半神 (漫画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

半神』(はんしん)は、萩尾望都による日本漫画作品。『プチフラワー』(小学館1984年1月号に掲載された短編作品。

結合双生児を題材とした寓意性の強いドラマを、わずか16ページの短編枠内で描ききった漫画の傑作として、萩尾の作品の中でも高く評価されている。

あらすじ[編集]

少女ユージーは、双子の妹ユーシーと腰の辺りで繋がった結合双生児。妹ユーシーは美しい容姿と知的障害を持つ赤ん坊のような少女で、周りから天使のようだと可愛がられたが、姉のユージーは知能は高いものの、妹に栄養のほとんどを吸われて醜く痩せ衰えていた。おまけに離れることのできない妹の世話を両親から任され、自由に動きまわることもままならず勉強だけが楽しみという毎日を送っていた。ユージーにとって妹は、厄介な荷物であり、自身のコンプレックスの象徴であった。

やがて双子は13歳になったが、ユージーの体はくたくたで歩くこともできなくなった。医師より「このままでは二人とも長く生きていられない」「切り離す手術をすれば、君だけは助けることができる」と告げられ、ユージーは手術を快諾する。手術後、回復したユージーは死にかけている妹に面会するが、痩せこけたその姿はまるで自分自身のようだった。

ユージーは16歳の美しい少女に成長したが、ふとしたときに鏡の中の自分があんなに嫌っていた妹の姿に重なり、妹への憎しみと愛情を思い涙を流す。

舞台劇[編集]

原作者・萩尾と劇作家・野田秀樹の共同脚本の下、1986年、野田が主宰する夢の遊眠社により戯曲化・舞台化された。1988年1990年(ともに夢の遊眠社公演)、1999年(NODA・MAP公演)には再演されている。

キャスト[編集]

1999年版

映画[編集]

1989年、当時ロンドン・インターナショナル・フィルム・スクールに在学中だった佐藤嗣麻子が、卒業制作で『SUZY&LUCY』と言うタイトルで映像化した。佐藤にとっては初の監督作品。

外部リンク[編集]