堀込泰行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
堀込 泰行
生誕 (1972-05-02) 1972年5月2日(50歳)
出身地 日本の旗 日本埼玉県坂戸市
ジャンル ポップスロック
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカルギターコーラス
活動期間 1998年 -

堀込 泰行(ほりごめ やすゆき、1972年5月2日 - )は、日本シンガーソングライターである。埼玉県坂戸市出身[1]キリンジの元メンバー。

略歴[編集]

  • 西武学園文理高校卒業。
  • 亜細亜大学国際関係学部卒業。
  • 1996年、兄の堀込高樹キリンジ結成。1998年にメジャーデビューを果たす。
  • 2005年、ソロ・プロジェクト「馬の骨」[注釈 1]としての活動を開始。
  • 2013年4月12日、コンサートツアー「KIRINJI TOUR 2013」最終公演をもってキリンジを脱退した[2]
  • キリンジ脱退直後は、他のアーティストのライブへの客演やイベント等の出演が続いていたが、2014年7月、大阪・東京で初の単独ライブを行うことが発表され、また同年11月に配信限定シングル「ブランニュー・ソング」をリリースした。

人物[編集]

  • 大のホッピー好きであると言われていたが、実はそうではなくダイエット目的としてビールの代わりに飲んでいた時期もあった。
  • 高校時代はフォークソング部の部長を務め、当時からプロのミュージシャンを目指していた。バンドではレインボーデフ・レパードなどのハードロックを演奏していた。
  • クイーンを初めて聴いた時に衝撃をおぼえ、大ファンとなり実家ではたくさんのレコードジャケットを部屋中に飾っていた。また、それが縁で映画『ボヘミアン・ラプソディ』の試写会に招待されている。

ディスコグラフィー[編集]

「馬の骨」名義[編集]

シングル[編集]

  • 燃え殻 / Red light, Blue light, Yellow light[2005年6月22日]
    1. 燃え殻
    2. Red light, Blue light, Yellow light
  • センチメンタル・ジャーニー[2005年9月7日]
    1. センチメンタル・ジャーニー
    2. Red light, Blue light, Yellow light (Hiroyasu Yano Remix)
    3. センチメンタル・ジャーニー(カラオケ)
    4. Red light, Blue light, Yellow light (Hiroyasu Yano Remix Track)
  • クモと蝶[2009年9月9日]配信限定シングル
    1. クモと蝶

アルバム[編集]

  • 馬の骨[CD:2005年9月21日 / ANALOG:2017年3月22日]
    1. MY STOVE'S ON FIRE
    2. 最低速度を守れ!
    3. センチメンタル・ジャーニー
    4. 燃え殻(ファイル)
    5. 枯れない泉
    6. I WANT YOU, I NEED YOU, I LOVE YOU
    7. インタールード
    8. PING&PONG
    9. Red light, Blue light, Yellow light (Album Version)
    10. 季節の最後に
    11. 少しでいいのさ
    12. MY STOVE'S ON FIRE(Reprise)
  • RIVER[CD:2009年10月21日 / ANALOG:2017年3月22日]
    1. Fine Play
    2. クモと蝶
    3. Chewing Gum On The Street
    4. Carol
    5. 遠い季節
    6. Someday, Somewhere, Somebody
    7. だれかの詩
    8. Snow
    9. River
    10. To Be Continued

「堀込泰行」名義[編集]

シングル[編集]

  • ブランニュー・ソング[配信:2014年11月19日 / ANALOG:12月19日]
    1. ブランニュー・ソング
  • EYE [限定7-inchアナログ:2017年11月3日]
    1. EYE (+D.A.N.)
    2. EYE [Instrumental] (+ D.A.N.)

EP[編集]

  • GOOD VIBRATIONS 2[CD・ANALOG 2020年5月13日]
    1. Sunday in the park + STUTS
    2. 強く優しく + TENDRE
    3. 蟻と惑星(プラネット) +machìna
    4. スウィートソウル(Lovers Version) + LITTLE TEMPO
    5. サンシャインガール + SKIRT

アルバム[編集]

  • ”Choice” by 堀込泰行[CD:2016年4月20日]Billboard Records
    1. Cruel To Be Kind (Nick Lowe)
    2. Rich Girl (Hall & Oates)
    3. Copacabana (Barry Manilow)
    4. Light My Fire (The Doors)
    5. I Can’t Tell You Why (Eagles)
    6. So Far Away (Carole King)
    7. Oh Pretty Woman (Roy Orbison)
    8. This Masquerade (Leon Russell)
    9. It’s Not Unusual (Tom Jones)
    10. Tie A Yellow Ribbon Round The Ole Oak Tree (Tony Orlando & Dawn)
  • One[CD:2016年10月19日 / ANALOG:12月15日]
    1. New Day
    2. Shiny
    3. Waltz
    4. Wah Wah Wah
    5. ブランニュー・ソング
    6. Jubilee
    7. さよならテディベア
    8. Buffalo
    9. 最後の週末
    10. 僕らのかたち
  • What A Wonderful World[CD / ANALOG:2018年10月10日]
    1. WHAT A BEAUTIFUL NIGHT
    2. スクランブルのふたり
    3. HIGH & LOW
    4. home sweet home
    5. Destiny
    6. 砂漠に咲く花
    7. 足跡
    8. 泥棒役者
    9. Cheers!
  • FRUITFUL [CD / ANALOG:2021年4月21日]
    1. Stars
    2. Here, There And Everywhere
    3. 光線
    4. 5月のシンフォニー
    5. Sunday Driver
    6. 君と僕
    7. マイガール・マイドリーム
    8. 涙をふいて
    9. Stars(reprise)

楽曲提供[編集]

  • 作曲 かせきさいだぁ≡「風化の頃」(1998年8月21日発売のアルバム『SKY NUTS』に収録)
  • 作曲 Heaco「Winter Lovely Day」(1999年11月20日発売のアルバム『One Fine Day』に収録)
  • 作曲 ブレッド&バター「レイン of ラブ」(2001年6月20日発売の『HOT! CLOUD 9』に収録)
  • 作曲 Keyco「ハルニレ」(2002年2月6日発売のシングル「ハルニレ」に収録)
  • 作曲 山下久美子「ビタミン」(2002年5月22日発売のシングル「恋が死ぬ / ビタミン」に収録)
  • 作曲 松たか子「愛が私に教えてくれたこと」(2003年2月19日発売のアルバム『home grown』に収録)
  • 作曲 畠山美由紀「若葉の頃や」(2006年4月5日発売のアルバム『リフレクション』に収録)
  • 作曲 bird「記憶の水槽」(2006年10月4日発売のアルバム『BREATH』に収録)
  • 作曲 鈴木亜美 joins キリンジ「それもきっとしあわせ」(2007年3月14日発売のシングル「それもきっとしあわせ」に収録)
  • 作曲 MY LITTLE LOVER「jelly fish」(2007年8月22日発売のシングル「dreamy success」に収録)
  • 作詞・作曲 南波志帆「サンダル」(2008年11月18日発売のミニアルバム「はじめまして、私。」に収録)
  • 作曲 南波志帆「オーロラに隠れて」(2010年12月1日発売のシングル「オーロラに隠れて」に収録)
  • 作曲 一青窈「マフラー」(2012年6月27日発売のアルバム『一青十色』に収録)
  • 作曲 ハナレグミ「無印良人」(2015年8月19日発売のアルバム『What are you looking for』に収録)
  • 作曲 安藤裕子「夢告げで人」(2016年3月2日発売のアルバム『頂き物』に収録)
  • 作曲 ハナレグミ「ブルーベリーガム」(2017年10月25日発売のアルバム『SHINJITERU』に収録)
  • 作曲 YUKI「ただいま」(2019年2月6日発売のアルバム『forme』に収録)
  • 作曲 おかもとえみ「僕らtruth」(2019年10月9日発売のアルバム『gappy』に収録)
  • 作詞・作曲 坂本真綾「火曜日」(2019年11月27日発売のアルバム『今日だけの音楽』に収録)
  • 作詞・作曲・編曲 Kaede「花束」(2020年1月1日発売のアルバム『今の私は変わり続けてあの頃の私でいられてる。』に収録)
  • 作曲 早見沙織「遊泳」(2020年3月25日発売のミニアルバム「シスターシティーズ」に収録)
  • 作詞・作曲 月ノ美兎「部屋とジャングル」(2021年8月11日発売のアルバム『月の兎はヴァーチュアルの夢をみる』に収録)[4]
  • 作詞・作曲 藤井隆「ヘッドフォン・ガール -翼が無くても- 」(2022年3月8日発売の配信シングル「ヘッドフォン・ガール -翼が無くても- 」に収録)[5]

参加作品[編集]

ヴォーカル、コーラス[編集]

  • 『4D RAVEN』-青山陽一「Bugcity」(2001年6月6日発売)収録。
  • ミズモトアキラ featuring 堀込泰行『Fairground』-ミズモトアキラ「A.M.」(2002年9月28日発売)収録。
  • 堀込泰行・ハナレグミ・畠山美由紀『真冬物語』(2004年1月1日発売)
  • 『空想絵画 FEAT. 堀込泰行』-トベタ・バジュン「青い蝶」(2008年11月05日発売)収録。
  • 『FOOLS FALL IN LOVE sings with 堀込泰行』-土岐麻子「TOUCH」(2009年01月14日発売)収録。
  • 『Breezin’ feat. Yasuyuki Horigome』- FreeTEMPO「Life」(2010年3月10日発売)収録。
  • 『Seaside Heaven 3000 feat. 堀込泰行』-MACHO ROBOT「SPACE DRIVE」(2011年8月10日発売)収録。
  • 『未完成(feat. 堀込泰行)』『逆光のせい(reprise / feat. 堀込泰行)』-Mellowhead「Kanata」(2015年4月22日発売)収録。
  • 『口笛は春の雨』(2014年「HARCOの春フェス」ソング。堀込泰行、杉瀬陽子との共作)-HARCO「ゴマサバと夕顔と空心菜」(2015年4月22日発売)収録。
  • 『旅をしませんか』(リメイク版)(「江ノ島電鉄」、台湾「台湾鉄路管理局 平渓線」の観光プロモーション曲)-空気公団(2015年5月27日配信)収録。
  • 『五月雨二鳥』(作曲、コーラス)-杉瀬陽子「肖像」(2015年7月15日発売)収録。
  • 『金曜日のヴィーナス feat. 堀込泰行』-流線形/一十三十一「Talio」(2020年11月11日)収録。

CMソング、サウンドロゴ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「馬の骨」とは、中国で「役に立たないもの」を指す。なお、イカ天に出演したバンド「馬の骨」や、仙台のロックバンド「馬乃骨」とは関係が無い。

出典[編集]

外部リンク[編集]