長いお別れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
長いお別れ
The Long Goodbye
著者 レイモンド・チャンドラー
発行日 アメリカ合衆国の旗1953年
日本の旗1958年(初訳)
発行元 アメリカ合衆国の旗Houghton Mifflin Harcourt
日本の旗早川書房
ジャンル ハードボイルド
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ページ数 320
前作 かわいい女
次作 プレイバック
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

長いお別れ』(ながいおわかれ)または『ロング・グッドバイ』(原題:The Long Goodbye)は、1953年に刊行されたアメリカの作家レイモンド・チャンドラーハードボイルド小説。私立探偵フィリップ・マーロウを主人公とする長編シリーズの第6作。

大いなる眠り』や『さらば愛しき女よ』と並ぶチャンドラーの長編である。感傷的でクールな独特の文体、台詞、世界観に魅了されるファンは今でも多い。チャンドラーのハードボイルド小説は、長編短編問わず、ほとんどが探偵の一人称による語りだが、特に本作以降ハードボイルド小説というものはこの形式が模倣を超えて定番化したとさえ言え、この形式をとるハードボイルド小説の人気はいまだ衰えていない。「ギムレットには早すぎる」や「さよならをいうのはわずかのあいだ死ぬことだ」、「警官とさよならを言う方法はまだ発明されていない。」(いずれも清水俊二訳)などのセリフで知られる。

1973年ロバート・アルトマン監督により映画化され(日本では『ロング・グッドバイ』のタイトルで公開)、2014年日本で『ロング・グッドバイ』のタイトルでテレビドラマ化された。

あらすじ[編集]

1949年の秋。私立探偵フィリップ・マーロウは、片面に傷を持つ男、テリー・レノックスという酔っぱらいと出会う。どこか品性のあるレノックスに惹かれるものを感じて友人となったマーロウは、毎晩バーを共にするようになる。1950年6月の深夜、レノックスはマーロウの自宅を訪れるとメキシコのティファナに連れて行って欲しいと頼み込む。詳細は聞かず、言われた通りにメキシコに彼を送り届けたマーロウであったが、ロサンゼルスに戻ると待っていたのは、妻殺しの容疑でレノックスを捜している警官であった。マーロウは殺人の共犯者として逮捕され取り調べを受けるが、レノックスを庇って黙秘を通し、反抗的な態度も手伝って警察から手酷い扱いを受ける。しかし3日目、メキシコからレノックスが自殺した旨の情報が届き、マーロウは釈放される。彼が呆然として家に戻ると「ギムレットを飲んだら、僕のことはすべて忘れてくれ」と書かれたレノックスからの手紙が届いていた。

しばらくしてマーロウは、ある出版社から失踪した人気作家ロジャー・ウェイドの捜索を依頼される。依頼を受けるか迷うマーロウであったが、やがてウェイドはレノックスの隣人であったことを知る。さらに彼の妻アイリーンからも頼まれ、渋々引き受けたマーロウは、アルコール中毒のウェイドを発見し、連れ帰る。その後、見張り役としてウェイド邸に留まることとなったマーロウは、アイリーンから誘惑され、彼女が第二次世界大戦で10年前に亡くなった恋人のことを今も深く愛していることを知る。

マーロウはウェイドに対する仕事の傍らで、レノックスの件についても調査を続ける。彼の交友関係や来歴には不思議なことも多かったが、それ以上のものもなく打ち切りを検討し始める。そんな折、今度はウェイドの死体が発見される。マーロウは自殺とみるが、アイリーンはマーロウが殺したと激しく非難する。そして、レノックスの件でマーロウを脅迫してくるギャングのメネンデス、レノックスの岳父にあたる謎めいた大富豪ハーランなど、くせものが次々とマーロウの前に現れる。

その後、マーロウはレノックスの妻殺しにアイリーンが関わっていることに気づく。やがてマーロウは、レノックスの妻とウェイドを、アイリーンが殺害したという結論を出し、さらにアイリーンの亡き恋人こそレノックスであったと推定する。その推理を突きつけられたアイリーンは何も言わず去り、後日、罪を認める手紙を残して彼女が自殺したとマーロウは知る。

事件や謎はすべて解決したように見えたが、マーロウはなぜか釈然とせず、さらにメネンデスから暴行を受ける。最後にマーロウは、メキシコから来た男の訪問を受ける。男は、レノックスが死んだホテルにいたという。だが、マーロウはこの男こそが、整形して顔を変えたレノックスであると気づく。レノックスは前のように共に酒を飲もうと誘うが、マーロウは拒否し、別れの言葉をかける。

登場人物[編集]

  • フィリップ・マーロウ - 探偵
  • テリー・レノックス - マーロウの友人
  • シルヴィア・レノックス - テリーの妻
  • ハーラン・ポッター - 億万長者でシルヴィアの父
  • リンダ・ローリング - シルヴィアの姉
  • エドワード・ローリング - リンダの夫
  • ロジャー・ウェイド - 作家
  • アイリーン・ウェイド - ロジャーの妻
  • キャンディ - ウェイド家のハウスボーイ
  • ハワード・スペンサー - ニューヨークの出版社の代表者
  • ヘンリー・シャーマン - 「ジャーナル」紙の編集長
  • ロニー・モーガン - 「ジャーナル」紙の記者
  • ランディ・スター - クラブの経営者
  • メンディ・メネンデス - ギャングのボス
  • チック・アゴスティノ - メンディの用心棒
  • ジョージ・ピーターズ - カーン協会員
  • レスター・ヴューカニッチ - 耳鼻喉喉科の医者
  • エイモス・ヴァーリー - 医者
  • ヴァリンジャー - 医者

評価[編集]

1995年出版のアメリカ探偵作家協会によるベスト100では13位に選ばれている(他のチャンドラー作品としては8位に「大いなる眠り」、21位「さらば愛しき女よ」)。日本ではハヤカワミステリーベスト100など、ほとんどのランキングで、チャンドラー作品としては1位を保ち傑作とする人が多い。

村上春樹は『カラマーゾフの兄弟』と『グレート・ギャツビー』と本作を、もっとも影響を受けた作品3作として挙げており、『羊をめぐる冒険』の物語も本作の影響をよく指摘される。長らく日本では清水俊二訳によるものが出版されていたが、2007年には村上による翻訳版も出版された。

日本語訳[編集]

現在は以前から刊行されていた清水俊二訳の『長いお別れ』 と、村上春樹の新訳『ロング・グッドバイ』が両方とも流通している。

  • 『長いお別れ』 清水俊二訳 早川書房
  • 『ロング・グッドバイ』 村上春樹訳 早川書房
    • 2007年 - ハードカバー
    • 2009年 - 軽装版(ノベルス)
    • 2010年 - ハヤカワ・ミステリ文庫

映画[編集]

ロング・グッドバイ
The Long Goodbye
監督 ロバート・アルトマン
脚本 リイ・ブラケット
原作 レイモンド・チャンドラー
『長いお別れ』より
製作 ジェリー・ビック
製作総指揮 エリオット・カストナー
出演者 エリオット・グールド
音楽 ジョン・ウィリアムズ
撮影 ヴィルモス・スィグモンド
編集 ルー・ロンバード
製作会社 E-K-Corporation
ライオンズゲート
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開 アメリカ合衆国の旗 1973年3月7日
日本の旗 1974年2月23日
上映時間 112分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

1973年に監督ロバート・アルトマン、主演エリオット・グールドにより映画化された。邦題は『ロング・グッドバイ』(原題は The Long Goodbye )。

内容は1970代風にアレンジされており、エリオット・グールドが演じる探偵フィリップ・マーロウが友人テリー・レノックスの謎の死をきっかけにある事件に巻き込まれていく。

キャスト(映画)[編集]

※括弧内はTBS『月曜ロードショー』版日本語吹替(2015年10月7日発売の『吹替の名盤』シリーズ 〈テレビ吹替音声収録〉HDリマスター版DVDに収録)

スタッフ(映画)[編集]

備考(映画)[編集]

テレビドラマ[編集]

ロング・グッドバイ
ジャンル テレビドラマ
放送時間 土曜21:00 - 21:58(58分)
放送期間 2014年4月19日 - 5月17日(5回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
演出 堀切園健太郎
原作 レイモンド・チャンドラー
『ロング・グッドバイ』
脚本 渡辺あや
プロデューサー (制作統括)
城谷厚司
谷口卓敬
出演者 浅野忠信
綾野剛
小雪
古田新太
冨永愛
柄本明
時代設定 1950年代
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

ロング・グッドバイ』(英語表記:THE LONG GOODBYE)のタイトルでテレビドラマ化。2014年4月19日より5月17日まで土曜日21:00 - 21:58に、NHKの「土曜ドラマ」枠で放送された。全5話。主演は浅野忠信で、デビュー26年にして初の連続ドラマ主演となる[4][5]キャッチコピーは「さよならを言うのは、少しだけ死ぬことだ。」。1950年代東京を舞台に描かれる。

キャスト(テレビドラマ)[編集]

主人公[編集]

増沢 磐二(ますざわ ばんじ)
演 - 浅野忠信
私立探偵。雨の中で妻に捨てられ路上に行き倒れていた保を助けたことが切っ掛けで、何度か酒を酌み交わす仲になっていく。
原作のフィリップ・マーロウに当たる。

原田家[編集]

原田 保(はらだ たもつ)
演 - 綾野剛(少年期:柾木玲弥
旧姓:城崎。本名:松井 誠一(まつい せいいち)。キャバレーローズの支配人をしていた頃に客で来店していた志津香と出会い、彼女に見初められ婿養子に入る。その後、妻を殺害したと書き記した遺書を残して逃亡先の台湾にあるホテルの一室で命を絶つ。
原作のテリー・レノックスに当たる。
原田 志津香(はらだ しずか)
演 - 太田莉菜
保の妻。女優で有名な実業家の娘。鈍器で頭部を数回殴打された後に拳銃で殺される。遺作の主演映画は『闇夜の包帯娘』。
原作のシルヴィア・レノックスに当たる。
高村 世志乃(たかむら よしの)
演 - 冨永愛
旧姓:原田。志津香の姉。高村医師の妻。
原作のリンダ・ローリングに当たる。
原田 平蔵(はらだ へいぞう)
演 - 柄本明
実業家。志津香の父。
原作のハーラン・ポッターに当たる。
遠藤(えんどう)
演 - 吉田鋼太郎
原田家の顧問弁護士。
原作のスーウェル・エンディコットに当たる。
風間(かざま)
演 - 徳井優
志津香に仕える使用人。
原作の運転手・エイモスに当たる。
秘書
演 - 大西武志

警察関係者[編集]

岸田(きしだ)
演 - 遠藤憲一
警部補。磐二とは旧知の仲。
原作のバーニー・オールズとグリーンを合成した人物。
権田(ごんだ)
演 - 高橋努
刑事。岸田の部下。盤二に暴力をふるう。
原作のデイトンとグレゴリアスを合成した人物。

上井戸家[編集]

上井戸 亜以子(かみいど あいこ)
演 - 小雪(少女期:中村ゆりか
譲治の妻。
原作のアイリーン・ウェイドに当たる。
上井戸 譲治(かみいど じょうじ)
演 - 古田新太
ベストセラー作家。亜以子の夫。代表的な著書は『背徳の踊り子』『美女と黒蜥蜴』。
原作のロジャー・ウェイドに当たる。
金田 章介(かねだ しょうすけ)
演 - 泉澤祐希
譲治の身の回りの世話などをする書生。
原作のキャンディーに当たる。

その他[編集]

羽丘(はねおか)
演 - 田口トモロヲ
出版社社長。譲治の担当編集者。アルコール使用障害に陥る夫を救ってほしいという妻・亜以子の依頼を増沢に連絡を取り、仲介する。
原作のハワード・スペンサーに当たる。
森田(もりた)
演 - 滝藤賢一
志津香殺害事件を取材する東亜タイムスの記者。
原作のロニー・モーガンに当たる。
リリー
演 - 福島リラ
キャバレー紅夢のステージで唄う歌姫。
高村 肇(たかむら はじめ)
演 - 堀部圭亮
亜以子の主治医で世志乃の夫。高村記念病院院長兼精神科部長。
原作のエドワード・ローリングに当たる。
正岡 虎一(まさおか とらいち)
演 - やべきょうすけ
通称:正虎(まさとら)。本名:木村 丸男(きむら まるお)。戦後に闇市、現在は賭場やキャバレーを取り仕切る元締。独立第361国境守備隊に徴兵されていた頃、同じ部隊に所属していた保に命を救われる。
原作のメンディー・メネンデスに当たる。
財前(ざいぜん)
演 - 岩松了
譲治に麻薬を売っている医師。
原作のヴェリンジャーに当たる。
六郎(ろくろう)
演 - 渡辺大知
廃墟と化した財前病院に棲みつき、門番だと名乗る男。
原作のアールに当たる。
バーテン
演 - 中嶋しゅう
バーヴィクターズのバーテン。
闇医者
演 - でんでん
磐二と繋がりがある闇医師。
中年女
演 - 石田えり
磐二に夫の浮気調査を依頼する。

ゲスト[編集]

複数話・単話登場の場合は演者名の横の括弧()内に表記。

第1話
北岡(きたおか)
演 - 國本鐘建(第3話 - 最終話)
キャバレー紅夢の支配人。
第2話
瀬々(ぜぜ)
演 - 小籔千豊
麻薬を客に売り捌いていると噂されている医師。
原作のレスター・ヴュカニックに当たる。
看護師1
演 - エド・はるみ
真面目な看護師。
看護師2
演 - 安藤玉恵
男あさりが趣味の看護師。
正虎の子分
演 - レイザーラモンHG(最終話)
正虎の用心棒。
原作のチック・アゴスティーノに当たる。
第4話
元隊員2
演 - 三浦誠己
元隊員1
演 - 水澤紳吾
上記2名は保や正岡と同じ独立第361国境守備隊に所属していた元兵隊。
歌手
演 - TAIGA
失踪したリリーの代わりにキャバレー紅夢の舞台に立つ。
佐々木
演 - 望月章男
刑事。岸田の部下。
最終話
中年男
演 - 春海四方
浮気をしている中年女の夫。

スタッフ(テレビドラマ)[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル
第1回 4月19日 色男死す
第2回 4月26日 女が階段を上る時
第3回 5月03日 妹の愛人
第4回 5月10日 墓穴にて
最終回 5月17日 早過ぎる
平均視聴率 4.9%[6](視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)
  • 最終回は『プロ野球 巨人広島』中継により30分繰り下げ(21:30 - 22:30)。
  • 本編は全回58分。BSプレミアムでも11月8日~12月5日の日程で午前0時から放送された。
  • 新曲を交え110分に再編集を行った「リミテッド・エディション」が12月6日にBSプレミアムで、2015年1月2日には総合テレビで放送される。

関連商品[編集]

サウンドトラック
公式本
ノベライズ
NHK 土曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
足尾から来た女
(2014.1.18 - 2014.1.25)
ロング・グッドバイ
(2014.4.19 - 2014.5.17)
55歳からのハローライフ
(2014.6.14 - 2014.7.12)

脚注[編集]

  1. ^ a b c The Long Goodbye (1973) - Full cast and crew” (英語). IMDb. 2013年1月30日閲覧。
  2. ^ 映画秘宝exオトナアニメex アニメクリエイターの選んだ至高の映画』66p
  3. ^ 『映画秘宝ex&オトナアニメex アニメクリエイターの選んだ至高の映画』62p-71p
  4. ^ 浅野忠信さん連続ドラマ初主演!『ロング・グッドバイ』”. NHK (2014年1月14日). 2014年1月14日閲覧。
  5. ^ 浅野忠信 : デビュー26年で初の連ドラ主演”. まんたんウェブ (2014年1月14日). 2014年1月14日閲覧。
  6. ^ 「発表! 第81回ドラマアカデミー賞」、『週刊ザテレビジョン関西版』第20巻33号(2014年8月22日号)、KADOKAWA2014年8月22日、 26頁。

注釈[編集]

  1. ^ 元メジャーリーガー。

学術的参考文献[編集]

  • 小野智恵「ポスト・ノワールに迷い込む古典的ハリウッド映画 ― 『ロング・グッドバイ』における失われた連続性」、『交錯する映画 ― アニメ・映画・文学』、映画学叢書(加藤幹郎監修、杉野健太郎編、ミネルヴァ書房、2013年3月)所収。

関連項目[編集]

  • ギムレット - 「Long Goodbye」がカクテル言葉となっている。
  • 矢作俊彦 - 二村永爾シリーズ第3作『ロング・グッドバイ(THE WRONG GOODBYE)』は、本作のオマージュとなっている。

外部リンク[編集]