劇団4ドル50セント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

劇団4ドル50セント(げきだんよんドルごじゅっセント[1]は、日本劇団。2017年に秋元康と、エイベックス社長の松浦勝人の共同プロデュースで設立。劇団は「エイベックス・AY・ファクトリー合同会社」が運営している[2]

劇団名の由来は、1960年代後半に活躍した女性シンガーのジャニス・ジョプリンが、亡くなった際に手に握っていた小銭の合計金額である[3]

劇団員[編集]

公式ホームページのプロフィール順に記載。

女性[編集]

  • 國森桜(くにもり さくら)
  • 菅原麻由佳(すがわら まゆか)
  • 仲美海(なか みうみ)
  • 樹亜美(たつき あみ)
  • 福島雪菜(ふくしま ゆきな)
  • 前田悠雅(まえだ ゆうが)
  • 八鍬乃々(やくわ のの)
  • 湯川玲菜(ゆかわ れいな)
  • 糸原美波(いとはら みなみ)
  • 岡田帆乃佳(おかだ ほのか) - リーダー
  • 安倍乙(あべ おと)
  • 隅田杏花(すみだ きょうか)
  • 田代明(たしろ あかり)
  • 立野沙紀(たての さき)
  • 谷口愛祐美(たにぐち あゆみ)
  • 長谷川晴奈(はせがわ はるな)
  • 堀口紗奈(ほりぐち さな)
  • 本西彩希帆(もとにし さきほ)
  • 横山玲菜(よこやま れいな)
  • 吉原奈緒花(よしはら なおか)

男性[編集]

  • 青木瞭(あおき りょう)
  • うえきやサトシ
  • 尾崎尉二(おざき じょうじ)
  • 奈波慎剛(ななみ しんご)
  • 中村碧十(なかむら みんと)
  • 久道成光(ひさみち なりみつ)
  • 山本将司(やまもと まさし)
  • 蕪祐典(かぶら ゆうすけ)

公演[編集]

  • プレ公演『The Making of $4.50 夢を見たけりゃ、目を開けろ。』(2017年11月3日-5日) スパイラルホール
  • 旗揚げ本公演『新しき国』(2018年2月8日-12日)紀伊國屋ホール
  • 週末定期公演『夜明けのスプリット』Vol.1(2018年6月30日-8月3日)[4]Vol.2(2018年8月11日-9月14日)新宿アルタ KeyStudio(旧スタジオアルタ[5]
    • 甲・乙・丙の3組に分かれての公演。毎週金曜日は観客の投票でキャストを選ぶ「シャッフル公演」を開催。

テレビ出演[編集]

劇団4ドル50セントとしての出演に限る。

脚注[編集]

  1. ^ 芸能人事典”. ORICON NEWS. 2018年8月14日閲覧。
  2. ^ 秋元康プロデュースの劇団運営会社と宣伝を兼務。現在の仕事内容とやりがい”. エイベックス・グループ. 2018年8月12日閲覧。
  3. ^ 秋元康氏「劇団4ドル50セント」、劇団名は歌手ジャニスの実話から”. サンケイスポーツ (2017年8月24日). 2018年8月12日閲覧。
  4. ^ 劇団4ドル50セント週末定期公演「夜明けのスプリット」開幕”. ステージナタリー (2018年7月1日). 2018年9月5日閲覧。
  5. ^ 劇団4ドル50セント週末定期公演「夜明けのスプリット」がボウリング界からお墨付きに”. ドワンゴジェイピーnews (2018年8月11日). 2018年8月28日閲覧。
  6. ^ 「FNSうたの夏まつり」で最多コラボの劇団4ドル50セント「仕事量とクオリティすごい」”. ドワンゴジェイピーnews (2018年7月26日). 2018年8月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]