つかこうへい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
つか こうへい
本名 金 峰雄(キム・ボンウン、김봉웅)
日本名:金原 峰雄(かねはら みねお)
生年月日 1948年4月24日
没年月日 2010年7月10日(満62歳没)
出生地 日本の旗 日本福岡県嘉穂郡嘉穂町
(現:嘉麻市
国籍 韓国の旗 韓国
血液型 A型
職業 劇作家演出家小説家
活動期間 1970年代前半 - 2010年
活動内容 舞台脚本・演出
配偶者 生駒直子
著名な家族 長女:愛原実花
主な作品
戯曲・脚本など
熱海殺人事件
蒲田行進曲
二代目はクリスチャン
幕末純情伝』 他多数

つか こうへい1948年4月24日 - 2010年7月10日)は、日本劇作家演出家小説家。本名、金 峰雄(キム・ボンウン、김봉웅)。日本国内での通名、金原 峰雄(かねはら みねお)。福岡県嘉穂郡嘉穂町(現・嘉麻市)牛隈生まれ。国籍は大韓民国。三男一女の二男。血液型A型。生前は東京都北区に在住し、同区のアンバサダーも務めた。

経歴[編集]

演劇に熱中した人生[編集]

嘉穂町立大隈小学校、嘉穂町立大隈中学校、福岡県立山田高等学校卒業、慶應義塾大学文学部哲学科中退。

慶應義塾大学在学中にアルバイトで予備校の講師をしていた時に、生徒から依頼を受けて芝居の戯曲を書いた事がこの世界に入るきっかけとなる。学生劇団「仮面舞台」早稲田大学「暫」に加わり、そこで当時早稲田の学生だった三浦洋一平田満などと出会う。大学在学中からアングラ演劇第二世代の劇作家演出家として活動を始め、"つかこうへい以前(第一世代)"、"つかこうへい以後(第三世代)"と呼ばれる程の一時代を築き、1970年代から1980年代にかけて一大 "つかブーム"を巻き起こした。

在日韓国人二世であり、このペンネームは、集英社文庫『飛龍伝~神林美智子の生涯』のあとがきの中では、「激動の1960年代を駆け抜けた中核派学生運動家奥浩平氏の名前がペンネームの由来」と明かしている。在日に対する不公平に対し「いつかこうへいに」の思いも込められている。全部平仮名にした理由については、新聞のインタビューや光文社刊の『娘に語る祖国』の中で、「日本語がわからない母にもわかるように」「漫画家ちばてつやさんのファンで、自分も全部平仮名にした」と答えている。

1974年、劇団『つかこうへい事務所』を設立。

1980年熊谷真実と最初の結婚。しかし1982年に離婚し1983年元つか劇団の女優・生駒直子と再婚(松竹の映画監督だった生駒千里の娘)。つかこうへいが帰化していない為、夫婦別姓の形をとった。生駒との一人娘は、元宝塚歌劇団雪組トップ娘役・愛原実花(本名・生駒みな子)。

1982年、劇団『つかこうへい事務所』解散。一時、執筆業に専念する。

1987年4月、初めて韓国の地を踏む。同年11月、ソウルで韓国人役者による『熱海殺人事件』を上演し大成功を収める。この時の出演者(4人)は後に韓国を代表する俳優となり、ヒロインを演じた金知淑(キム・ジスク)の弟である金知雲(キム・ジウン)は、再度姉が出演した『熱海殺人事件』と新たに『蒲田行進曲』の舞台を演出し、その後韓国映画界を代表する人気映画監督となる等、韓国演劇・映画界に多大な影響を及ぼした(この時のことをエッセイ『娘に語る祖国』※光文社刊 に綴り在日韓国人二世である事も公表。ベストセラーとなった)。

1994年4月、東京都北区と協力し、★☆北区つかこうへい劇団を創設。日本で初めて行政のバックアップを受けた劇団として多くの関心を集めた。その後も、1996年大分県大分市と協力し、大分市つかこうへい劇団を創設。(2000年12月解散)。1998年には、北海道北広島市に『つかこうへい北海道演劇人育成セミナー』を開設し、地方からの文化発信を目標に演劇育成に尽力した。1999年4月にはソウルで大分市つかこうへい劇団による韓国初の日本語公演(「熱海殺人事件・売春捜査官」)を行った(金大中大統領による日本文化開放の最初の目玉として、日韓両政府が正式認可した初の日本語による上演)。

病名公表と死[編集]

2010年1月に自ら肺ガンに罹患していることを公表。その後は千葉県鴨川市の入院先で抗がん剤治療などを続けてきたが、7月10日午前10時55分家族に看取られながら息を引き取った[1]。62歳没。奇しくも宝塚大劇場で愛娘・愛原の退団公演の最中であった

2011年3月、日本人に多大な影響を与えた劇作家・演出家として、韓国公営放送局MBCが1時間の報道特集番組を制作(『MBCスペシャル ~金峰雄とつかこうへい~』)。

遺書[編集]

生前に本人が『自分が亡くなったら公開して欲しい』と、最期のメッセージ(2010年1月1日付)を事務所スタッフに託しており、自身の遺志として『葬儀、お別れの会等も一切遠慮させて頂きます』『娘に日本と韓国の間、対馬海峡あたりで散骨してもらおうと思っています』等と綴った文言が公表されている[2]。2009年末に一時退院したが、その時には死を受け入れていた。

受賞歴[編集]

舞台[編集]

つかこうへいには「口立て」という独特の演出法があった[3]。基本的には稽古初日前までに戯曲(台本)を役者に渡し、役者は全て暗記して来るが、「作家が机の上で書く台詞は4割。あとの6割は稽古場で役者が自分に書かせてくれるもの」と語っている通り、稽古を重ねる毎に台詞が大幅に変わっていく。稽古場で役者を鋭く観察し、芝居の流れを見ながら頭に浮かんだ台詞を口頭で伝え、役者はその台詞を瞬時に暗記して復唱し芝居を続ける。稽古期間だけではなく、舞台初日から楽日までの間にも役者の成長や観客の反応等を見ながら台詞を変える為、初日と楽日では演出が異なり、つかファンは必ず初日と楽日のチケットを買い求めると言われる。また「間だの芸だのいらない。芝居はF1レース。0.01秒間違えると死ぬという真剣勝負を観に、客は来る。金を払って車庫入れを観に来る客はいない」という独自の持論を決して崩さなかった。

その舞台の基本は、シンプルで最小限の大道具のみ。つか独特の演出法である場面転換は一切暗転を使わず、突然流れ出す大音量の音楽と歌。それに合わせて突如踊り出す派手なダンス。観客は一瞬何が始まったのかと唖然としている間に次の場面が始まる。「演出家の仕事は、漁師が、魚が知らないうちに網にかかってしまったというように、観客を演出家の網にかけること」と語っている。衣装はポイントの場面では付けるが、主役でさえ稽古着で登場することが多い。照明もダンスや歌、クライマックスの時だけ派手に使用して場面にメリハリをつけ、芝居が終了すると華やかな照明と共に役者全員がタキシードで登場しダンスを披露して幕が降りる。

多くの脚本がキャストや設定を変えて何度も再演されているが、特に『熱海殺人事件』は再演の度に時代に合った新しいテーマが盛り込まれ先鋭になっている。かつて新聞記者達が選んだ《戦後の戯曲ベスト30》で『熱海殺人事件』は、三島由紀夫サド侯爵夫人』に次いで二位に選ばれた。この作品は、つか作品全ての原型であり、シンプルながら激情に満ち溢れた戯曲の名作と言えよう。(バージョンとしては、『ザ・ロンゲストスプリング』『モンテカルロ・イリュージョン』『売春捜査官』『サイコパス』『平壌から来た女刑事』等)。こうした演出は多くの劇団、俳優に影響を与え、様々な劇団がつかこうへい作品を上演している。

1980年代に企業出資の文化事業支援が盛んに行われたが、バブル崩壊後に残ったのは立派なホールばかりで、地味な"ソフト"(稽古場提供等の形に残らないもの)への支援がなされて来ず、劇場があっても演じる側が育っていなかった。その風潮を何とかしたいとの思いから、1994年4月、行政の協力を得て東京都北区で『★☆北区つかこうへい劇団』を旗揚げ。1996年には大分県大分市にて『大分市つかこうへい劇団』(2001年3月に解散)を旗揚げした。その他にもワークショップや演劇セミナーなどを各所で開いており、後進の指導にも余念がない。肺がんで病床に伏していた時さえも、舞台の練習風景のビデオを病院でチェックし、役者一人一人に細かい演技指導を欠かさなかった。

つかこうへいの演出指導を受けたり縁の深い俳優と脚本家たち[編集]

この他にも、作詞家の大津あきらは、つか劇団の音楽担当として深く関っていた。

主な戯曲・脚本[編集]

  • 戦争で死ねなかったお父さんのために
  • 郵便屋さんちょっと
  • 初級革命講座 飛龍伝
  • 熱海殺人事件
(映画化 1986年 監督:高橋和男)
  • 出発
  • 松ヶ浦ゴドー戒
  • ストリッパー物語 (改題:ヒモのはなし)
  • ロックオペラ サロメ (1978年 演出)
  • いつも心に太陽を (改題:ロマンス)
(ドラマ化「ロマンス」 1999年 よみうりテレビ)
(映画化 1982年 監督:深作欣二、ドラマ化 1983年 TBS)
  • 寝盗られ宗介
(ドラマ化「嫁ぐ日'84」 1984年 NHK、映画化 1992年 監督:若松孝二)
  • つか版・忠臣蔵
(ドラマ化 1982年 テレビ東京)
  • 青春かけおち篇
(ドラマ化「かけおち'83」 1983年 NHK、映画化 1987年 監督:松原信吾
(映画化 1985年 監督:井筒和幸
(映画化 1987年 監督:舛田利雄
  • 銀ちゃんが逝く
(ドラマ化「続・蒲田行進曲 銀ちゃんが行く」 1991年 TBS)
(映画化 1991年 監督:薬師寺光幸)
(映画化 1993年 監督:工藤栄一

著書[編集]

  • 『熱海殺人事件』新潮社 1975 のち角川文庫、白水社 (郵便屋さんちょっと,初級革命講座飛龍伝,熱海殺人事件,出発)
    • 『小説熱海殺人事件』角川文庫 1976
    • 『シナリオ熱海殺人事件』角川文庫 1986
    • 『熱海殺人事件 ザ・ロンゲスト・スプリング 決定版』白水社 1992
    • 『熱海殺人事件売春捜査官』メディアファクトリー 1996
  • 『戦争で死ねなかったお父さんのために』新潮社 1976 のち角川文庫(巷談松ケ浦ゴドー戒,生涯)
    • 『戦争で死ねなかったお父さんのために』新潮文庫 1979 (郵便屋さんちょっと.初級革命講座 飛龍伝.熱海殺人事件.出発)
  • 『初級革命講座飛龍伝』角川文庫 1977
    • 『飛龍伝'90 殺戮の秋』白水社 1990
    • 『飛龍伝 ある機動隊員の愛の記録 決定版』白水社 1992
    • 『飛龍伝 神林美智子の生涯』集英社 1997 のち文庫
  • 『弁護士バイロン』角川書店 1977 のち文庫
  • 『あえてブス殺しの汚名をきて』角川書店 1977 のち文庫
  • 『ジャイアンツは負けない』角川文庫 1979
  • 『いつも心に太陽を』角川書店 1979 のち文庫 (ロマンス.惜別.弟よ!.見合い写真.かけおち.ポックリ・ソング.ヒモのはなし.断絶)
  • 『傷つくことだけ上手になって』角川書店 1981
  • 『蒲田行進曲』角川書店 1981 のち文庫、光文社文庫
    • 『戯曲蒲田行進曲』角川書店 1982
    • 『シナリオ蒲田行進曲』角川文庫 1982
    • 『銀ちゃんが、ゆく 蒲田行進曲完結篇』角川書店 1987 のち文庫
  • 『つかこうへいによるつかこうへいの世界』白水社 1981 のち角川文庫
  • 『つかへい犯科帳』山藤章二絵 角川書店 1982 のち文庫
  • 『つかへい腹黒日記』角川書店 1982 のち文庫
    • 『つかへい腹黒日記 part 2』角川書店 1983 のち文庫
    • 『つかへい腹黒日記 part 3』角川文庫 1989
  • 『定本ヒモのはなし(出発)』角川書店 1982
  • 『寝盗られ宗介』角川書店 1982 のち文庫、光文社文庫
    • 『寝盗られ宗介'96・ロマンス'97』三一書房 1997
  • 『つか版・忠臣蔵』角川書店 1982 のち文庫
  • 『青春かけおち篇』角川書店 1983 のち文庫
    • 『シナリオ青春かけおち篇』角川文庫 1986
  • 『この愛の物語』角川ノベルズ 1983 のち文庫
  • 『つか版・女大学』角川書店 1984 のち文庫
  • 『ストリッパー物語』角川書店 1984 のち文庫
  • 『ハゲ・デブ殺人事件』角川書店 1984 のち文庫
  • 『嫁ぐ日'84』日本放送出版協会 1984
  • 『つか版・男の冠婚葬祭入門』角川書店 1985 のち文庫
  • 『二代目はクリスチャン』角川文庫 1985
    • 『シナリオ二代目はクリスチャン』角川文庫 1985
  • 『井戸のある街 第1話』角川書店 1985 のち文庫
    • 『井戸のある街 第2話』角川書店 1988 のち文庫
    • 『井戸のある街 第3話』角川書店 1989
  • 『国ゆたかにして義を忘れ』井上ひさし共著 角川書店 1985
  • 『広島に原爆を落とす日』角川書店 1986 のち文庫、光文社文庫
  • 長島茂雄殺人事件 ジンギスカンの謎』角川ノベルズ 1986 のち文庫
  • 『スター誕生』角川書店 1986 のち文庫
  • 『青春父さんの恋物語』角川書店 1986 のち文庫、「ロマンス」光文社文庫
  • 『かまっておんど』朝倉摂絵 扶桑社 1987
  • 『こころくんこころさん』同 扶桑社 1987
  • 『つかこうへい戯曲シナリオ作品集』全4巻 白水社 1987-96
  • 『弟よ!』角川書店 1987 のち文庫
  • 『ふしぎなクリスマスケーキ』朝倉摂絵 扶桑社 1987
  • 『菜の花郵便局 大人と子供のための童話』岩波書店 1988 のち角川文庫
  • 『幕末純情伝 竜馬を斬った女』角川書店 1988 のち文庫、光文社文庫
    • 『戯曲幕末純情伝』白水社 1989
    • 『幕末純情伝』画:小林薫 角川書店 1991 のち双葉文庫
    • 『戯曲 新・幕末純情伝』演劇ぶっく社 1999
  • 『愛人刑事』角川ノベルズ 1989 のち文庫
  • 『現代文学の無視できない10人 インタビュー』集英社文庫 1989
  • 『つかこうへい劇場(1)青春』画:八潮路つとむ 集英社 1990
  • 『娘に語る祖国』光文社(カッパ・ホームス) 1990 のち文庫
    • 『娘に語る祖国 「満州駅伝」-従軍慰安婦編』光文社 1997
  • 『竜馬伝 野望篇』角川書店 1991 のち文庫
    • 『竜馬伝 青春篇』角川書店 1991 のち文庫
    • 『竜馬伝 決死篇』角川書店 1993 のち文庫
  • 邪馬台国の謎 演劇入門』白水社 1991
  • 『リング・リング・リング 女子プロレスリング純情物語』(戯曲)白水社 1991
    • 『リング・リング・リング 女子プロレスリング純情物語』(小説)角川書店 1993 のち文庫
    • 『リング・リング・リング 涙のチャンピオンベルト フォト・シナリオ』長与千種 白水社 1993
  • 『明日、恋する貴方に』光文社 1992 のち文庫
  • つかこうへい傑作選』全7巻 メディアファクトリー 1994-96
  • 『銀幕の果てに』集英社 1994 のち文庫
  • 『女優になるための36章』主婦と生活社 1995 「あなたも女優になろう」光文社文庫
  • 『人は幸せになるために生まれてきたのです』光文社 1996
  • 『薔薇ホテル』角川書店 1996
  • 『あるキャッチボール屋さんの悲劇 井戸のある街その後』角川文庫 1996
  • 『高校生のための実践演劇講座』全3巻(監修)第3巻は著 白水社 1997
  • 『つかこうへい'98戯曲集』三一書房 1998 (寝盗られ宗介、モンテカルロ・イリュージョン、売春捜査官、サイコパスー木村伝兵衛の自殺、ロマンス、銀ちゃんが逝く)
  • 『つかこうへいの新世界 htwi:art visual「ヒッティ」』メディアート出版 2005
  • 『つか版誰がために鐘は鳴る』主婦と生活社 2006

主な楽曲[編集]

  • かんかんからす 作詞・作曲:つかこうへい 編曲:馬飼野康二 歌:加藤登紀子
  • こころくん こころさん 作詞:つかこうへい 作曲:南こうせつ 歌:大竹しのぶ
  • かまっておんど 作詞:つかこうへい 作曲:中村弘明 歌:大竹しのぶ
  • たなあげおんど 作詞:つかこうへい 作曲:中村弘明 歌:大竹しのぶ
  • 狂おしく二人 作詞:つかこうへい、作曲:からさきしょういち 歌:平栗あつみ
  • お嫁なんかにいかないで 作詞:つかこうへい、作曲:からさきしょういち 歌:松坂慶子

CM[編集]

「証言シリーズ」の第1弾(1989年)に、つか本人が出演。「この広告に出た以上、死ぬまでキリンラガービール以外は飲みません」とのコメントが話題になった。
続いて翌年、つかの演出によりドラマ仕立ての年間キャンペーンCM「ラ党の人々」(1990年)が製作されたが、テレビ放送初日にメインキャストの1人だった勝新太郎の大麻所持が発覚し、初日のみのオンエアーでお蔵入りとなり「幻のCF」となった。
つかの演出。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “(cache)つかこうへいさん、肺がんで死去 『蒲田行進曲』平田満「あまりにも早いお別れにショック」”. シネマトゥデイ映画ニュース(ウェブ魚拓によるキャッシュ). (2011年7月12日). http://megalodon.jp/2013-1214-0753-14/www.cinematoday.jp/page/N0025562 2013年12月13日閲覧。 
  2. ^ “(cache)つかこうへいさん、元日に遺書書いていた”. 日刊スポーツ(ウェブ魚拓によるキャッシュ). (2010年7月13日). http://megalodon.jp/2013-1217-1229-25/www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20100713-652769.html 2013年12月17日閲覧。 
  3. ^ 日本で歌舞伎などの各種伝統芸能に古くから存在する演出方法であるが、演劇に関して言えば戯曲台本、演出という概念が成立するまでは「口立て」が主流であった。尚、大衆演劇での演出法は現在もこの演出法が主流であり、つか自身、そうした演出法に影響を受けたと生前のインタビューで答えている

外部リンク[編集]