市原ひかり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
市原ひかり
生誕 (1982-12-22) 1982年12月22日(37歳)
出身地

日本の旗 日本東京都武蔵野市

配偶者デビット・ネグレテ
学歴 洗足学園音楽大学卒業
ジャンル ジャズ
職業 演奏家
担当楽器 トランペットフリューゲルホルン
活動期間 2005年-
レーベル ポニーキャニオン
公式サイト 市原ひかりです。

市原 ひかり(いちはら ひかり、1982年12月22日 - )は、日本の女性ジャズトランペットフリューゲルホルン奏者。


略歴[編集]

2005年[編集]

2006年[編集]

  • ニューヨークにてレコーディングを行った2ndアルバム『Sara Smile』をリリース。
  • スイングジャーナル誌のゴールド・ディスクを受賞。
  • 第40回ジャズ・ディスク大賞のニュー・スター賞も受賞する。

2007年[編集]

  • 5月、2枚目に続くニューヨーク・レコーディングよる3rdアルバム『スターダスト』をリリース。

メンバーは、アダム・バーンバウム(p)、ジョージ・ムラーツ(b)、ビクター・ルイス(ds)、ウェイン・エスコフェリー(ts)、アーロン・ヘイック(as)と当代屈指の名手たちと収録。すべてが市原ひかり自身のオリジナルアレンジによるもの。

  • スイングジャーナル誌のゴールド・ディスクを受賞。

2008年[編集]

  • スイングジャーナル誌の第58回日本ジャズメン読者人気投票トランペット部門で第2位を獲得。
  • 11月、通算4枚目となるリーダーアルバム『JOY』をリリース。

2009年[編集]

  • 第59回日本ジャズメン読者人気投票トランペット部門で第2位を獲得[2][3]

2010年[編集]

  • 3月、カルテットでの『Move On』をリリース。

2011年[編集]

  • 6月、『UNITY』をリリース。

2012年[編集]

  • 11月、佐藤浩一とのデュオアルバム『Precioso』をリリース。

2014年[編集]

  • 10月、不朽の名作[華麗なるギャツビー]を題材に制作した『Dear Gatsby』をリリース。

2019年[編集]

  • 4月、アメリカで録音した初のボーカル、トランペット双方を収録した9thアルバム『Sings & Plays』を前作に引き続きポニーキャニオンよりリリース。


作品[編集]

  • 一番の幸せ(2005年8月・ポニーキャニオン)[4]
  • SaraSmile(2006年9月・ポニーキャニオン)
  • Sardust(2007年5月・ポニーキャニオン)
  • JOY(2008年11月・ポニーキャニオン)
  • MOVE ON(2010年3月・ポニーキャニオン)
  • UNITY(2011年11月・ポニーキャニオン)
  • Presioso(2012年11月・ポニーキャニオン)
  • Dear Gatsby(2014年10月・ポニーキャニオン)
  • SINGS & PLAYS(2019年4月・ポニーキャニオン)


出演[編集]

ラジオ[編集]

  • セッション2020(NHK FM・2020年1月26日)[5]
  • セッション2020(NHK FM・2020年5月30日)「選▽市原ひかりスペシャルプロジェクト」として再放送[6]

注釈[編集]

  1. ^ about
  2. ^ ポニーキャニオンアーティスツ アーティスト 市原ひかり
  3. ^ 成蹊学園ニュース&トピックス:2008年度:本学卒業生の市原ひかりさんがNHK「トップランナー」に出演しました
  4. ^ discography
  5. ^ セッション2020
  6. ^ セッション2020


外部リンク[編集]