東京上空いらっしゃいませ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京上空いらっしゃいませ
Tokyo Heaven
監督 相米慎二
脚本 榎祐平
製作 プロデューサー
海野義幸
安田匡裕
製作総指揮 企画 宮坂進
出演者 中井貴一
牧瀬里穂
笑福亭鶴瓶
音楽 村田陽一
小笠原みゆき
主題歌 井上陽水
帰れない二人
撮影 稲垣涌三
照明 熊谷秀夫
編集 北沢良雄
製作会社 ディレクターズ・カンパニー
松竹第一興行
バンダイ
配給 日本の旗 松竹
公開 日本の旗 1990年6月9日
シンガポールの旗 1991年3月28日
上映時間 109分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

東京上空いらっしゃいませ』(とうきょうじょうくういらっしゃいませ)は、1990年(平成2年)に公開された相米慎二監督の日本の長篇劇映画である。女優牧瀬里穂脚本家・榎祐平(のちの映画プロデューサー榎望)、それぞれのデビュー作である[1]

解説[編集]

一度は死んで天国に行ったものの、地上に舞い戻り最後まで一生懸命に生きようとする女性・ユウの姿を描くゴースト・ファンタジー[1]。1990年(平成2年)、相米慎二が所属したディレクターズ・カンパニー奥山和由プロデュース作品に多く出資した松竹第一興行を中心として製作され、松竹が配給して同年6月9日に全国松竹系で公開された。

第14回日本アカデミー賞では、牧瀬里穂が優秀主演女優賞、新人俳優賞を受賞した[2]第33回ブルーリボン賞第15回報知映画賞第64回キネマ旬報ベスト・テン第3回日刊スポーツ映画大賞第45回毎日映画コンクール第12回ヨコハマ映画祭では、牧瀬里穂がおなじく最優秀新人賞を受賞した[2]。1991年(平成3年)、第4回シンガポール国際映画祭に出品され、相米慎二がノミネートされたが受賞は逃した[2]

ブレイクするきっかけとなった「クリスマス・エクスプレス」のCMへ出演する前に撮影され本作で芸能界デビューとなった牧瀬里穂は、厳しい演技指導で知られる相米監督のもと撮影を耐え抜き[3]、その後、牧瀬はトップアイドルとなった。出門英は、本作の公開の8日後、同年6月17日に満47歳で死去し、本作が遺作となった[4]

1991年(平成3年)にバンダイからVHS、2001年(平成13年)にパイオニアLDC(現在のジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン)からDVDがそれぞれリリースされているが、いずれも廃盤である。

1995年1月2日の深夜にTBSで1度だけのカット版放送がされた。

2017年1月23日(月)午後1:00〜2:50 NHK BSプレミアムで放送された。

あらすじ[編集]

17歳の高校生で、キャンペーンガールとして売り出し中の神谷ユウ(牧瀬里穂)は、スポンサーの専務の白雪(笑福亭鶴瓶)から無理やり関係を求められるが、とっさに車の中から飛び出し、後続車にはねられ死んでしまう。だがユウは天国で会った死神のコオロギ(笑福亭鶴瓶2役)をだまして、自分の姿のまま地上に舞い戻ることに成功する。白雪は事故を隠蔽しながらキャンペーンを続けていたが、逆にそのために、ユウはまだ生きていると思われて地上での生活ができるのだった。マネージャーの雨宮文夫(中井貴一)のマンションに転がり込んだユウは、自分が死んだことを知っている人たちとは会えないが、それでもめげずに一から生きていこうと頑張り、ハンバーガー・ショップでアルバイトを始める。そんな矢先、白雪は突然計画を変更し、ユウの死を公表し追悼番組を計画する。一方、そんなひたむきなユウの姿を見ていじらしくなった雨宮は、ユウが地上で生きていけるよう、白雪に雑誌記者から預かった事故写真と引き換えにキャンペーンの続行をさせることを持ちかけて、白雪にユウを会わせようとする。しかし、ユウは自分の死を知っている人と会えば下界に留まることはできないとコオロギに言われていた。次第にユウと雨宮はお互い惹かれあうようになるが、その夜、天国に行く決心をしたユウは、白雪に会い、雨宮と車の中でキスを交わし、コオロギとともに東京上空に舞い戻るのであった。

キャスト[編集]

スタッフ・作品データ[編集]

エンドロール最後では、「空いた名前ふたつ 小島良雄[5]と中野俊夫[6]に捧げる」と、亡きスタッフへ献辞を捧げている。

[編集]

  1. ^ a b 東京上空いらっしゃいませ、キネマ旬報映画データベース、2010年2月6日閲覧。
  2. ^ a b c Tokyo Heaven, Internet Movie Database, 2010年2月6日閲覧。
  3. ^ CM NOW』1991年32号より
  4. ^ 東京上空いらっしゃいませ、allcinema ONLINE, 2010年2月6日閲覧。
  5. ^ 東洋音響効果グループ所属の音響効果技師
  6. ^ 録音技師。

外部リンク[編集]