塚田僚一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
つかだ りょういち
塚田 僚一
生年月日 (1986-12-10) 1986年12月10日(35歳)
出身地 日本の旗 日本神奈川県
身長 168 cm[1]
血液型 O型[2]
職業 アイドル歌手俳優タレント
ジャンル テレビドラマ映画バラエティ番組
活動期間 1998年11月8日[3] -
事務所 ジャニーズ事務所
公式サイト https://abcz.ponycanyon.co.jp/
主な作品

舞台
『イット・ランズ・イン・ザ・ファミリー〜パパと呼ばないで〜』『ボクの穴、彼の穴。』『サクラパパオー』
映画
『ラスト・ホールド!』『仮面ティーチャー劇場版』

ドラマ
『魔法★男子チェリーズ』『仮面ティーチャー』『さくらの親子丼』
備考
アイドルグループ A.B.C-Zのメンバー
テンプレートを表示

塚田 僚一(つかだ りょういち[2]1986年12月10日[2] - )は、日本のアイドル歌手俳優タレントであり、男性アイドルグループA.B.C-Zのメンバー[2]。愛称は、塚ちゃん[4]

神奈川県出身[2]ジャニーズ事務所所属。

来歴[編集]

KinKi Kidsが出演していた歌番組で、バックダンサーとして山下智久生田斗真らが出演しているのを見て、自分も入れるのではないかと思い自ら履歴書をジャニーズ事務所に送り[4]、オーディションを受けて[5]1998年11月8日に入所[3]。同期に亀梨和也中丸雄一赤西仁増田貴久藤ヶ谷太輔越岡裕貴がいる[6][7][8]2001年にジャニーズJr.内ユニット・A.B.C.のメンバーに選ばれる[9]2008年8月からユニット名がA.B.C-Zに変わり[9]2012年2月1日、A.B.C-ZのメンバーとしてDVDデビューを果たした。その他、ダンスが上手いメンバーで結成されたユニット・舞闘冠のメンバーとして番組やCMにも出演していた[10]

2017年4月に舞台『サクラパパオー』で舞台単独初主演を果たす[11]。翌2018年には、『ラスト・ホールド!』で映画初主演を務める[12]

人物[編集]

小学校の6年間は体操クラブに所属していた[13]。ジャニーズ入所前には、池谷幸雄の鉄棒の教材用ビデオに生徒役として出演した経験がある[14]。メンバーの中で最もアクロバットを得意としており、グループの公演でもアクロバットコーディネーターを担当している[15]。コンサートではバック転で花道を渡りきる挑戦を続けており[16]、2015年5月31日に国立代々木競技場第一体育館で行われた「Early summer concert」では連続30回のバック転に成功し、自己記録を更新した[17]。また、2015年7月1日放送のTBS系スポーツエンターテインメント番組『SASUKE』にジャニーズで初めて出場した[18][19]他、2016年1月15日放送の『芸能界特技王決定戦 TEPPEN』のベンチプレス対決にもジャニーズ代表として出場する[20]など、高い運動能力が評価されている[21]

2015年5月7日に放送されたフジテレビ系バラエティー『アウト×デラックス』で、自らも男性アイドルでありながらモーニング娘。でんぱ組.incなどの女性アイドルが好きなことや、ファンには自分から声を掛けに行くこと、さらには性についてのエピソードなどジャニーズでは“アウト”と思われるような一面も隠すことなく披露した[22]。するとその屈託のなさや突き抜け感、素直な人柄が反響を呼び、以降多数のバラエティー番組に出演が決まった[23]

女装した姿では「塚リカ」と名乗っている[24]。塚リカは女性アイドル[25]という設定であり、「5Stars 5Years Tour[26]や「Going with Zephyr[24]などA.B.C-Zの数々のコンサートに登場。「終電を超えて〜Christmas Night[27]や「忘年会!BOU!NEN!KAI![27]のMVにも出演している。

保護犬[28]であったオスのビーグル犬を引き取り、「ウィン」と名付けて飼っている[29]コロナ禍で塚田が自宅からラジオ『A.B.C-Z 今夜はJ's 倶楽部』にリモート出演していた際には、ウィンの鳴き声がたびたびラジオに流れ、人気となった。ウィンの人気に嫉妬した塚田はウィンの毛色を真似して髪の毛を染めるなど、犬を目指していたことがある[29][30]

出演[編集]

個人での出演のみ記述。グループとしての出演はA.B.C.舞闘冠A.B.C-Z#出演を参照。

舞台[編集]

コンサート[編集]

  • Johnny's Winter Concert(1998年12月27日 - 1999年1月6日、横浜アリーナ・大阪城ホール)[41]
  • Fresh Spring Concert(1999年5月2日 - 6月20日、横浜アリーナ・大阪城ホール)[42]
  • ジャニーズJr. Spring Concert 2000(2000年4月3日 - 5月7日、横浜アリーナ・大阪城ホール・名古屋レインボーホール)[43]
  • ジャニーズJr.〈東・阪・名〉3大ドームコンサート(2000年9月3日 - 10月15日、東京ドーム・大阪ドーム・ナゴヤドーム)[43]

テレビ番組[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

CM[編集]

  • 森永製菓「ザ・クレープ」「板チョコアイス」(2019年9月19日 - 12月18日) - WEB動画[66]
  • アダストリア「.st(ドットエスティ)」(2022年5月18日[67] - ) - アプリ限定動画「ドットエスティ・スペシャルムービー」天の声 役[68]

書籍[編集]

雑誌連載[編集]

作品[編集]

曲名 作詞 作曲 JASRAC作品コード 名義 収録
気にせずGO MY WAY つかちゃん班長(リカちゃん☆ファクトリー) つかちゃん班長(リカちゃん☆ファクトリー) 204-3611-4 A.B.C-Z ライブDVD『Summer Concert 2014 A.B.C-Z★"Legend"
DARKNESS(LOVEです☆ver.) つかちゃん係長(リカちゃん☆ファクトリー) つかちゃん係長(リカちゃん☆ファクトリー) 712-4860-9 A.B.C-Z アルバム『A.B.Sea Market』 - 塚だぁくねす feat.塚☆リカ
へそのお 塚田僚一 塚田僚一 715-3848-8 A.B.C-Z
塚田僚一
アルバム『ABC STAR LINE』 - 塚田ソロ
AMAZING STORY 成海カズト JUKEBOXFRIDAY 226-0743-9 塚田僚一
JOHNNYS'ALL STARS ISLAND
アツあつ!?夏フェス☆!! 前山田健一 前山田健一 717-7631-1 A.B.C-Z
塚田僚一
アルバム『5 Performer-Z』- 塚田ソロ
S.J.G. 塚田僚一
ウルトラ寿司ふぁいやー
しょーりん
加部輝 269-7037-6 A.B.C-Z
塚田僚一
アルバム『BEST OF A.B.C-Z』- 塚田ソロ

振付[編集]

A.B.C-Z
宇宙Six

脚注[編集]

  1. ^ A.B.C-Zカレンダー 2016.4-2017.3(学研プラス 2016/3/9)
  2. ^ a b c d e Johnny's net > A.B.C-Z > Profile”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2015年12月26日閲覧。
  3. ^ a b 北村由起 (2021年5月19日). “NEWS 増田貴久とA.B.C-Z 塚田僚一、“同期筋肉コンビ”の共通点 グループの垣根を超えてバラエティでも活躍”. Real Sound. 2022年5月21日閲覧。
  4. ^ a b A.B.C-Z塚田僚一、“先輩”山下智久&生田斗真に「勝てるなって思ってた」”. モデルプレス (2015年9月16日). 2016年7月28日閲覧。
  5. ^ 中丸雄一「ホンネをぶつけ合い!アイドル公開伝言板 第8回 塚田僚一くんへ」『Myojo』2016年6月号、集英社、2016年4月23日、 134頁。
  6. ^ “亀梨の“運命の人”は「○○くんのお母さん」…出会いなければKAT-TUNなかった”. スポーツ報知. (2017年2月20日). オリジナルの2018年1月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180104140338/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170220-OHT1T50107.html 2018年1月4日閲覧。 
  7. ^ 亀梨和也・塚田僚一・藤ヶ谷太輔“ジャニーズ同期”がバラエティ初共演「1番スターだったのは僕!」”. モデルプレス (2017年5月22日). 2017年6月13日閲覧。
  8. ^ “ジャニーズ歴20年”ふぉ〜ゆ〜の赤裸々告白に「ぶっちゃけすぎ」と反響 SNSが“ふぉゆ祭り”に”. モデルプレス. ネットネイティブ (2018年9月7日). 2022年1月21日閲覧。
  9. ^ a b “「A.B.C-Z」が日生公演!ジャニー愛で初座長”. スポーツ報知. (2011年11月7日). オリジナルの2011年11月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111123015231/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20111107-OHT1T00031.htm 2016年7月28日閲覧。 
  10. ^ 山田美保子 (2016年7月14日). “人見知りの愛されキャラ、浜中くん(ジャニ担!:68)”. 朝日新聞デジタル. https://www.asahi.com/articles/ASJ7F66KMJ7FUCVL01K.html 2021年7月2日閲覧。 
  11. ^ a b A.B.C-Zの塚田僚一が天皇賞・春を大予想「キタサンブラック、堅いですね」に片桐仁ら驚愕、舞台『サクラパパオー』公開稽古”. SPICE. イープラス (2017年4月25日). 2017年6月13日閲覧。
  12. ^ a b 塚田僚一が映画『ラスト・ホールド!』で初主演! 後輩とボルダリングの青春”. マイナビニュース (2017年6月13日). 2017年6月13日閲覧。
  13. ^ “「A.B.C-Z」塚田、“内村魂”でアクロバット”. スポーツ報知. (2012年8月7日). オリジナルの2012年8月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120808130024/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20120807-OHT1T00004.htm 2015年5月9日閲覧。 
  14. ^ A.B.C.-Z塚田、過去に教材用ビデオ出演”. めるも (2013年3月19日). 2022年4月5日閲覧。
  15. ^ A.B.C-Z塚田僚一、前人未到のバク転記録を達成!”. ザテレビジョン (2015年5月31日). 2015年7月6日閲覧。
  16. ^ A.B.C-Z塚田、連続バク転の記録更新 「自分に打ち勝つ、それがプロ!」”. TVfanWeb (2015年6月1日). 2015年7月6日閲覧。
  17. ^ “「A.B.C-Z」塚田、自己新!女装キャラで連続30回バック転成功”. スポーツ報知. (2015年6月1日). オリジナルの2015年6月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150601134438/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20150531-OHT1T50169.html 2016年7月28日閲覧。 
  18. ^ a b A.B.C-Z塚田「SASUKE」に挑戦 ジャニーズ初参戦で「完全制覇を狙います」”. TVfanWeb (2015年5月23日). 2015年7月6日閲覧。
  19. ^ 『SASUKE』4大会ぶりの完全制覇! ジャニーズからA.B.C-Z塚田僚一が初参戦”. マイナビニュース (2015年6月23日). 2015年7月6日閲覧。
  20. ^ “塚ちゃん、榎並アナら「TEPPEN」でベンチプレス対決 肉体美披露”. Sponichi Annex. (2016年1月8日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/01/08/kiji/K20160108011819090.html 2016年7月28日閲覧。 
  21. ^ A.B.C-Z・塚田僚一、グループを支える高い運動能力 天然キャラに隠されたストイックさを読む”. Real Sound (2014年7月13日). 2016年7月28日閲覧。
  22. ^ a b A.B.C-Z塚田僚一、ジャニーズらしからぬ素顔に反響「憎めない」「面白すぎ」”. モデルプレス (2015年5月8日). 2015年7月6日閲覧。
  23. ^ A.B.C-Z・塚田僚一、ジャニーズらしからぬ“アウト”ぶりでブレイク”. ORICON STYLE (2015年7月3日). 2015年7月6日閲覧。
  24. ^ a b 河合郁人、史上最高うちわは「裏ルートで」亀梨オマージュ! A.B.C-Z、夏ライブが開幕”. WEBザテレビジョン. KADOKAWA (2019年8月16日). 2021年12月16日閲覧。
  25. ^ TOWER PLUS+編集部 (2021年12月1日). “【A.B.C-Z Z PROJECT連載企画】〈A.B.C-Zがみなさんからの質問に答えます〉+〈Love Me DoによるZ占い〉第9回 12月の担当は塚田僚一!”. Mikiki. 2021年12月16日閲覧。
  26. ^ 早川あゆみ「A.B.C-Z 5Stars 5Years Tour」『月刊TVnavi』2017年10月号、産経新聞出版、2017年8月24日、 175頁。
  27. ^ a b 早川あゆみ「ジャニーズ2017-2018スペシャルグラビア 44 men in Black suits」『月刊TVnavi』2018年2月号、産経新聞出版、2017年12月24日、 131頁。
  28. ^ 木村拓哉、愛犬の散歩で「後輩が連れていたビーグル犬」に遭遇 誰?ファンの予想的中”. スポーツ報知 (2021年1月25日). 2022年3月29日閲覧。
  29. ^ a b 塚田僚一が愛犬への嫉妬を語る!村上信五「人には人のかわいさが」『NHKだめ自慢』”. TV LIFE web (2021年3月25日). 2021年12月16日閲覧。
  30. ^ 塚田僚一「まずは肉体見ちゃいますね!」 | radiko news(ラジコニュース)”. news.radiko.jp (2020年10月16日). 2021年12月16日閲覧。
  31. ^ 「JOHNNY'S MEMBERS SCHEDULE」『Johnny's Magazine vol.34 2000年6月25日号』、有限会社ジェイステーション、2000年、 40頁。
  32. ^ 錦織一清、塚田僚一が父子役 塚田はモヒカン姿で気合十分”. TVfanWeb (2014年9月19日). 2014年9月20日閲覧。
  33. ^ A.B.C-Z・塚田僚一、初の二人芝居に「ドキドキ」”. ORICON NEWS. オリコン (2016年5月20日). 2017年6月14日閲覧。
  34. ^ 兼松康 (2016年5月14日). “「ボクの穴、彼の穴。」 塚田僚一と渡部秀が初の二人芝居 個対個の心理から戦争の根幹へ”. 産経ニュース. https://www.sankei.com/article/20160514-U26RI7OHAFMVXAUUCMFONZGSAY/ 2017年6月14日閲覧。 
  35. ^ “松尾スズキ翻訳「ボクの穴、彼の穴。」ノゾエ演出で舞台化!塚田僚一&渡部秀が出演”. ステージナタリー. (2016年4月6日). http://natalie.mu/stage/news/182475 2020年1月21日閲覧。 
  36. ^ “A.B.C-Z塚田僚一にセクゾ佐藤勝利がお年玉おねだり”. Sponichi Annex. (2017年1月3日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/01/03/kiji/20170102s00041000116000c.html 2017年1月4日閲覧。 
  37. ^ “A.B.C-Z塚田僚一:4年ぶり単独主演舞台でハリネズミにふんするモグラ役 「今まで溜めてきたパワーを全てぶつけたい」”. MANTANWEB. (2020年10月31日). https://mantan-web.jp/article/20201031dog00m200027000c.html 2020年11月22日閲覧。 
  38. ^ 塚田僚一(A.B.C-Z)主演 Sound Fantasy朗読劇『月世界旅行』キービジュアル解禁”. SPICE. イープラス (2022年1月15日). 2022年1月16日閲覧。
  39. ^ 新橋演舞場シリーズ第8弾!!東京喜劇 熱海五郎一座 > あらすじ”. チケットぴあ. ぴあ株式会社. 2022年3月25日閲覧。
  40. ^ 【会見レポート】熱海五郎一座「任侠サーカス」始動、塚田僚一・渡辺正行がY字バランス披露”. ステージナタリー (2022年3月8日). 2022年3月25日閲覧。
  41. ^ Biography(A.B.C-Z)1998”. 2021年1月20日閲覧。
  42. ^ Biography(A.B.C-Z)1999”. 2021年1月20日閲覧。
  43. ^ a b Biography(A.B.C-Z)2000”. 2021年1月20日閲覧。
  44. ^ Biography(A.B.C-Z)2001”. 2021年1月20日閲覧。
  45. ^ アウト軍団A.B.C-Z塚ちゃんが天才小学生と卓球対決”. ザテレビジョン (2015年12月28日). 2016年8月23日閲覧。
  46. ^ 塚田僚一 (2016年6月29日). 塚田僚一、「SASUKE2016」リベンジに挑む!. (インタビュー). ザテレビジョン.. https://thetv.jp/news/detail/81039/ 2016年7月28日閲覧。 
  47. ^ 塚田僚一×岩本照 (2017年10月7日). 【SASUKEその2】塚田僚一&岩本照も挑戦!目指すは完全制覇. (インタビュー). ザテレビジョン.. https://thetv.jp/news/detail/123901/ 2017年10月18日閲覧。 
  48. ^ ジャニーズでWクリアなるか!?A.B.C-Z塚田僚一「岩本照と一緒にクリアします!」”. テレビドガッチ (2018年2月17日). 2018年12月13日閲覧。
  49. ^ 塚田僚一、岩本照、樽美酒研二らが「SASUKE」リベンジ宣言! 喜矢武豊は落ちる完全制覇!?”. インターネットTVガイド. 東京ニュース通信社 (2018年12月4日). 2018年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月13日閲覧。
  50. ^ ジャニーズWEST濱田崇裕が「SASUKE」初参戦、A.B.C-Z塚田僚一も出場”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2019年11月13日). 2020年5月6日閲覧。
  51. ^ 〈SASUKE2020〉人気番組から“肉体自慢”の挑戦者が続々!塚田僚一(A.B.C-Z)、岩本照(Snow Man)、樽美酒研二(ゴールデンボンバー)ら常連組も”. ザテレビジョン. KADOKAWA (2020年11月20日). 2020年11月22日閲覧。
  52. ^ 今夜放送『SASUKE』 Snow Man岩本照、A.B.C-Z塚田僚一、樽美酒研二らの挑戦はいかに!AKB・乃木坂・日向坂メンバーも参戦”. クランクイン!. ブロードメディア (2021年12月28日). 2022年1月16日閲覧。
  53. ^ A.B.C-Z・塚田僚一が番組MCに初挑戦!トレンディエンジェルと“鬼すご”な人物に迫る”. インターネットTVガイド (2015年12月22日). 2016年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月23日閲覧。
  54. ^ “A.B.C-Z塚田僚一、おかずクラブ、うしろシティ、GENKING…よゐこ濱口と鈴木ちなみの情報番組「デルサタ」出演者が続々決定!” (プレスリリース), dot., (2016年3月22日), オリジナルの2016年8月6日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20160806194953/http://dot.asahi.com/business/pressrelease/2016032200235.html 2017年9月23日閲覧。 
  55. ^ Biography(A.B.C-Z)2016”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2016年). 2021年5月24日閲覧。
  56. ^ デルサタ - 名古屋テレビ【メ~テレ】”. デルサタ. 2021年5月24日閲覧。
  57. ^ 変装かくれんぼ ハイド&シーク(バラエティー)”. WEBザテレビジョン. KADOKAWA. 2022年4月5日閲覧。
  58. ^ 塚田僚一『キャスト』新メンバーに「頭脳系・古川アナと息ピッタリ」” (日本語). マイナビニュース (2021年7月5日). 2021年10月5日閲覧。
  59. ^ A.B.C-Z河合郁人・橋本良亮・塚田僚一、土曜朝の顔に「サタデーファンキーズ」MCに決定”. モデルプレス (2022年3月25日). 2022年3月25日閲覧。
  60. ^ サンスポ大阪 芸能班@sanspooskgeinoの2022年3月23日のツイート2022年3月25日閲覧。
  61. ^ news おかえり > CAST”. 公式サイト. 朝日放送テレビ. 2022年4月5日閲覧。
  62. ^ Media iofo(A.B.C-Z)”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2022年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月5日閲覧。
  63. ^ 仮面ティーチャー公式サイト キャスト・スタッフ”. 日本テレビ. 2014年9月20日閲覧。
  64. ^ 塚田僚一、元暴走族リーダー役で3年ぶりドラマ「アクションで貢献できたら」”. マイナビニュース (2017年9月23日). 2017年9月23日閲覧。
  65. ^ Biography(A.B.C-Z)2014”. 2022年4月28日閲覧。
  66. ^ A.B.C-Z塚田僚一&遠藤憲一、「ザ・クレープ」「板チョコアイス」新WEB CMに登場”. BARKS (2019年9月19日). 2019年9月20日閲覧。
  67. ^ 「.st(ドットエスティ)」公式@dotst_officialの2022年5月13日のツイート2022年5月21日閲覧。
  68. ^ Media Info(A.B.C-Z)”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2022年5月21日閲覧。
  69. ^ Media Info(A.B.C-Z)”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2021年12月16日閲覧。
  70. ^ 「祝デビュー10周年記念SPグラビア A.B.C-Z」『TVガイド』2月4日号、東京ニュース通信社、2022年1月26日、 7-12頁。
  71. ^ 桜井麻子 (2011年11月21日). “A.B.C-Z『2011 first Concert in YOYOGI 』レポート”. 演劇キック 観劇予報. 株式会社えんぶ. 2022年3月26日閲覧。
  72. ^ “ファンに感謝のDVD手売り A.B.C-Z”. 中日スポーツ. (2012年2月1日). オリジナルの2012年2月4日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120204015521/https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2012020102000100.html 2012年5月21日閲覧。 
  73. ^ A.B.C-Z新作は王道Xmasナンバーとユーモアたっぷり忘年会ソングの両A面”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2017年10月17日). 2021年10月19日閲覧。
  74. ^ 「A.B.C-Z 2018 Love Battle Tour」『TVnaviSMILE』第30巻2018年11月号、産経新聞出版、 81-83頁。
  75. ^ 『A.B.C-Z Concert Tour 2019 Going with Zephyrパンフレット』、ジャニーズ事務所、2019年。
  76. ^ A.B.C-Z今夜はJ's倶楽部 [@nhk_jsclub] (2019年9月3日). "塚田くんの曲フリは、Chance to Change!自分で振り付けをした曲はちゃんと曲紹介してください(笑)" (ツイート). Twitterより2021年10月19日閲覧
  77. ^ 『A.B.C-Z 1st Christmas Concert 2020 CONTINUE?パンフレット』、ジャニーズ事務所、2020年。
  78. ^ 宇宙Six、1年ぶり単独ライブに全力 新曲はA.B.C-Z塚田僚一が振り付け【本編ネタバレあり】”. ORICON NEWS. oricon ME (2019年11月25日). 2021年10月19日閲覧。

外部リンク[編集]