コンテンツにスキップ

羽場裕一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
はば ゆういち
羽場 裕一
本名 羽場 裕一
生年月日 (1961-04-01) 1961年4月1日(63歳)
出生地 日本の旗 日本長野県伊那市
身長 176 cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画舞台
配偶者 あり
著名な家族 羽場涼介(息子)
事務所 シス・カンパニー
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
誰にも言えない
ぽっかぽか』シリーズ
温泉若おかみの殺人推理』シリーズ
映画
幸福な食卓
テンプレートを表示

羽場 裕一(はば ゆういち、1961年4月1日 - )は、日本俳優。所属事務所はシス・カンパニー長野県伊那市出身。

来歴

[編集]

長野県高遠高等学校卒業、駒澤大学文学部3年中退[1]

1982年、大学在学中に劇団「夢の遊眠社」のオーディションに合格し役者の道に。同年の『野獣降臨』を皮切りに、1990年の『半神』では主演をつとめた。1992年の解散まで同劇団の全公演に出演して、舞台俳優として活躍。その間の1987年、日本テレビ『僕の先生モヒカン刈り』でテレビドラマ初出演。遊眠社解散後は映像ジャンルに本格的に進出。舞台をはじめ、ドラマ、映画でも活躍する実力派俳優。

1994年からTBS昼ドラマ『ぽっかぽか』に出演。七瀬なつみ演ずる主人公の夫役・田所慶彦を好演。幼い一人娘に父母は「ちち・はは」と呼ばれ、心優しい父親役で人気を集め、地位を確立[2]。同作は好評でシリーズ化され、1996年の第3作まで続いた[3]

2012年舞台「ルーマーズ~口から耳へ、耳から口へ」、2013年舞台「象」、2015年には舞台『放浪記』などに出演。NHK『眠れる森の熟女』、NHK BSプレミアム『アイアングランマ』、フジテレビ『高校入試』、テレビ朝日『最強のふたり〜京都府警特別捜査班〜』、2016年にWOWOWプライム 連続ドラマW『沈まぬ太陽』、NHK BSプレミアム『子連れ信兵衛2』に出演、多くのドラマで活躍[4]

小学生の時から俳優になるのが夢だった。特技は、ギター。

出演

[編集]

テレビドラマ

[編集]

「出演情報」~tvtopic.goo

Webドラマ

[編集]

映画

[編集]

舞台

[編集]

朗読劇

[編集]

「出演情報」~ステージナタリー

バラエティ

[編集]

ラジオ

[編集]
  • FMシアターNHK-FM
    • 「幽霊の自転車」(2012年3月24日) - 俊行 役
    • 「埋める女」(2017年9月9日) - 森川 役
    • 「父さんが会いにきた」(2024年5月18日) - 鈴木和夫 役

CM

[編集]

出典

[編集]
  1. ^ 羽場 裕一(はば ゆういち)氏”. 伊那市ふるさと人材バンク. 伊那市. 2018年11月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月17日閲覧。
  2. ^ 「ドラマ『明日の約束』轟木博雄役の俳優・羽場裕一!演技の幅が広く奥深い」”. Drama Vision (2017年9月25日). 2019年4月17日閲覧。
  3. ^ 羽場裕一 - KINENOTE
  4. ^ 羽場裕一プロフィール”. ザ・テレビジョン. KADOKAWA. 2019年4月17日閲覧。
  5. ^ 「必殺仕事人」新作で高月彩良がヒロインの芸者に、岸優太&西畑大吾の幼なじみ”. 映画ナタリー. ナターシャ (2021年12月6日). 2021年12月5日閲覧。
  6. ^ “『赤い霊柩車』ついにファイナル 30周年のメモリアル作品で“明子”片平なぎさが挑むのは史上最悪の事件”. ORICON NEWS (oricon ME). (2023年2月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2268610/full/ 2023年2月21日閲覧。 
  7. ^ 市原隼人が「ダブルチート」シーズン2で主演、巨大組織を食らう謎の詐欺師に”. 映画ナタリー. ナターシャ (2024年5月15日). 2024年5月15日閲覧。
  8. ^ Inc, Natasha (2020年5月9日). “森田望智が鈴木光司の新作ホラーでドラマ初主演、小倉優香や芦名星も参加(コメントあり)”. 映画ナタリー. 2020年5月11日閲覧。
  9. ^ “Tバック・裸エプロン…90年代伝説の深夜番組の熱狂を表現! グラドル役らも明らかに”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年12月17日). https://news.mynavi.jp/article/20221217-2539556/ 2022年12月17日閲覧。 
  10. ^ 稲垣吾郎の主演舞台『No.9-不滅の旋律-』大みそかにABEMAで生配信決定”. ORICON NEWS. 2020年12月22日閲覧。
  11. ^ 稲垣吾郎主演の『No.9−不滅の旋律−』 イープラス「Streaming+」にて、大晦日公演のライブ配信が決定 | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス”. SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス. 2020年12月22日閲覧。
  12. ^ Inc, Natasha. “ベートーヴェン生誕250周年、稲垣吾郎出演「No.9」再々演決定(コメントあり)”. ステージナタリー. 2020年8月29日閲覧。
  13. ^ 稲垣吾郎「共通点多い」中年探偵役で舞台主演 笑いとロマンティックの大人のエンタメ”. ORICON NEWS. 2021年12月7日閲覧。
  14. ^ 喪主の練習をしたい母とその家族描く「きっとこれもリハーサル」に石野真子・鈴木福ら”. ステージナタリー. ナターシャ (2022年6月9日). 2022年6月9日閲覧。
  15. ^ “ドロ三郎”こと山崎育三郎が「トッツィー」劇中歌披露、ドレス姿の感想は「俺綺麗だな」”. ステージナタリー. ナターシャ (2023年11月14日). 2023年11月14日閲覧。
  16. ^ SixTONES高地優吾がニール・サイモン作品で初単独主演、演出は宮田慶子”. ステージナタリー. ナターシャ (2024年6月13日). 2024年6月13日閲覧。

外部リンク

[編集]