ランディ・ブレッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ランディ・ブレッカー
Randy Brecker
Randy Brecker Kongsberg Jazzfestival 2018 (224735).jpg
Randy Brecker (2018)
基本情報
出生名 Randal Edward Brecker
生誕 1945年11月27日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ペンシルベニア州フィラデルフィア
ジャンル ジャズ
ロック
リズム・アンド・ブルース
担当楽器 トランペット
フリューゲルホルン
レーベル アリスタ・レコード
パスポート・レコード
GRPレコードほか
共同作業者 マイケル・ブレッカー
ブレッカー・ブラザーズ
ブラッド・スウェット・アンド・ティアーズ
公式サイト http://www.randybrecker.com/

ランディ・ブレッカーRandy Brecker1945年11月27日 - 、ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれ)は、アメリカ合衆国トランペットフリューゲルホルン奏者。

解説[編集]

ランディ・ブレッカーはジャズロックおよびR&Bのジャンルにおける著名な奏者であり、以下のような数多くのアーティストとともに演奏を行っている:スタンリー・タレンタインビリー・コブハムブルース・スプリングスティーンサンディップ・バーマンチャールズ・ミンガスブラッド・スウェット・アンド・ティアーズホレス・シルヴァーフランク・ザッパパーラメントクリス・パーカージャコ・パストリアスダイアー・ストレイツほか。

ランディ・ブレッカーは、インディアナ大学においてビル・アダムにトランペットを習った。

ランディはブラッド・スウェット・アンド・ティアーズのファーストアルバム『子供は人類の父である』(Child Is Father to the Man)で演奏を行っているが、後にバンド創設者のアル・クーパーとトランペット奏者のジェリー・ワイズが脱退した際に共にバンドを脱退した。ルー・ソロフが彼に代わって以降のアルバムに参加している。

彼は1973年に結成されたラリー・コリエルフュージョン・バンド「ザ・イレヴンス・ハウス」の創設メンバーでもあった。

ランディ・ブレッカーはジャズ・サクソフォーン奏者マイケル・ブレッカーの兄である。彼らは共同でバンド「ブレッカー・ブラザーズ」を結成した。このバンドは著名なファンク・フュージョン・バンドで、1970年代から1990年代にかけて数作のアルバムをレコーディングした。

1982年にブレッカー・ブラザーズが解散した後、ランディはジャコ・パストリアスワード・オブ・マウス・ビッグ・バンドに参加し、録音およびツアー活動を行った。その後間もなく彼はブラジルのジャズピアニストイリアーヌ・イリアスと出会い、後に結婚している(現在は離婚)。イリアーヌとランディは独自のバンドを結成し、数回の世界ツアーを行った他、共同制作のアルバム『アマンダ』をパスポート・レコードからリリースした。尚、二人の娘であるアマンダ・ブレッカーは後にヴォーカリストとしてデビューしている。

ランディ・ブレッカーは、GRPオールスタービッグバンドのメンバーでもある。

2001年夏、ランディはマイケルと共にブレッカー・ブラザーズをアコースティック・バージョンとして再結成してヨーロッパツアーを行い、また自らのアルバム『ハンギン・イン・ザ・シティ』の収録曲のプロモーションも行った。

ESCレコードから2003年4月にリリースされた『34TH・アンド・レックス』には、ランディ自身の作曲・編曲による11の楽曲が収録され、収録メンバーは通常ランディと共に演奏しているバンドメンバーに加えてデイヴィッド・サンボーン、マイケル・ブレッカー、フレッド・ウェズリーロニー・キューバーらによる「ドリーム・ホーン・セクション」およびランディの現在の夫人であるイタリアのテナーサクソフォーン奏者アダ・ロヴァッティが参加している。

ディスコグラフィ[編集]

リーダー・アルバム[編集]

  • 『スコア』 - Score (1969年、Solid State)
  • 『アマンダ』 - Amanda (1985年、Passport) ※with イリアーヌ・イリアス
  • 『イン・ジ・イディオム』 - In the Idiom (1986年、Denon)
  • 『ライブ・アット・スイート・ベイジル』 - Live at Sweet Basil (1988年、GRP)
  • 『トー・トゥ・トー』 - Toe to Toe (1990年、MCA)
  • Paris By Night (1993年、Soul Note) ※with ニールス・ラン・ドーキーダニエル・ユメールクリス・ミン・ドーキー
  • 『イントゥ・ザ・サン』 - Into the Sun (1995年、Concord)
  • 『ハンギン・イン・ザ・シティ』 - Hangin' in the City (2001年、ESC)
  • 『34TH・アンド・レックス 』 - 34th N Lex (2003年、ESC)
  • 『サム・スカンク・ファンク:ソウル・バップ・バンド・ライヴ』 - Soul Bop Band Live (2004年、BHM Productions) ※with ビル・エヴァンス
  • 『サム・スカンク・ファンク』 - Some Skunk Funk (2005年、Telarc) ※with マイケル・ブレッカーヴィンス・メンドーザ第49回グラミー賞(最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム)
  • 『ランディ・イン・ブラジル』 - Randy in Brasil(2006年11月録音)(2008年、MAMA) ※第51回グラミー賞(最優秀コンテンポラリー・ジャズ・アルバム)
  • 『ノスタルジック・ジャーニー:ティコチン・ジャズ組曲』 - Nostalgic Journey: Tykocin Jazz Suite (2009年、Summit)
  • The Jazz Ballad Song Book (2011年、Half Note/Red Dot) ※with The Danish Radio Big Band
  • Plays Wlodek Pawlik's Night In Calisia (2013年、Summit) ※ポーランドのカリシュにおけるライブ。第56回グラミー賞(最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム)
  • 『ザ・ブレッカー・ブラザーズ・バンド・リユニオン』 - The Brecker Brothers Band Reunion (2013年、Piloo)
  • Dearborn Station (2015年、Jazzed Media) ※with デポール大学ジャズ・アンサンブル
  • 『トランペット・サミット・プラハ』 - Trumpet Summit Prague: The Mendoza Arrangements Live (2015年、Summit) ※with ボビー・シュー英語版、ヤン・ハーズネル。プラハにおけるライブ
  • Randy Pop! (2015年、Piloo) ※ニューヨーク「ブルーノート」におけるライブ
  • Together (2018年、MAMA) ※with マッツ・ホルムキスト、UMOジャズ・オーケストラ
  • Rocks (2019年、Jazzline) ※with NDRビッグ・バンド

ブレッカー・ブラザーズ[編集]

GRPオールスター・ビッグバンド[編集]

  • 『ライヴ・イン・ジャパン!』 - Dave Grusin Presents GRP All-Star Big Band Live! (1993年、GRP)
  • 『オール・ブルース』 - All Blues (1995年、GRP)

参加アルバム[編集]

参考文献[編集]

  • 『JAZZトランペット』ジャズ批評編集部編、松坂〈ジャズ批評ブックス〉、2001年、40-41頁。ISBN 491555709X

外部リンク[編集]