宮田慶子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宮田 慶子(みやた けいこ、1957年7月7日 - )は、東京都出身の日本の演出家。劇団青年座(文芸部)所属。新国立劇場芸術監督。日本演出者協会副理事長。

父親は作家協会の常務理事をしていた。学習院女子高等科を経て、学習院大学文学部国文学科中退後、青年座研究所を経て、1980年青年座(文芸部)入団。学習院女子高等科および学習院大学では演劇部に所属。1983年『ひといきといき』作・演出でデビューした。劇団青年座のほか、松竹新国立劇場ホリプロパルコ主催の作品を数多く手がけている。また、新国立劇場演劇研究所で講師として後進の育成にも務め、2010年9月より新国立劇場演劇部門の芸術監督に就任。日本劇団協議会主催・「日本の劇」戯曲賞の最終選考委員を務める。高畑淳子と親友。

受賞歴[編集]

  • 第9回読売演劇大賞最優秀演出家賞受賞(『セイムタイム・ネクストイヤー』、『赤シャツ』、『悔しい女』、『サラ』)
  • 平成2年文化庁芸術祭賞(『セイムタイム・ネクストイヤー』)
  • 第29回紀伊国屋演劇賞個人賞(『MOTHER』)
  • 第5回読売演劇大賞優秀演出家賞(『フユヒコ』)
  • 平成10年度芸術選奨新人賞(『ディアー・ライアー』)
  • 第43回毎日新聞社毎日芸術賞千田是也賞(『赤シャツ』)

主な演出作品[編集]

外部サイト[編集]