村田陽一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
村田 陽一
生誕 (1963-07-25) 1963年7月25日(54歳)
出身地 日本の旗 日本静岡県静岡市
学歴 立正大学
ジャンル ジャズクラシックポップス
職業 演奏家作曲家編曲家音楽プロデューサー
担当楽器 トロンボーンユーフォニアム
レーベル 3 Views Label(スリー・ヴューズ・レーベル)[注 1]
事務所 BUG Corporation
共同作業者 村田陽一SOLID BRASS
村田陽一ORCHESTRA
村田陽一HOOK UP

村田 陽一(むらた よういち、1963年7月25日 - )は、日本トロンボーン奏者作曲家編曲家音楽プロデューサー静岡県静岡市出身。洗足学園音楽大学音楽学部ジャズ科客員教授。[1][2][3][4][5]

人物[編集]

ジャズを中心にしながらもポップスからクラシックまで幅広いジャンルで活動するミュージシャン[6]

これまでにJAGATARA米米CLUBBIG HORNS BEEオルケスタ・デ・ラ・ルスなど様々なバンドに在籍。近年は「村田陽一SOLID BRASS」、「村田陽一ORCHESTRA」、「村田陽一HOOK UP」と編成の異なる三つのバンドに加え、様々な編成でのライブ活動も精力的に行っている。また、プレイヤーとしても、実に10,000曲以上のレコーディング・セッションに参加している。ジャンルを問わないその活動は日本国内のみならず海外にも及び、海外遠征もモントルージャズフェスティバル、JAVA JAZZ(インドネシア)出演をはじめ多数にのぼる。海外ミュージシャンとの共演も多く、デヴィッド・サンボーンマイケル・ブレッカーランディ・ブレッカーボブ・ミンツァーフレッド・ウェズリータワー・オブ・パワーマーカス・ミラーら国際的なミュージシャンと共演。2010年にはイヴァン・リンスとのコラボレーションアルバムをリリースしている。[2][3][4][5]

精力的な演奏活動の一方、アレンジャーとして、椎名林檎[注 2]ゆず槇原敬之布袋寅泰井上陽水ピチカート・ファイヴ福山雅治サザン・オールスターズオリジナル・ラヴ小泉今日子スウィング・アウト・シスター山崎まさよしSMAP中森明菜渡辺貞夫など数多くのアーティストを手がけている。またクラシックや吹奏楽の分野においての作品提供も多く、山本浩一郎(シアトル交響楽団首席トロンボーン奏者)、箱山芳樹(新日本フィルハーモニー交響楽団首席トロンボーン奏者)、外囿祥一郎、東京佼成ウィンドオーケストラなどに委嘱作品を提供、2009年にはアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の、そして2017年にはNHK大河ドラマおんな城主 直虎』の吹奏楽版の編曲を担当した。TV番組の音楽のアレンジも多く、テレビドラマ古畑任三郎』のテーマやFNS歌謡祭の編曲などを担当している。[2][4][5]

2016年のリオオリンピック閉会式でのフラッグハンドオーバーセレモニーでは、使用された楽曲の一部の編曲と演奏を担当した[5]

2020年東京オリンピックパラリンピックに向け、1963年に制作された「東京五輪音頭」をリメイクした「東京五輪音頭-2020-」の楽曲アレンジを担当した[7]

略歴[編集]

※オフィシャルサイトなどのプロフィールを参照[2][3][4][5]

1975年
  • 12歳より市内のアマチュアオーケストラなどでトロンボーンを始める。
1980年
  • 「全日本ユース吹奏楽団」の一員としてアメリカ、メキシコで演奏。
1982年
  • 立正大学に進学。上京を機にジャズ等のポピュラー・ミュージックに転向し、頭角を現す。大学在学中よりプロ活動を開始。新宿PIT-INN、六本木PIT-INNを中心に、数多くのセッションを重ねる一方、自己のバンドを率いて活動を開始する。またJAGATARA米米CLUBなど様々なバンドにも籍を置く。
1988年
1989年
1990年
1991年
  • ファーストソロアルバムをリリース。これを機に「村田陽一Solid Brass」を結成。
1993年
1995年
  • 秋、文化庁主催芸術祭コンサートで「SOLID BRASS」にストリングスを加えたオーケストラでアレンジを披露する。
1996年
  • この年から3年間にわたって渡辺貞夫ビッグバンドのコンサートマスター、アレンジャー、音楽監督を兼務する。
  • 6月、「ファンク」をテーマにニューヨーク、アトランタ、ロサンジェルスの世界的ミュージシャンと共にレコーディングしたソロ・アルバム『HOOK UP』をリリース。
  • 8月『Mt.FUJI JAZZ FESTIVAL'96』に『村田陽一&村上“ポンタ”秀一 ワン・ナイト・オーケストラ』として出演。
1997年
2000年
  • 村上“ポンタ”秀一佐山雅弘と共に新レーベル「3viewsレーベル」(ビクターエンタテインメント)を設立。
  • 12月からBSフジ「ずっと好きな歌」のサウンド・プロデューサーを務める(2003年3月まで)。
2003年
  • ソロアルバム『ABSOLUTE TIMES』を発表。
2004年
  • 吉田美奈子 with ブラスアートアンサンブルのレコーディング、コンサートでの編曲、指揮を担当。
2005年
  • 開催の愛知万博において、「布袋寅泰 with 日本フィルハーモニーオーケストラ」のコンサートの編曲と指揮を担当。
2006年
  • この年より数年間、FNS歌謡祭のアレンジ、演奏を担当。
2008年
  • 6月、ヤマハジャズフェスティバルイン浜松'08にてTribute To「ブレッカー・ブラザーズ」と銘打ってランディブレッカーとジョイントし、ライブレコーディングを行い、同年10月にリリース。
  • 11月、椎名林檎のデビュー10周年記念ライブ「椎名林檎 (生)林檎博'08 〜10周年記念祭〜」に参加。
2010年
  • イヴァン・リンスとのコラボレーションアルバム『Janeiro』をリリース。
2011年
2012年
2014年
  • 4-5月、福山雅治の全国ドームツアー『FUKUYAMA MASAHARU WE'RE BROS. TOUR 2014 HUMAN』に参加。6月には海外公演『FUKUYAMA MASAHARU WE'RE BROS. TOUR 2014 in ASIA』に参加。
  • 11-12月、椎名林檎のアリーナツアー「椎名林檎 林檎博'14 -年女の逆襲-」 に参加。一部楽曲のライブアレンジも担当。
2015年
2016年
  • リオオリンピック閉会式フラッグハンドオーバーセレモニーの一部使用楽曲の編曲・演奏を担当[5]

所属グループ[編集]

JAGATARA
1986年から解散まで参加。在籍時には『裸の大様』『ニセ予言者たち』『ロビンソンの庭』『それから』(BMGビクター)と4枚のアルバムにアレンジャー、奏者として参加。
米米CLUB
1986年からホーンセクションのBIG HORNS BEEにアンデス村田として参加。
オルケスタ・デ・ラ・ルス
ホーンアレンジを担当。
BAND FOR "SANKA"
2008年に結成された北京オリンピックでの日本選手団応援を目的とするバンドプロジェクト。
SEATBELTS(シートベルツ)
作曲家・菅野よう子のバンド。

自身のリーダーバンド[編集]

村田陽一SOLID BRASS
村田陽一のリーダーバンド。基本編成はTp2、TbSax3、TubDrs/Percの8人編成で、ベースラインをチューバが奏でることで「管楽器とドラムのみのビッグバンド」を成立させている。メンバーはライブやアルバムごとにミュージシャンを集めて活動している。以下は過去在籍もしくは参加したことがあるミュージシャン。
村田陽一ORCHESTRA
  • 村田陽一(trombone, piano, Rhodes)
  • 津上研太(soprano sax, alto sax)
  • 竹野昌邦(tenor sax)
  • 山本拓夫(baritone sax, flute)
  • 奥村晶(trumpet)
  • 松島啓之(trumpet)
  • 青木タイセイ(trombone)
  • 三好功郎(guitar)
  • 納浩一(bass)
  • 岡部洋一(percussion)
  • 佐野康夫(drums)
  • 萩原顕彰(horn)
  • 次田心平(tuba)
村田陽一HOOK UP
ワンホーンにこだわったオリジナル曲中心のバンド。
  • 村田陽一(tb)
  • 小野塚晃(kb)
  • 小倉博和(gt)
  • 石成正人(gt)
  • 小松秀行(bs)
  • 佐野康夫(drs)
4 Bone Lines
2008年にNHK交響楽団東京都交響楽団のトロンボーン奏者らと結成したトロンボーン・カルテット。2枚のアルバムをリリースし、それにあわせて同年5月に東京文化会館にてリサイタルを開催。

主な仕事[編集]

アレンジ[編集]

プロデュース[編集]

劇伴・テーマソング作曲[編集]

ライブ・レコーディングのサポート[編集]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格 規格品番 レーベル 備考
1st 1991年 『SOLID BRASS』 CD バフアップ デビューアルバム。演奏は村田陽一(tb, b-tb, euph)、エリック宮城(p-tp, tp, flh)、菅坂雅彦(tp, flh)、原朋直(tp)、山本拓夫(fl, b-cl, ts, bs)、竹野昌邦(cl, ts)、本田雅人(ss, as)、関島岳郎(tuba)、佐藤潔(tuba)、仙波清彦(per)、村上"ポンタ"秀一(ds)、青山純(ds)、大友良英(turntable, g)、鳥山雄司(g)、菅野よう子(p)。1991年3月録音。
2009年05月20日 PUFF-106 VIVID SOUND
2nd 1993年4月21日 『SOLID BRASS II』 CD VICL-390 Roux/ビクターエンタテインメント 桑田佳祐が「Crosstown Traffic」(ジミ・ヘンドリックス作曲)を提供、ボーカルとしても参加。
2009年7月1日 VICL-70013
1993年11月21日 『DANCIN' to SOLID BRASS』 CD VICL-18105 ミニ・アルバム
2009年7月1日 SHM-CD VICL70014
2015年2月12日 MEG-CD MSCL-60575 ミュージックグリッド
1996年3月23日 『DOUBLE EDGE』/村田陽一SOLIDBRASS CD VICJ-227 ビクターエンタテインメント
1997年3月21日 『What's Bop?』/村田陽一SOLID BRASS CD VICJ-242
1999年6月23日 『HOOK UP』 CD VICJ-60388
2000年11月8日 『3 Views』/3 Views Producers CD VICJ-60664 3VIEWS/ビクターエンタテインメント 村上秀一率いるPONTA BOXと村田陽一率いるSOLID BRASSのコラボレーション盤。
2001年1月24日 『TIGHTNESS』/村田陽一SOLID BRASS CD VICJ-60731
2001年11月21日 『DECADE (REMIX, BEST&MORE)』/村田陽一SOLID BRASS CD VICJ-60840 アルバム・デビュー10周年を記念したソリッド・ブラスのRouxレーベル時代から『TIGHTNESS』までの5枚のアルバムからの本人の選曲よるリミックス&ベスト盤。
2003年7月23日 『ABSOLUTE TIMES』 CD VICJ-61129
2008年3月5日 『SAX & BRASS magazine presents Yoichi Murata Best』 CD VICJ-61552 ビクターエンタテインメント サックス&ブラス・マガジン編集部による選曲&監修のベスト・アルバム。
2008年4月19日 『4 Bone Lines Vol.1 CLASSICS』/4 Bone Lines CD KOCD-2523 佼成出版社 トロンボーン・カルテット「4 Bone Lines」のアルバム。
2008年6月7日 『4 Bone Lines Vol.2 MODERNS』/4 Bone Lines KOCD-2524
2008年10月22日 『TRIBUTE TO BRECKER BROTHERS』/村田陽一SOLID BRASS & Big Band featuring Randy Brecker CD VICJ-61580 ビクターエンタテインメント トリビュート・ライブの模様を収録したライブ・アルバム。
2009年4月29日 『COMPOSITIONS』/村田陽一オーケストラ CD EWCD-0161 ewe record 村田陽一率いるブラスビッグバンド「村田陽一オーケストラ」の初アルバム。オリジナル盤とカヴァー盤の2タイトルを同時リリース。
『STANDARDS』/村田陽一オーケストラ EWCD-0162
2010年7月21日 『Janeiro』/村田陽一、イヴァン・リンス SACDハイブリッド EWSA-0176 イヴァン・リンスとの共作アルバム。
2012年8月8日 『Tribute to Gil Evans Live at 新宿ピットイン』/村田陽一オーケストラ CD PILJ-0005 ピットインレーベル
2014年5月9日 『Tapestry』 CD SHCZ-0102 shiosai ZiZO Label

映像作品[編集]

  発売日 タイトル 規格 規格品番 レーベル 備考
ライブ 2012年8月27日 『村田陽一ソリッド・ブラス LIVE!!』/村田陽一ソリッド・ブラス DVD ATDV-284 アトス・インターナショナル

出演[編集]

関連人物[編集]

クラシック界[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2000年に村上“ポンタ”秀一佐山雅弘と共にビクターエンタテインメント内に新設したレーベル。
  2. ^ ソロ活動再開後の楽曲のブラス(管楽器)アレンジの数多くを手掛けている[6]
  3. ^ 作曲者の菅野よう子からの依頼を受けてメインテーマ曲「天虎」より、OP曲「虎の女」とその前奏にあたる「虎の子」の編曲を担当[8]
  4. ^ ホーンアレンジ。

出典[編集]

  1. ^ 洗足学園音楽大学音楽学部 ジャズ - 指導陣 村田陽一
  2. ^ a b c d 3 VIEWS 村田陽一 PROFILE”. Victor Entertainment (2014年10月16日). 2017年6月20日閲覧。
  3. ^ a b c プロフィール”. 村田陽一公式ブログ (2013年8月24日). 2017年6月20日閲覧。
  4. ^ a b c d 村田 陽一 略歴”. 株式会社フェイス音楽出版 (2013年8月24日). 2017年6月20日閲覧。
  5. ^ a b c d e f 村田陽一氏によるビッグバンド・サウンドメイキング徹底解説&ミニライブ”. 山野楽器 (2017年6月17日). 2017年6月20日閲覧。
  6. ^ a b 椎名林檎“率いる”バンド「MANGARAMA」、そのメンバーとは”. MusicVoice. 株式会社アイ・シー・アイ (2017年5月21日). 2017年10月25日閲覧。
  7. ^ 石川さゆり、加山雄三、竹原ピストルが歌う2020年版「東京五輪音頭」MV公開”. BARKS (2017年8月4日). 2017年10月25日閲覧。
  8. ^ 2017年1月26日のツイート”. 村田陽一ツイッター公式アカウント (2010年1月26日). 2017年10月25日閲覧。
  9. ^ 椎名林檎とトータス松本が銀座でデュエット、特別映像公開。Mステ出演も”. BARKS (2017年4月17日). 2017年10月25日閲覧。

外部リンク[編集]