藤山直美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ふじやま なおみ
藤山 直美
本名 稲垣 直子
生年月日 (1958-12-28) 1958年12月28日(60歳)
出生地 日本の旗 日本 大阪府大阪市
出身地 日本の旗 日本 京都府
血液型 O型
職業 女優
ジャンル 舞台映画テレビドラマなど
活動期間 1962年 -
著名な家族 藤山寛美(父)
藤山扇治郎(甥)
主な作品
舞台
『桂春団治』
『夫婦善哉』
『笑う門には福来たる 〜女興行師 吉本せい〜』
おもろい女
テレビドラマ
おんなは度胸
芋たこなんきん
映画

団地

藤山 直美(ふじやま なおみ、1958年12月28日 - )は、日本女優。本名、稲垣 直子(いながきなおこ)。

大阪府大阪市生まれ、京都府[1]京都市山科区出身。京都女子高等学校卒業。父は喜劇役者藤山寛美、甥は俳優藤山扇治郎

来歴・人物[編集]

実父は喜劇俳優で松竹新喜劇で活躍した藤山寛美。5人姉妹で唯一父と同じ道を歩み、以後舞台を中心に活躍する。1964年1月、父が主役を務めた、NHKのテレビ番組『お好み新喜劇・初代桂春団治』でデビュー[2]。小学校に入学する前には子役として吉本新喜劇の舞台に立つこともあったという[3]。90年代からはドラマでは岸部一徳と共演することが多く、特に恋仲の役になる事が多い。他にも中村勘三郎波乃久里子柄本明らと共演することが多い。

1992年、『おんなは度胸』での名脇役ぶりで全国区になった。またドラマ新銀河で放送された『この指止まれ!!』シリーズでも主演。また、2000年公開の映画『』では主人公を演じ、その演技が評価され毎日映画コンクールをはじめとする映画賞を数多く受賞した。『志村けんのバカ殿様』にバカ殿の妹として出演したことがある(志村けんが直美の特番にゲスト出演した際に「バカ殿の妹役で出して」と懇願したことから実現した)。

2006年下半期放送のNHK朝の連続テレビ小説芋たこなんきん』で、主役の花岡町子を演じた。『おしん』でヒロインの老後を演じた乙羽信子のようなケースを除くと、史上最年長の朝ドラヒロイン(放送開始当時47歳。それまでの最年長は1989年上半期・青春家族に主演したいしだあゆみ=当時41歳)である。このドラマ出演を機に、『第57回NHK紅白歌合戦』の審査員を務める。

2007年には吉本新喜劇『コヤブ新喜劇 〜座長になって1年たちましたスペシャル〜』にシークレットゲストとして出演。旧来より松竹新喜劇とライバル関係にあった吉本の舞台に異例の出演を果たした。その後2014年には松竹製作の舞台『笑う門には福来たる ~女興行師 吉本せい~』で、吉本興業の創始者である吉本せい役を演じている。

2012年初演の『ええから加減』で大阪の女漫才師役を好演し、共演の高畑淳子とともに第38回菊田一夫演劇賞演劇大賞を受賞[4]。同作での演技が目に留まり[5]2014年5月9日、11月に森光子の三回忌が明けることを受け、2015年6月にシアタークリエで『放浪記』に次ぐ森の代表作でミスワカナの生涯を描いた『おもろい女』が9年ぶりに直美の主演で復活、1か月間上演された。森は生前に「肉体的にもっともきつい作品」と話し、2006年の公演が最後となったが、一方で「いい脚本だから、残してほしい」とかねてから希望していた事もあり、東宝が再演を決めたものである。『おもろい女』は元々NHKで1965年9月18日に単発ドラマとして放送されたテレビ版[6]がオリジナルで、この時の森の相手役(玉松一郎役)こそ直美の父・寛美であり、直美もこの時、中国人孤児役で出演していたなど、浅からぬ因縁がある[7][5][8]。3年ぶりとなる2018年10月から12月にかけての再演では[9]平成30年度(第73回)文化庁芸術祭の演劇部門にて大賞を[10]、また第69回芸術選奨文部科学大臣賞を演劇部門にて受賞した[11]

2017年2月17日癌で2017年3月18日~26日の中日劇場おもろい女」の公演中止発表[12]

エピソード[編集]

  • 過去には、女性誌に歌手タレントやしきたかじんと結婚以上の仲であると報道されたことがある。結婚などの事実はないが、実際、たかじんの大ファンであり、舞台でもよくたかじんの歌を歌う。たかじんの生前には、特番などで共演したり、プライベートでも12時間以上の長電話をするなどしていた。
  • 一つの仕事にかかると、他の仕事との掛け持ちは絶対にしない。その姿勢は、仕事・演技へのこだわり・徹底ぶりを示すものであり、新喜劇に命を懸けた父親の「芸に対する哲学」を引き継ぐものである。

 宝塚スカイステージでは、北翔海莉にゲストで招かれる。

主な出演作[編集]

舞台[編集]

テレビ番組[編集]

ドラマ[編集]

その他[編集]

映画[編集]

受賞歴[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 藤山 直美”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2019年3月8日閲覧。
  2. ^ 1月9日〜1月23日放送。お好み新喜劇(第26回~第28回)全3回。初代桂春団治 - ドラマ詳細データ”. テレビドラマデータベース. 2014年9月20日閲覧。
  3. ^ “吉本新喜劇と松竹新喜劇の“遺伝子”が夢の共演 !”. ORICON STYLE. (2007年6月25日). http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/45799/ 2014年9月20日閲覧。 
  4. ^ a b “藤山直美&高畑淳子が舞台『ええから加減』で、菊田一夫演劇大賞を受賞”. チケットぴあ (ぴあ). (2013年5月24日). http://ticket-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=201305240010 2018年5月10日閲覧。 
  5. ^ a b 林尚之 (2014年5月9日). “藤山直美版「おもろい女」森さん遺志継承”. nikkansports.com (日刊スポーツ). オリジナルの2014年5月10日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/HSIgx 2014年5月10日閲覧。 
  6. ^ おもろい女 - ドラマ詳細データ”. テレビドラマデータベース. 2014年5月10日閲覧。
  7. ^ “森光子さん代表作「おもろい女」、藤山直美で9年ぶり復活”. スポーツ報知. (2014年5月9日). オリジナルの2014年5月10日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/en9Yt 2014年5月10日閲覧。 
  8. ^ 内田洋一 (2015年6月15日). “東宝「おもろい女」 昭和演劇の遺産、見事に継いだ藤山直美”. NIKKEI STYLE (日本経済新聞). https://style.nikkei.com/article/DGXMZO87915240Q5A610C1000000 2018年12月28日閲覧。 
  9. ^ a b “藤山直美復帰、渡辺いっけいら笑顔で歓迎「おもろい女」3年ぶりに上演”. ステージナタリー (ナターシャ). (2018年8月7日). https://natalie.mu/stage/news/294398 2018年12月28日閲覧。 
  10. ^ a b “第73回文化庁芸術祭、演劇部門大賞は「おもろい女」の藤山直美”. ステージナタリー (ナターシャ). (2018年12月27日). https://natalie.mu/stage/news/314115 2018年12月28日閲覧。 
  11. ^ “「芸術選奨」に藤山直美、蒼井優、小野絢子、篠原聖一、菅原直樹ら”. ステージナタリー (ナターシャ). (2019年3月7日). https://natalie.mu/stage/news/322859 2019年3月7日閲覧。 
  12. ^ 2018年5月1日中日劇場(中日新聞文化芸能局)発行「中日劇場全記録」
  13. ^ 明治座九月公演「おたふく物語」を藤山直美が動画で告知”. ステージナタリー (2016年3月11日). 2016年3月11日閲覧。
  14. ^ “「笑う門には福来たる」藤山直美、客席からの掛け声に「力をいただく」”. ステージナタリー. (2016年11月7日). http://natalie.mu/stage/news/208325 2016年11月8日閲覧。 
  15. ^ 藤山直美&仲里依紗、初共演!新春ドラマ『最高のオヤコ』で親子役を熱演”. エキサイトニュース (2015年11月4日). 2015年12月12日閲覧。
  16. ^ 阪本順治×藤山直美が15年ぶりの再タッグ、「団地」に斎藤工らも出演”. 映画ナタリー (2015年7月23日). 2015年7月24日閲覧。
  17. ^ “「団地」藤山直美、上海国際映画祭で日本人初の最優秀女優賞に”. 映画ナタリー. (2016年6月20日). http://natalie.mu/eiga/news/191468 2016年6月20日閲覧。 
  18. ^ “読売演劇大賞ノミネート、華やかな顔ぶれ並ぶ”. 讀賣新聞オンライン. (2019年1月17日). https://www.yomiuri.co.jp/culture/20190116-OYT1T50136/ 2019年3月10日閲覧。 

外部リンク[編集]