向井滋春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
向井 滋春
生誕 (1949-01-21) 1949年1月21日(72歳)
日本の旗 日本
出身地 愛知県名古屋市
学歴 同志社大学
ジャンル ジャズ
職業 トロンボーン奏者
活動期間 1971年-
公式サイト 向井滋春 web site
著名使用楽器
King Trombore 3B Plus イエローベル[1]

向井 滋春(むかい しげはる、1949年1月21日 - )は、日本ジャズトロンボーン奏者。

来歴[編集]

愛知県名古屋市出身。愛知県立熱田高等学校に入学時に吹奏楽でトロンボーンを始めた[2]のがこの世界に入るきっかけになった。同志社大学入学時にはサードハード楽団に参加し、2年からはモダン・ジャズ・バンドにも参加しトロンボーンの腕前を磨いた。1971年に上京して、大友義男川崎遼のバンドで研鑽する。1976年にプロ・デビューし『For My Little Bird』を発表する[3]

1979年に約1年間ニューヨークに在住しフュージョン・ジャズに触発を受ける。この時に多くのアメリカで活躍していた各国のジャズ・ミュージシャンらの知己を得た。日本に帰国後はフュージョン・バンドを結成し、その後の向井のアルバムに各国のジャズ・ミュージシャンが多数セッション参加する動機となった。

1980年代には渡辺香津美の「KYLYN BAND(キリンバンド)」や「松岡直也&ウィシング」にも参加した。1980年代後半には親日家であるエルヴィン・ジョーンズが日本で結成したバンド「ジャパニーズ・ジャズ・マシーン」に参加してエルヴィンとともに約3年間、日本中を回り演奏活動をした。エルヴィンとの演奏を通してフュージョン・ジャズからモダン・ジャズの良さを改めて再認識し、その後の演奏に大きな影響を与えた。

1999年、『STANCE』(BMGビクター)の録音でマルグリュー・ミラーニコラス・ペイトンと共演した。洗足学園音楽大学音楽学部ジャズ科発足後以来客員教授を務め、2012年からは講師も兼任している。[4]

ディスコグラフィ[編集]

No. タイトル 発売日 備考
1 For My Little Bird 1976年 デビュー・アルバム
2 スペイシング・アウト 1977年 清水靖晃渡辺香津美大徳俊幸古澤良治郎元岡一英川端民生横山達治とのセッション
3 ヒップ・クルーザー 1979年2月 植松孝夫、元岡一英、渡辺香津美、橋本信二真鍋信一、古澤良治郎、横山達治、吉田和雄三島一洋ベラ・マリア山木秀夫、大徳俊幸、大貫妙子とのセッション
4 プレジャー 1980年10月 松岡直也ウォーレン・バーンハートホルヘ・ダルト川崎燎ジェフ・ミロノフニール・ジェイスンスティーヴ・ガッドラファエル・クルスナナ・ヴァスコンセロスとのセッション
5 マルガリータ/向井滋春モーニング・フライト 1981年2月25日
6 ORISSA 1982年 津垣博道高橋ゲタ夫トニー木庭ペッカー、川崎遼、塩次伸二宮野弘紀とのセッション
7 SO&SO 1983年2月 アストラッド・ジルベルト、ホルヘ・ダルト、イリアーヌ・イリアス、ジェフ・ミロノフ、アンソニー・ジャクソンオマー・ハキムマノロ・バドレーナとのセッション
8 On the Wing 1991年 ライブ盤
9 ザ・デイズ・オブ・ベターデイズ 1992年12月21日 アストラッド・ジルベルト、アンソニー・ジャクソン、渡辺香津美とのセッション
10 J5向井滋春Jクインテット・フィーチャリング・大西順子 1994年2月23日 大西順子山口真文ロドニー・ウィテカーグレッグ・ハッチンソンとのセッション
11 スタンス 1999年4月21日 村田陽一マルグリュー・ミラービリー・ハートルーファス・リードニコラス・ペイトンジョン・スタブルフィールド とのセッション
12 SUPER4BRASS 2001年1月12日 岡野等緑川英徳岡淳今泉正明山下弘治田鹿雅裕とのセッション
13 室内楽団八向山 2002年6月28日 山下洋輔八尋知洋とのセッション
14 向井滋春クインテットLIVE@BODY&SOUL 2003年5月27日 多田誠司今泉正明古野光昭江藤良人とのセッション
15 向井滋春FOUR TROMBONES 2003年5月25日 佐藤春樹中路英明堂本雅樹、今泉正明、山下弘治安藤正則とのセッション
16 Jazz Strings 2004年4月20日 里見紀子高橋亜聖成谷仁志平山織絵、今泉正明、山下弘治、岡部洋一とのセッション
17 プレイズスタンダード 2008年5月28日 池田篤道下和彦らとのセッション
18 Stretch Over 2011年12月14日 小島伸子福田重男、山下弘治、小山太郎とのセッション 向井滋春の初プロデュース作品

他に、むかい風(1975年)、Favorite Time(1976年)、JAPONESIA(1984年)などがある。

DVD[編集]

  • 向井滋春クインテットLIVE@BODY&SOUL

受賞[編集]

出典[編集]

  1. ^ 向井滋春 instrument”. SHIGEHARU MUKAI. 2019年2月2日16:00閲覧。
  2. ^ プロフィール| 向井滋春 | 日本コロムビアオフィシャルサイト” (日本語). 日本コロムビア公式サイト. 2021年1月14日閲覧。
  3. ^ 向井滋春 profile”. www.s-mukai.com. 2021年1月14日閲覧。
  4. ^ 洗足学園音楽大学音楽学部 ジャズ - 指導陣 向井滋春

外部リンク[編集]