佐山雅弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐山 雅弘(さやま まさひろ、1953年11月26日 - )はジャズピアニスト作曲家兵庫県尼崎市出身。射手座、AB型。

来歴[編集]

小学生の頃、幼馴染の好きな女の子がピアノを習っていたのがきっかけでピアノを弾き始める。中学1年生の頃にピアノを習うのを一時辞めるが、中学2年生の時オスカー・ピーターソンのライブを聴きジャズに目覚める。国立音楽大学作曲科中退。RCサクセションゴンタ2号は学友だった。

1976年、RCサクセションのライブやレコーディングをサポート。当時は「セクシー佐山」というステージ・ネームだった[1]

以後、東京交響楽団木野雅之ヴァイオリン)、松田昌ピアニカ)、瀬木貴将サンポーニャケーナ)、平野レミシャンソン歌手)、伊太地山伝兵衛(歌手、ギタリスト)などジャズの枠を超えたアーティストとも共演し、ジャンルを問わず幅広く活動している。プリズムの元メンバでもある。 デューク・エイセスの音楽監督、アレンジ、楽曲提供者としても活躍している。

影響されたミュージシャンはチック・コリアハービー・ハンコック。好きなものはワインと麻雀。

1995年、PONTA BOXとしてモントルー・ジャズ・フェスティバルに出演。2000年、村上“ポンタ”秀一村田陽一と共に自社レーベル『3 VIEWS』設立。2001年、和田誠監督の映画『真夜中まで』に出演。

現在、活躍しているユニットはM's(マサちゃんズ)。ミューザ川崎ホールアドバイザー、名古屋音楽大学客員教授、母校国立音楽大学のジャズ科非常勤講師。2007年には(財)ローランド芸術文化振興財団(現・かけはし芸術文化振興財団) マスタークラスの指導講師に就任した。

ディスコグラフィ[編集]

リーダーアルバム[編集]

  • 『SBATOTTO』(1984年/ポリドールレコード)
  • 『Play me a little music』(1986年/ビクターエンタテインメント)
  • 『Thrill me』(1987年/ビクターエンタテインメント)
  • 『GOMBO』(1995年/ビクターエンタテインメント)
  • 『SHUFFLE』(1992年/ビクターエンタテインメント)
  • 『HYMN FOR NOBODY』(1995年/ビクターエンタテインメント)
  • 『a point of the globe』(1997年/ビクターエンタテインメント)
  • 『ABOVE FORIZON』(2000年/ビクターエンタテインメント)
  • 『佐山雅弘 plays ゴールドベルク』(2004年/ビクターエンタテインメント)
  • 『「クロニクル」佐山雅弘ベスト1984-2005』(2006年/ビクターエンタテインメント)

M’s(マサチャンズ)feat.佐山雅弘[編集]

  • 『FLOATIN’TIME』(2002年/ビクターエンタテインメント)
  • 『M’s 2nd』(2003年/ビクターエンタテインメント)
  • 『STANDARD MIND』(2005年/ビクターエンタテインメント)
  • 『WE GOT RHYTHM M's LIVE at MUZA』(2007年/ビクターエンタテインメント)
  • 『SKETCH OF SEASON』(2008年/ビクターエンタテインメント)

PONTA BOX[編集]

  • 『PONTA BOX』(1994年/ビクターエンタテインメント)
  • 『PONTA BOX 2 Dessert in the Desert』(1995年/ビクターエンタテインメント)
  • 『PONTA BOX Live at The Montreux Jazz Festival』(1995年/ビクターエンタテインメント)
  • 『THE ONE』(1997年/ビクターエンタテインメント)
  • 『MODERN JUZZ』(1997年/ビクターエンタテインメント)
  • 『PONTA BOX THE BEST』(1998年/ビクターエンタテインメント)
  • 『PONTA BOX meets YOSHIDA MINAKO』(1998年/ビクターエンタテインメント)吉田美奈子(Vo)参加
  • 『THE NEW FRONTIER』(1999年/ビクターエンタテインメント)
  • 『NYPB』(2001年/ビクターエンタテインメント)
  • 『GOSH』(2002年/ビクターエンタテインメント)吉田美奈子(Vo)参加

その他セッション[編集]

  • 『PAPA JACK MOYER』(2000年/ビクターエンタテインメント)

参加作品[編集]

  • 『PIANO COLLECTION FINAL FANTASY X-2』(2004年/avex trax)4曲編曲・演奏

注釈[編集]

  1. ^ 『RCサクセション 遊びじゃないんだっ』(マガジンハウス、ISBN 4-8387-0190-X)pp.46-48参照

外部リンク[編集]