. オリコン (2016年5月20日). 2017年6月14日閲覧。
  20. ^ 兼松康 (2016年5月14日). “「ボクの穴、彼の穴。」 塚田僚一と渡部秀が初の二人芝居 個対個の心理から戦争の根幹へ”. 産経ニュース. http://www.sankei.com/entertainments/news/160514/ent1605140011-n1.html 2017年6月14日閲覧。 
  21. ^ “A.B.C-Z塚田僚一にセクゾ佐藤勝利がお年玉おねだり”. Sponichi Annex. (2017年1月3日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/01/03/kiji/20170102s00041000116000c.html 2017年1月4日閲覧。 
  22. ^ A.B.C-Zの塚田僚一が天皇賞・春を大予想「キタサンブラック、堅いですね」に片桐仁ら驚愕、舞台『サクラパパオー』公開稽古”. SPICE. イープラス (2017年4月25日). 2017年6月13日閲覧。
  23. ^ アウト軍団A.B.C-Z塚ちゃんが天才小学生と卓球対決”. ザテレビジョン (2015年12月28日). 2016年8月23日閲覧。
  24. ^ 塚田僚一 (2016年6月29日). 塚田僚一、「SASUKE2016」リベンジに挑む!. (インタビュー). ザテレビジョン.. https://thetv.jp/news/detail/81039/ 2016年7月28日閲覧。 
  25. ^ 塚田僚一×岩本照 (2017年10月7日). 【SASUKEその2】塚田僚一&岩本照も挑戦!目指すは完全制覇. (インタビュー). ザテレビジョン.. https://thetv.jp/news/detail/123901/ 2017年10月18日閲覧。 
  26. ^ A.B.C-Z・塚田僚一が番組MCに初挑戦!トレンディエンジェルと“鬼すご”な人物に迫る”. インターネットTVガイド (2015年12月22日). 2016年8月23日閲覧。
  27. ^ “A.B.C-Z塚田僚一、おかずクラブ、うしろシティ、GENKING…よゐこ濱口と鈴木ちなみの情報番組「デルサタ」出演者が続々決定!” (プレスリリース), dot., (2016年3月22日), オリジナル2016年8月6日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20160806194953/http://dot.asahi.com/business/pressrelease/2016032200235.html 2017年9月23日閲覧。 
  28. ^ 仮面ティーチャー公式サイト キャスト・スタッフ”. 日本テレビ. 2014年9月20日閲覧。
  29. ^ 塚田僚一、元暴走族リーダー役で3年ぶりドラマ「アクションで貢献できたら」”. マイナビニュース (2017年9月23日). 2017年9月23日閲覧。
  30. ^ 塚田僚一が映画『ラスト・ホールド!』で初主演! 後輩とボルダリングの青春”. マイナビニュース (2017年6月13日). 2017年6月13日閲覧。