柿喰う客

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

柿喰う客(かきくうきゃく)は日本の劇団2004年活動開始。2006年正式に劇団となる。

劇団[編集]

  • 中屋敷法仁の脚本・構成・演出の舞台を上演する演劇集団。
  • 「圧倒的なフィクション」を標榜[1]する劇団。演劇の虚構性(現実の生活とは掛け離れた作りものとしての演劇性)を重視し、虚構性の高い発話法や演技法によって人間の存在や社会の荒廃を皮肉たっぷりに描き、観客から冷笑を誘うような舞台を生み出すことを特徴としている[2]。虚構性の高い独特の演出法は、「反・現代口語演劇」の旗手として注目され[2]、作風は"妄想エンターテイメント"とも呼ばれる[3]
  • 柿喰う客という劇団名は「100年続くように」と、ポリシーや思いを託さず響きや字面で決められた[1]
  • オリジナル作品に加え、シェイクスピアの改作や演劇集団キャラメルボックスとのコラボレーション、日韓国際共同制作、児童演劇、ミュージカルの創作などを上演する[2]
  • 劇団を商業的に売り出すというコンセプトで、「柿生(かきお)めこ」というマスコットキャラクターがいる[4]。デザインは山下浩介。通称、「めこちゃん」。2007年「女体カーニバル」のフライヤー(宣伝用のチラシ)で初登場、観客アンケートで名前が決まった[5]。シーズンや公演ごとに衣装をチェンジし、公式サイトやフライヤーに登場する。
  • 各公演の終了後は、5分間の休憩を経て約20分間の中屋敷法仁主催のアフタートークが催され、話の相手として出演者代表1名が日替わりで参加する。アフタートークの後半は、観客の質問に答える時間にあてられる。なお、アフタートーク中、中屋敷法仁はピンクパンサーのぬいぐるみ[6](18歳のころからの相棒[7])を抱えているのがポイント。
  • 通常、各公演作品ごとに「乱痴気公演」と呼ばれる、男女ならびに主役脇役の別なく配役をシャッフルして上演するスペシャルステージが1ステージある。シャッフルの方法は、くじで決めたり、役者の希望を聞いたり、代表の中屋敷法仁が勝手に決めたりといろいろである[8]。十分な稽古時間がないまま強行されることが多く、不足部分は役者同志で考え、やりたいようにやる、緊張感の漂うハメを外したステージ[3]となる。なお、乱痴気公演の配役は前もって観客に開示されない。

公演作品[編集]

舞台[編集]

  • 2004年6月 - 第1回公演「サバンナの掟」
  • 2005年2月 - 第2回公演「挿入ジェノサイド」
  • 2005年3月 - 第3回公演「口だけの女」
  • 2005年6月 - 第4回公演「多い日も安心」
  • 2005年7月 - 第5回公演「骨はダラスに埋めてくれ」
  • 2005年12月 - 企画公演「とりあえず、ナマで!」
  • 2006年2月 - 第6回公演「親兄弟にバレる」
  • 2006年5月 - 第7回公演「他人の不幸」
  • 2006年9月 - 第8回公演「顔に自信がある」
  • 2006年10月 - 企画公演「人面犬を煮る」
  • 2007年3月 - 第9回公演「女体カーニバル」
  • 2007年5月 - 企画公演「誰も笑わない「検察官」」
  • 2007年9月 - 第10回公演「性癖優秀」
  • 2007年11月 - 第11回公演「傷は浅いぞ」
  • 2007年12月 - 「お台場SHOW-GEKI城」参加「親兄弟にバレる」
  • 2008年1月 - 第12回公演「サバンナの掟」
  • 2008年4月 - フランス遠征公演「恋人としては無理」(東京/フランス)
  • 2008年6月 - 第13回公演「俺を縛れ!」(東京)
  • 2008年8月 - 第14回公演「真説・多い日も安心」(東京)
  • 2008年11月 - 企画公演 「いきなりベッドシーン」、「いまさらキスシーン」(東京/大阪)
  • 2009年3月 - 「恋人としては無理 JAPAN TOUR」(横浜/愛知/福岡/大阪/札幌)
  • 2009年5月 - 「邪道・プロポーズ」(東京/福岡)
  • 2009年9月 - 第15回公演 「悪趣味」(東京)
  • 2009年11月 - 柿喰う客×三重県文化会館「スポーツ演劇「すこやか息子」」(東京/三重)
  • 2010年1月 -「オパフェ!」参加 「宴会芸レーベル」(大阪)
  • 2010年2月 - 「The Heavy User」(東京)
  • 2010年4月 - 第2次フランス遠征公演 「The Heavy User」(フランス)
  • 2010年4月 - 短編2本立て公演 「八百長デスマッチ」、「いきなりベッドシーン」(東京/大阪)
  • 2010年5月 - 第1次トルコ遠征公演 「The Heavy User」(トルコ)
  • 2010年5月 - 第16回公演 「露出狂」(東京/大阪)
  • 2010年6月 - アンコール凱旋公演 「The Heavy User」(東京/大阪)
  • 2010年6月 - 国際演劇交流プロジェクト 「Wannabe」(東京/鳥取)
  • 2011年1月 - 新春公演 「愉快犯」(東京/大阪)
  • 2011年2月 - こどもと観る演劇プロジェクト 「ながぐつをはいたねこ」(東京/三重)- 初演
  • 2011年3月 - 芸術のミナト☆新潟演劇祭 「流血サーカス」(新潟)
  • 2011年4月 - FFAC企画 創作コンペティション 「しらみとり夫人」(福岡)
  • 2011年8月 - キャラメルボックス・アナザーフェイス「ナツヤスミ語辞典」(東京)[9]
  • 2011年9月 - カラフル金沢ラウンド「フランダースの負け犬」(金沢)
  • 2011年9月 - 女体シェイクスピア001『悩殺ハムレット』(東京/大阪/愛知/三重)
  • 2011年11月 - 日韓演劇交流プロジェクト「検察官」(東京)
  • 2012年4月 - 女体シェイクスピア002『絶頂マクベス[10](東京/兵庫)[11]
  • 2012年4月 - PLAY PARK 2012 永島敬三ひとり芝居『ときめきラビリンス』(東京)- 初演
  • 2012年5月 - 福岡演劇フェスティバル FFAC企画『ゴーゴリ病棟』(福岡)
  • 2012年8月 - 柿喰う客サマービーチin音霊『フローズン・ビーチ』(神奈川)
  • 2012年9月 - 『無差別』[12](東京/福岡/大阪)[13][14][注 1]
  • 2012年11月 - 柿喰う客リバイバルプロジェクト2012『傷は浅いぞ』(東京/岡山)
  • 2012年11月 - 学習院女子大学 pafe.GWC 参加作品 永島敬三ひとり芝居『ときめきラビリンス』
  • 2013年3月 - 女体シェイクスピア003『発情ジュリアス・シーザー[15](東京/大阪/新潟/三重)
  • 2013年9月 - 女体シェイクスピア004『失禁リア王』(東京 吉祥寺シアター)[16][17][18]
  • 2013年9月 - 柿喰う客 こどもと観る演劇プロジェクト『ながぐつをはいたねこ』(茨城/新潟/石川/岐阜/三重/愛知/長崎)
  • 2013年11月 - 柿喰う客 こどもと観る演劇プロジェクト2013『へんてこレストラン』(原作:宮沢賢治注文の多い料理店」)(三重)- 初演
  • 2014年1月 - 『世迷言』(よまいごと)(東京/石川/大阪)[19][20][3]
  • 2014年6月 - 柿喰う客 こどもと観る演劇プロジェクト2014『へんてこレストラン』(東京/茨城/新潟/岡山)
  • 2014年10月 - 女体シェイクスピア005&006『ロミオとジュリエット』&『アントニーとクレオパトラ』(東京 あうるすぽっと)
  • 2015年2月 - 女体シェイクスピア007『完熟リチャード三世』(東京/大阪/岐阜)
  • 2015年9月 - 『天邪鬼』(東京/兵庫/岐阜)

その他[編集]

  • PV OKAMOTO'S 「マジメになったら涙が出るぜ」(2012年)PV監督:関和亮、芝居部分の脚本・演出:中屋敷法仁[21]

メンバー[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2013年第57回岸田國士戯曲賞候補。

出典[編集]

  1. ^ a b 朝日新聞 AERA 2012.2.27号『演出家・中屋敷法仁と劇団「柿喰う客」』より。
  2. ^ a b c 「無差別」の柿喰う客プロフィール。
  3. ^ a b c “【第4回】6年後には日本演劇界の中心になる注目株 劇団「柿喰う客」の妄想エンターテイメント力”. 出雲あきらの演劇ライフ@Tokyo Bargain Mania. (2014年1月21日). http://bg-mania.jp/2014/01/21106895.html 
  4. ^ シアターガイド (2008年11月20日). “王子小劇場 佐藤佐吉演劇祭2008「シアターガイド賞」受賞記念/柿食う客 代表(作・演出) 中屋敷法仁 インタビュー”. http://www.theaterguide.co.jp/feature/kaki/ 
  5. ^ 「無差別」パンフレットより。
  6. ^ 2013年6月1日中屋敷法仁公式Twitterより。
  7. ^ 2013年3月14日中屋敷法仁公式Twitterより。
  8. ^ “オール男子キャストで上演するスポ魂活劇『露出狂』を引っ提げ、柿喰う客・中屋敷法仁がパルコ劇場に堂々初登場![インタビュー”]. e+(イープラス)Theatrix!. (2012年5月28日). http://etheatrix01.eplus2.jp/article/272258017.html 
  9. ^ ぴあニュース (2011-8-5 8:01). “キャラメルボックスが若手注目株“柿喰う客”とのタッグで贈る注目の舞台が開幕 - ぴあニュース - 映画・音楽・芸能”. asahi.com(朝日新聞社). オリジナルの2013年5月9日00:12時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2013-0509-0012-33/www.asahi.com/showbiz/pia/AUT201108050012.html 2013年5月8日閲覧。 
  10. ^ 柿喰う客 - 絶頂マクベス 特設サイト
  11. ^ “「柿喰う客の舞台は亜流だと思って観てほしい」中屋敷法仁に聞いた『女体シェイクスピア』への覚悟”. ぴあ関西版WEB. (2012年4月29日). http://kansai.pia.co.jp/interview/stage/2012-04/120429-s004.html 
  12. ^ 柿喰う客 - 無差別 特設サイト
  13. ^ “1年半ぶりの劇団本公演はメンバーのみの“柿”ワールド”. Walker plus. (2012年9月27日). http://news.walkerplus.com/article/33464/ 
  14. ^ “ただいま大阪・HEP HALLで上演中!劇団柿喰う客の最新作『無差別』について作・演出の中屋敷法仁にインタビュー!”. ぴあ関西版web. (2012年10月5日). http://kansai.pia.co.jp/interview/stage/2012-10/1210-s003.html 
  15. ^ 柿喰う客 - 発情ジュリアス・シーザー 特設サイト
  16. ^ “カンゲキのススメVol.17 柿喰う客 女体シェイクスピア004『失禁リア王』”. 吉祥寺シアター. (2013年8月22日). http://www.musashino-culture.or.jp/k_theatre/kangekisusume/2013/08/vol17004.html 
  17. ^ “柿喰う客 女体シェイクスピア004『失禁リア王』稽古場レポート”. げきぴあ. (2013年9月4日). http://community.pia.jp/stage_pia/2013/09/kaki-ria-004.html 
  18. ^ “柿喰う客『女体シェイクスピア004「失禁リア王」』09/05-17吉祥寺シアター”. しのぶの演劇レビュー. (2013年9月7日). http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2013/0907110449.html 
  19. ^ “本多初進出の柿喰う客、篠井英介を迎え新作を上演!”. チケットぴあ. (2013年12月4日). http://md-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=201312030014 
  20. ^ “柿喰う客 新作本公演『世迷言』中屋敷法仁×篠井英介 対談インタビュー”. ローチケ.com. (2014年1月8日). http://l-tike.com/d1/AA02G03F1.do?DBNID=3&ALCD=1&PGCD=178668 
  21. ^ 2013年2月18日中屋敷法仁公式Twitterより。
  22. ^ a b c d e f 牧田哲也ら6名が劇団「柿喰う客」に加入”. シアターガイド (2016年1月12日). 2016年1月14日閲覧。

外部リンク[編集]