ミューザ川崎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミューザ川崎シンフォニーホール 右側はミューザ川崎セントラルタワー
ミューザ川崎シンフォニーホールへの通路

ミューザ川崎(ミューザかわさき)は、神奈川県川崎市の「川崎西口地区第一種市街地再開発事業」として都市公団が施行した都市再生プロジェクトであり、以下の施設からなる。

概要[編集]

川崎駅西口再開発事業の一環として川崎市幸区に建設され、2003年12月に竣工した。

駅に隣接する立地条件を生かすため、オフィスビル(セントラルタワー)と文化・商業施設(シンフォニーホール)として作られた。 川崎駅西口からペデストリアンデッキで繋がっており、これまで拠点となる施設が無かった川崎駅西口の新しい名物となっている。またペデストリアンデッキで、駅の南東側の川崎日航ホテルや川崎ルフロンとも繋がっている。

天井崩落による休館[編集]

ミューザ川崎シンフォニーホール(大ホール)は2011年3月11日東日本大震災によって天井が大規模に崩落し、その結果2013年4月1日まで休館(公式サイトより)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]