中屋敷法仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中屋敷 法仁
プロフィール
誕生日 (1984-04-04) 1984年4月4日(36歳)[1]
出身地 日本の旗 日本 青森県十和田市
血液型 B型
主な作品
受賞
佐藤佐吉演劇祭【最優秀作品賞】【こりっち賞】【シアターガイド賞】等
テンプレートを表示

中屋敷 法仁(なかやしき のりひと、1984年4月4日 - )は、日本の演出家脚本家俳優青森県十和田市出身。劇団「柿喰う客」代表。桜美林大学文学部総合文化学科演劇コース卒業[2]ゴーチ・ブラザーズ所属。

人物・来歴[編集]

青森県立三本木高等学校時代から青森県の劇作家・畑澤聖悟に師事。高校3年時に「贋作マクベス」にて第49回全国高等学校演劇大会・最優秀創作脚本賞受賞[3]

青山学院大学2年時に「柿喰う客」を旗揚げし[4]、全作品の脚本・演出を手がける。その後、桜美林大学平田オリザのもとで学ぶ。

2013年に『無差別』で第57回岸田國士戯曲賞候補。2014年より日本劇団協議会「日本の劇」戯曲賞の最終選考委員を務める。

舞台装置には極力頼らず、その分役者を引き立たせる衣装[5]や照明、音楽には強いこだわりを見せるのが特徴。

実姉は宗教家・漫画家の天野和公[6][7][8]

脚本・演出・監督作[編集]

舞台[編集]

柿喰う客全作品の脚本・構成・演出(2004年〜)

  • 2003年 - 『贋作マクベス』脚本(※晩成書房「高校演劇Selection(2004上)」所蔵)
  • 2008年 - 『あなたと私のやわらかな棘』演出
  • 2008年 - 4×1h project『ひとさまにみせるもんじゃない』脚本
  • 2008年 - 吉本興業神保町花月『かあちゃん、スターになったよ』演出
  • 2009年 - 学習院女子大学舞台芸術部『闇の光』演出
  • 2009年 - 吉本興業・神保町花月『限りなく灰色に近い光』演出
  • 2009年 - キレなかった14才♡りたーんず[9]『学芸会レーベル』作・演出
  • 2009年 - 4×1h project 『月並なはなし』演出
  • 2009年 - 吉本興業・神保町花月『ほらね。』演出
  • 2010年 - 王子小劇場地域発信プロジェクト『ダミーサークル』作・演出
  • 2010年 - 日本語を読む『老花夜想』(作/太田省吾)演出
  • 2011年 - 北京蝶々『パラリンピックレコード』(作/大塩哲史)演出
  • 2011年 - 『戯伝写楽-その男、十郎兵衛-』シーラカンスプロデュース(作/中島かずき)演出
  • 2011年 - 劇団うりんこ『アセリ教育』(演出/柴幸男)脚本
  • 2012年8月 - パルコ・プロデュース『露出狂』[10]- 作・演出[11]
  • 2013年1月 - ミュージカル『100万回生きたねこ』(演出/インバル・ピント、アブシャロム・ポラック)- 演出補・脚本(ほか2名との共作)
  • 2013年1月 - 一人妄想ミュージカル『自決女』[12]- 作・歌詞・演出
  • 2013年1月 - 『飛龍伝』(脚本/つかこうへい)- 演出[13][14][15]
  • 2013年4月 - 『チョンガンネ〜おいしい人生お届けします〜』- 演出・訳詞・上演台本[16] [17]
  • 2013年5月 - 『アトミック☆ストーム 明るい僕らの未来編』(脚本/佃典彦)- 演出[18]
  • 2013年7月 - ENBUフェスタ2013中屋敷クラス卒業公演「昼下りの岸田」~「紙風船」「驟雨」「葉桜」「ぶらんこ」より~(脚本/岸田國士)- 構成・演出
  • 2013年7月 - 戯曲リーディング『誤解』『正義の人びと』(原作/アルベール・カミュ)- 演出
  • 2014年3月 - 演劇のミナト新潟演劇祭プロデュース公演『恋する世阿弥』 - 作・演出
  • 2014年8月 -『一万年後も君は世界でいちばん美しい』(原作/三島由紀夫著『卒塔婆小町』)- 演出
  • 2015年10月-11月 - 「朝彦と夜彦 1987」 - 演出[19]
  • 2015年11-12月 - ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』 - 脚本[20]
  • 2016年4月 - 舞台『黒子のバスケ』 - 脚本・演出[21]
  • 2016年4-5月 - ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』”頂の景色” - 脚本
  • 2016年7月 - 朗読劇『僕とあいつの関ヶ原』『俺とおまえの夏の陣』-演出[22]
  • 2017年2月 - Dステ20th『柔道少年』 - 演出・上演台本[23]
  • 2017年3月 - 日本の演劇人を育てるプロジェクト 「『日本の劇』戯曲賞2015『檸檬の島』」 - 演出[24]
  • 2017年3月 - リーディングドラマ「ぼくらが非情の大河をくだる時-新宿薔薇戦争-」- 演出[25]
  • 2017年3月-5月 - ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』"勝者と敗者" - 脚本[26]
  • 2017年4月-5月 - 舞台『サクラパパオー』 - 演出[27]
  • 2017年6月-7月 - 舞台『黒子のバスケ』OVER-DRIVE - 演出[28]
  • 2017年12月-2018年2月 - 舞台「文豪ストレイドッグス」 - 演出[29]
  • 2018年4月-5月 - 舞台『黒子のバスケ』IGNITE-ZONE - 演出[30]
  • 2018年7月 - 「半神」 - 演出[31]
  • 2018年9月-10月 - 舞台「文豪ストレイドッグス 黒の時代」 - 演出[32]
  • 2019年3月-4月 - ミュージカル「ふたり阿国」 - 脚本[33]
  • 2019年4月-5月 - 舞台『黒子のバスケ』ULTIMATE-BLAZE - 演出[34]
  • 2019年6月-7月 - 舞台「文豪ストレイドッグス 三社鼎立」 - 演出[35]
  • 2019年7月 - 舞台『奇子』 - 脚本・演出[36]
  • 2019年8月 - 朗読劇「朝彦と夜彦 1987」 - 演出[37]
  • 2019年10月-11月 - 劇団4ドル50セント オムニバス公演 - 演出[38]
  • 2019年12月 - 洗足学園音楽大学オリジナル 邦楽ミュージカル 第3弾「『三人娘☆恋仇討』時は幕末!ええじゃないか!恋の仇討ち、坂本龍馬をやっつけろ!」 - 脚本[39]
  • 2019年12月 - 脳内クラッシュ演劇『DRAMAtical Murder』 - 演出[40]
  • 2020年2月 - 「酔鯨云々」 - 演出[41]
  • 2020年3月 - 「つかこうへい演劇祭 ―没後10年に祈る― 第二弾『改竄・熱海殺人事件』」 - 演出[42]
  • 2020年4月 - 舞台『タンブリング』 - 演出[43]
  • 2020年6月 - 劇団4ドル50セント OPENREC.tv公演「ときめきラビリンス」配信 - 脚本・演出[44]
  • 2020年7月‐8月 - パルコ・プロデュース 舞台「トムとディックとハリー」 - 演出[45]
  • 2020年9月 - 舞台「文豪ストレイドッグス 序」探偵社設立秘話・太宰治の入社試験 - 脚本・演出[46]
  • 2020年9月‐10月 - shared TRUMPシリーズ 音楽朗読劇「黒世界 ~リリーの永遠記憶探訪記、或いは、終わりなき繭期にまつわる寥々たる考察について~」「雨下の章」 - 脚本[47]

テレビ[編集]

ゲーム[編集]

出演[編集]

舞台[編集]

柿喰う客のほとんどの作品

  • 柿喰う客「無差別」(2012年9月)
  • 朗読劇「緋色の研究」銀河劇場(2012年9月25日)- ホームズ 役[49][50][51]
  • 柿喰う客「発情ジュリアス・シーザー」青山円形劇場(2013年2月21日)- ポーシャ/ルーシリアス 役(急病人が出たための1日だけの代理出演[52]
  • 戯曲リーディング『誤解』『正義の人びと』(2013年7月、シアタートラム)
  • 柿喰う客『世迷言』(2014年2月1日・2日、本多劇場)(乱痴気公演のみ出演)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 柿喰う客/中屋敷法仁 プロフィール| げきぴあ”. 2019年4月10日閲覧。
  2. ^ 中屋敷法仁 - 所属劇団「柿喰う客」《アーカイブ
  3. ^ シアターガイド (2008年11月20日). “王子小劇場 佐藤佐吉演劇祭2008「シアターガイド賞」受賞記念/柿食う客 代表(作・演出) 中屋敷法仁 インタビュー”. http://www.theaterguide.co.jp/feature/kaki/ 
  4. ^ 中屋敷法仁 - 所属事務所プロフィール 《アーカイブ
  5. ^ 中屋敷法仁公式Twitterより(2014年2月27日0:012014年2月28日1:07『コス萌(1)』2014年2月28日1:08『コス萌(2)』2014年2月28日1:09『コス萌(3)』2014年2月28日1:09
  6. ^ 著作一覧:天野和公 | 春秋社”. www.shunjusha.co.jp. 2019年4月10日閲覧。
  7. ^ 人の生と死に寄り添う“新しい宗教者”模索する若い僧侶たち 〈AERA〉” (日本語). AERA dot. (アエラドット). 2019年4月10日閲覧。
  8. ^ 中屋敷法仁公式Twitter”. 2019年4月11日閲覧。
  9. ^ シアターガイド (2009年6月10日). “6人の演出家による連続上演「キレなかった14才りたーんず」特集”. http://www.theaterguide.co.jp/feature/kr14r/ 
  10. ^ パルコ劇場 - 露出狂
  11. ^ “オール男子キャストで上演するスポ魂活劇『露出狂』を引っ提げ、柿喰う客・中屋敷法仁がパルコ劇場に堂々初登場![インタビュー”]. e+(イープラス)Theatrix!. (2012年5月28日). http://etheatrix01.eplus2.jp/article/272258017.html 
  12. ^ テラリスト - 一人妄想ミュージカル 自決女
  13. ^ “GORCH BROTHERS PRESENTS 『飛龍伝』。主演・玉置玲央と演出・中屋敷法仁へインタビュー!”. e+(イープラス)Theatrix!. (2012年12月19日). http://etheatrix01.eplus2.jp/article/308724100.html 
  14. ^ “せりふや美学だけが残ってもいい つかこうへい作品を語る 岡村俊一×横内謙介×中屋敷法仁”. msn - 産経ニュース. (2013年1月21日). http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/130121/ent13012115020011-n1.htm 
  15. ^ “GORCH BROTHERS PRESENTS「飛龍伝」 観劇レポート![観劇レポート”]. e+(イープラス)Theatrix!. (2012年1月25日). http://etheatrix01.eplus2.jp/article/316159965.html 
  16. ^ “中屋敷法仁を演出に迎え、ミュージカルに初挑戦 Dステ13th『チョンガンネ~おいしい人生お届けします~』が開幕”. シアターガイド. (2013年4月26日). http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2013/04/26.php 
  17. ^ “『チョンガンネ~おいしい人生お届けします~』舞台レビュー”. 演劇キック - 宝塚ジャーナル. (2013年5月1日). http://blog.livedoor.jp/enbublog-journal/archives/1771116.html 
  18. ^ “日本発! ポップな異色作『アトミック☆ストーム』”. AllAbout. (2013年6月4日). http://allabout.co.jp/gm/gc/418774/ 
  19. ^ co.,ltd, NANO association. “作品情報:朝彦と夜彦1987” (日本語). エンタステージ. 2020年8月12日閲覧。
  20. ^ 人気バレー漫画「ハイキュー!!」が初の舞台化” (日本語). シネマトゥデイ. 2020年8月12日閲覧。
  21. ^ Inc, Natasha. “中屋敷法仁の「黒子のバスケ」開幕、“ミスディレクション”を人力で再現” (日本語). ステージナタリー. 2020年8月12日閲覧。
  22. ^ Inc, Natasha. “朗読劇「僕とあいつの関ヶ原」再演に黒羽麻璃央、染谷俊之、松田岳、尾関陸ら” (日本語). ステージナタリー. 2020年8月12日閲覧。
  23. ^ Inc, Natasha. “中屋敷法仁×宮崎秋人、“痛快青春ラブストーリー”「柔道少年」が日本初上陸” (日本語). ステージナタリー. 2020年8月12日閲覧。
  24. ^ Inc, Natasha. “「日本の劇」戯曲賞受賞作、西史夏「檸檬の島」が中屋敷法仁演出で” (日本語). ステージナタリー. 2020年8月12日閲覧。
  25. ^ Inc, Natasha. “中屋敷法仁×清水邦夫「非情の大河をくだる時」、神永圭佑&多和田秀弥ら2チーム” (日本語). ステージナタリー. 2020年8月12日閲覧。
  26. ^ Inc, Natasha. “両チームのセッターが活躍!「ハイキュー!!」で須賀健太「体育館に遊びに来て」” (日本語). ステージナタリー. 2020年8月12日閲覧。
  27. ^ Inc, Natasha. “鈴木聡「サクラパパオー」を中屋敷法仁が演出、主演にA.B.C-Z塚田僚一” (日本語). ステージナタリー. 2020年8月12日閲覧。
  28. ^ Inc, Natasha. “「黒子のバスケ」第2弾が来夏上演!小野賢章&安里勇哉ら続投「今から楽しみ」” (日本語). ステージナタリー. 2020年8月12日閲覧。
  29. ^ co.,ltd, NANO association. “『文豪ストレイドッグス』演出は中屋敷法仁!鳥越裕貴、多和田秀弥、植田圭輔らがメインキャストに” (日本語). エンタステージ. 2020年8月12日閲覧。
  30. ^ Inc, Natasha. “「黒子のバスケ」第3弾、ティザービジュアル&キャスト解禁” (日本語). ステージナタリー. 2020年8月12日閲覧。
  31. ^ Inc, Natasha. “乃木坂46桜井玲香×藤間爽子がW主演「半神」演出は中屋敷法仁” (日本語). ステージナタリー. 2020年8月12日閲覧。
  32. ^ Inc, Natasha. “「文豪ストレイドッグス」第2弾は「黒の時代」、今秋東京・大阪で上演” (日本語). ステージナタリー. 2020年8月12日閲覧。
  33. ^ Inc, Natasha. “脚本は中屋敷法仁、ミュージカル「ふたり阿国」に北翔海莉・峯岸みなみら” (日本語). ステージナタリー. 2020年8月12日閲覧。
  34. ^ Inc, Natasha. “舞台「黒子のバスケ」完結作は「ULTIMATE-BLAZE」、小野賢章・安里勇哉ら続投” (日本語). ステージナタリー. 2020年8月12日閲覧。
  35. ^ Inc, Natasha. “「文豪ストレイドッグス 三社鼎立」全キャストと公演詳細が明らかに” (日本語). ステージナタリー. 2020年8月12日閲覧。
  36. ^ Inc, Natasha. “手塚治虫「奇子」中屋敷法仁の演出で舞台化、主演はA.B.C-Z 五関晃一(コメントあり)” (日本語). ステージナタリー. 2020年8月12日閲覧。
  37. ^ Inc, Natasha. “谷口賢志・窪寺昭ら4組が紡ぐ、中屋敷法仁演出の朗読劇「朝彦と夜彦」” (日本語). ステージナタリー. 2020年8月12日閲覧。
  38. ^ Inc, Natasha. “劇団4ドル50セントのオムニバス公演、演出の中屋敷法仁「彼女たちの底力を」(コメントあり)” (日本語). ステージナタリー. 2020年8月12日閲覧。
  39. ^ Inc, Natasha. “洗足学園音楽大学の邦楽ミュージカル第3弾「三人娘☆恋仇討」脚本は中屋敷法仁” (日本語). ステージナタリー. 2020年8月12日閲覧。
  40. ^ Inc, Natasha. “BLゲーム「DRAMAtical Murder」中屋敷法仁演出で舞台化、蒼葉役に永田聖一朗” (日本語). ステージナタリー. 2020年8月12日閲覧。
  41. ^ Inc, Natasha. “「日本の劇」戯曲賞2018最優秀賞「酔鯨云々」、中屋敷法仁の演出で上演” (日本語). ステージナタリー. 2020年8月12日閲覧。
  42. ^ Inc, Natasha. “【公演レポート】荒井敦史・多和田任益ら異なる2バージョンで魅せる「改竄・熱海殺人事件」開幕(写真32枚)” (日本語). ステージナタリー. 2020年8月12日閲覧。
  43. ^ Inc, Natasha. “舞台「タンブリング2020」W主演の高野洸&西銘駿が男子新体操に挑む(コメントあり)” (日本語). ステージナタリー. 2020年8月12日閲覧。
  44. ^ Inc, Natasha. “4ドル50セント、中屋敷法仁が手がける一人芝居「ときめきラビリンス」を生配信(コメントあり)” (日本語). ステージナタリー. 2020年8月12日閲覧。
  45. ^ Inc, Natasha. “宇宙Six江田・山本・原が3兄弟に!中屋敷法仁とクーニー親子の笑劇に挑戦(コメントあり)” (日本語). ステージナタリー. 2020年8月12日閲覧。
  46. ^ Inc, Natasha. “2作品上演「文豪ストレイドッグス 序」に長江崚行、和泉宗兵、輝馬、多和田任益(コメントあり)” (日本語). ステージナタリー. 2020年8月12日閲覧。
  47. ^ Inc, Natasha. “shared TRUMP作家陣発表!中屋敷法仁、ハライチ岩井、葛木英ら6組参加(コメントあり)” (日本語). ステージナタリー. 2020年8月12日閲覧。
  48. ^ 任天堂から生まれた『超回転 寿司ストライカー』なぜこんなゲームができちゃった!?”. ファミ通.com (2018年6月1日). 2018年6月2日閲覧。
  49. ^ OKStars インタビューVol.201 演劇家/俳優中屋敷法仁/矢崎広
  50. ^ “互いに引き立て合うコンビです!”. tristone. (2012年9月18日). http://www.tristone.co.jp/sherlock/blog/?id=15 
  51. ^ “朗読劇『緋色の研究』公演レポート”. omoshii. (2012年9月26日). http://omoshii.com/news/2012/09/5137/ 
  52. ^ 2013年4月9日中屋敷法仁公式Twitterより。

外部リンク[編集]