てつ100%

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
てつ100%
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
活動期間 1984年 - 1989年
レーベル CBSソニー
旧メンバー メンバー参照

てつ100%(てつひゃくぱーせんと、またはてつワンハンドゥレットパーセンテージ)は、かつて存在した日本ロックバンド。代表曲は「TOKYO TACO BLUES」。

来歴[編集]

1984年、ボーカルの杉原徹を中心に活動開始。1985年8月、ヤマハEastWest'85に出場し、杉原徹がベストボーカリスト賞を受賞する[1]。同年9月、第30回ヤマハポピュラーソングコンテストつま恋本選会にて、『TOKYO TACO BLUES』で優秀曲賞を受賞する[2]

1986年、CBSソニーオーディションに合格し、同年11月にシングル『TOKYO TACO BLUES』でメジャーデビュー。1987年3月、ファーストアルバム『てつ100%』をリリース。以後、メンバーの交代を経て3枚のアルバムを発表し、1989年に解散した。

バンド解散後、ボーカルの杉原徹は数々の音楽ユニットで活動し、ラジオのパーソナリティ、CMのナレーションなどでも活躍している。梶野秀樹はベーシスト、作詞作曲編曲家として小泉今日子モダンチョキチョキズ松浦亜弥中澤裕子吉澤ひとみなどのサポートを行っている。最も著名となったのはキーボード担当の菅野よう子。CMソングの作曲からゲーム・アニメーション・映画のサウンドトラックを多数作曲し、広く知られるようになった。菅野はアルバムの半分近くを作曲し、ホーンセクションとストリングスの編曲を行っている[3]。ドラムスの佐野康夫や、サポートメンバーの村田陽一本田雅人など、菅野の作品にはてつ100%時代からの知り合いが参加している。そのほかのメンバーもバンド活動を通じて現役で活動中である。

2014年、販売が終了していたCDの再発売がSony Music Shopのオーダーメードファクトリーにてリクエスト方式で始まる。ファーストアルバム『てつ100%』がファーストシングル『TOKYO TACO BLUES』を加えた+1形式で商品化。

2016年、杉原徹・金子利招・梶野秀樹らオリジナルメンバーに新メンバーを加え、杉原の音楽活動とてつ100%結成30周年を記念するライブを開催。ライブアルバム『RE:CYCLE』をリリースした。2017年、18曲入りのベストアルバム『TETSU100%BEST+添加物2%』をリリース。

メンバー[編集]

オリジナルメンバー
再結成メンバー

作品[編集]

シングル[編集]

  1. TOKYO TACO BLUES/はじめての外泊 (1986年11月2日)

アルバム[編集]

  1. てつ100% (1987年3月5日)
    • 泪のグラタン/キング・コンブ/TOBACCO/やきもちの焼きかた/アメリカ/はじめての外泊/ウォッカ一杯の話/エレベーターにのって/素敵なセッティング/ガラス細工のつがい/Benicoに
  2. あと3cm (1987年11月1日)
    • 私の自転車/マンガ姫/いとしの森鴎外/ランドセルの時間/赤電話のむこうがわ/恋のダイエット/コレデモカ'88/避難訓練/電車がなくなる日/あと3cm
  3. Jack In the Box (1988年9月1日)
    • 君がたりない/恋のやまいだれ/ジェリー・ビーンズ/JA・まあいいか!/素顔のまま/HANDS DOWN〜恋のテレポート/…かもしれない/グシャグシャ恋ROAD/アディオ〜さようならのこと〜/真夏のサンタクロース
  4. 素直 (1989年7月21日)
    • 恋はパズル/ハリウッドにいこう/土曜日のスクリーン/君は避暑地/彼女はピーク/雨/夏に願いを/100万$の誕生日/サーカスのイヴ/あいしてる/2001年
  5. RE:CYCLE (2016年11月5日)
    • 2016年8月6日、横浜のライブハウスHey-JOEで行われた30周年記念ライブを収録(全11曲)。
  6. TETSU100%BEST+添加物2% (2017年1月18日)
    • シングルアルバムから選曲した17曲に、未発表曲「さよならアインシュタイン」を加えたベストアルバム。

脚注[編集]

  1. ^ EastWest'85 イベントアーカイブ - ウェイバックマシン(2010年1月23日アーカイブ分)
  2. ^ "第30回 ポピュラーソングコンテスト". ヤマハ音楽振興会. 2017年7月7日閲覧。
  3. ^ 『ミュージックマガジン 2009年7月号』 ミュージックマガジン、46頁。

外部リンク[編集]