東芝未来科学館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 東芝未来科学館
Toshiba Science Museum
Lazona Kawasaki Toshiba Building.jpg
東芝未来科学館の位置(神奈川県内)
東芝未来科学館
神奈川県内の位置
施設情報
専門分野 科学技術、電気製品、技術史、企業史
館長 岩切貴乃
事業主体 東芝
開館 2014年1月31日
所在地 212-8585
日本の旗 日本
神奈川県川崎市幸区堀川町72番地34
スマートコミュニティセンター(ラゾーナ川崎東芝ビル)2階
位置 北緯35度31分54.69秒 東経139度41分35秒 / 北緯35.5318583度 東経139.69306度 / 35.5318583; 139.69306
外部リンク http://toshiba-mirai-kagakukan.jp/index_j.htm
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

東芝未来科学館(とうしばみらいかがくかん)は、神奈川県川崎市幸区堀川町にある科学教育施設である。JR川崎駅前のラゾーナ川崎に隣接するスマートコミュニティセンター(ラゾーナ川崎東芝ビル)2階にある。

概要[編集]

東芝未来科学館は、2014年(平成26年)1月31日に開館した科学教育施設である。総合電機メーカー東芝が設置する企業博物館でもある。2013年(平成25年)秋に開所したスマートコミュニティセンター(同年春竣工のラゾーナ川崎東芝ビル)の2階にある。

前身は、同区小向東芝町の東芝小向工場(現・東芝研究開発センター)内に1961年(昭和36年)11月に設置され、2013年(平成25年)9月に閉館した東芝科学館である。

「人と科学のふれあい」をコンセプトとし、東芝グループの歴史、東芝製品の一号機や環境・エネルギー、社会インフラ、半導体、デジタルプロダクツなど近未来の社会・生活シーンを見据えた先端技術までを身近に学び、体験させることを目指す[1]

前身の東芝科学館は東芝の研究施設内に開設された科学館のため、日曜・祝祭日や東芝の休業日は休館日であったが、本科学館は土・日・祝も開館している。

開館時間など[編集]

開館時間
火 - 金曜日:9:30 - 17:00
土・日・祝:10:00 - 17:00
休館日
月曜日(祝日を除く)
第4日曜日
館の定める日
入館料
無料

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ コンセプト”. 東芝未来科学館 (2014年). 2014年8月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度33分0.3秒 東経139度41分34.5秒