さかいゆう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さかい ゆう
生誕 1979年9月20日(36歳)
出身地 日本の旗 日本高知県土佐清水市
ジャンル J-POPR&B
職業 シンガーソングライター
担当楽器 キーボード
活動期間 2002年 -
レーベル 江戸屋レコード(2006年 - 2009年
Ariola Japan(2009年 - )
事務所 オフィスオーガスタ(2009年 - )
公式サイト さかいゆう Official Web Site
マーヴィン・ゲイ
ダニー・ハサウェイ
小谷美紗子など

さかい ゆう男性1979年9月20日 - )は、日本シンガーソングライター高知県土佐清水市出身。星座乙女座血液型B型。本名は酒井 優(さかい ゆう)。所属事務所はオフィスオーガスタ

概要[編集]

独自のグルーブ感とポップセンス、そして透明感のあるハイトーンヴォイスが特徴。キャッチコピーは“涙をいざなうシルキー・ヴォイス”(デビュー前は“天才スウィート・ボイスの珍獣”)。

ポップ・ミュージックであることを前提とし、「ポップという“縛り”のなかで、それをどんなふうに壊していけるか」という事を楽しみながら楽曲制作を行っているという。

略歴[編集]

高知にて漁師の息子として生まれる。幼少の頃から歌う事を好み、両親の影響で美空ひばりなどの演歌、民謡を聞いて育つ。土佐塾高校卒業後18歳の時に、ミュージシャン志望の友人の影響で音楽に目覚める。20歳で上京し、東京スクールオブミュージック専門学校に入学。

22歳の時、単身でロサンゼルスに渡り、独学でピアノを始める。現地の教会でのゴスペルに感銘を受け、自身も作曲・演奏活動を開始。ダウンタウンストリートライブをしながら、アメリカSOULR&BJAZZHIP HOPなどのアーティストと交友を深め、多くの影響を受ける。

アメリカ在住中、ドクタードリトル音楽プロデューサーのI-ROCKに認められ、元ボーイズ・II・メンのマークネルソンらと作曲活動を始めるが、ビザが切れ1年で帰国。帰国後、シンガー・ソングライター/キーボーディストとして他アーティストへの楽曲提供、バックボーカルとして音楽活動を始める。

2006年4月5日、アルバム『ZAMANNA』でインディーズ・デビュー。収録曲「Midnight U...」はiTunes Music storeで「今週のシングル」に選出され、全国FM局を中心に話題となった。また、竹内朋康SWING-O鈴木渉、小森耕造と共に「さかいゆうバンド」と称される自身のバンドを結成し、2007年より渋谷PLUGでライブイベント「What's goin' on」を不定期で行うようになる。

2009年10月7日、シングル「ストーリー」で、オーガスタレコード第三弾新人としてメジャー・デビュー

2014年音楽ドキュメンタリー映画『LOVE SESSION』に出演。

作品[編集]

インディーズ[編集]

# タイトル リリース日 収録曲
1 ZAMANNA 2006年04月05日
2 Yu,Sakai 2008年01月23日
デモ音源 DEMOTRACKS 2009年

メジャー[編集]

シングル[編集]

CDシングル[編集]
# タイトル リリース日
1 ストーリー 2009年10月07日
2 まなざし☆デイドリーム 2010年02月03日
3 君と僕の挽歌 2012年04月25日
4 僕たちの不確かな前途 2013年04月24日
5 薔薇とローズ 2013年10月23日
6 ジャスミン 2015年10月21日
配信リリース[編集]
# タイトル リリース日 収録曲
1 train 2010年5月12日
2 Lalalai 2012年2月29日
EP[編集]
# タイトル リリース日
01 サマーアゲインEP 2014年9月3日

アルバム[編集]

ミニ・アルバム[編集]
# タイトル リリース日
01 ONLY YU 2011年3月9日
オリジナル・アルバム[編集]
# タイトル リリース日
1 Yes!! 2010年6月23日
02 How's it going? 2012年5月23日
03 Coming Up Roses 2014年1月15日
04 4YU 2016年2月03日
コラボレーション・アルバム[編集]
# タイトル リリース日
1 さかいゆうといっしょ 2015年2月4日
配信限定[編集]
タイトル リリース日 収録曲
Live from Tokyo 2010年9月1日

コンピレーション[編集]

  • Nu JAM (2007年08月08日)
2. Hey ya! (Outkast)
9. Devil's pie (D'Angelo)
  • shibuya NUTS presents 「This is...」 (2008年12月10日)
14. 禁断の果実 (作曲:DJ JIN)
  • 雪と花の子守唄 -バカラック・ララバイ集- (2009年3月10日)
7. Alfie (Burt Bacharach)
  • FUNKY POP (2009年3月18日)
5. 今夜はブギー・バック (NICE VOCAL) (小沢健二 featuringスチャダラパー)
9. つつみ込むように (MISIA)
  • 月ノうた (2009年6月24日)
13. 夢見月
  • 福耳 THE BEST ACOUSTIC WORKS (2010年7月21日)
6. ピアノとギターと愛の詩 (大橋卓弥 + さかいゆう)
9. train <with PIANO>
  • HOME 〜山崎まさよしトリビュート〜 (2010年9月29日)
11. One more time, One more chance (山崎まさよし)
  • We Love Mackey (2011年1月12日)
8. 遠く遠く (槇原敬之)
  • We Love Piano Man:トリビュート・トゥ・ビリー・ジョエル (2014年5月21日)
2. ストレンジャー(Billy Joel)

参加楽曲[編集]

  • Grooveline アルバム『THE MISSING KEY』(2005年8月10日)
    • 2 late(featuring yu sakai)
  • BROSTARR アルバム『BROSTARR'S TOWN』(2006年2月2日)
    • BRAND NEW DAYZ feat.YOU
  • 小林香織 アルバム『FINE』(2006年3月3日)
    • What's Goin' On
  • ロケットマン アルバム『THE SOUND OF MUSIQUE』(2007年5月9日)
    • IN THE LIGHT feat.Yu Sakai
  • 45 アルバム『HELLO FRIENDS』(2008年2月6日)
    • UNDERGROUND SUPERSTAR W. Yu Sakai
  • cro-magnon アルバム『III』 (2008年9月10日)
    • Windy Lady featuring Yu Sakai
  • KREVA シングル『』(2009年3月18日)
    • 生まれてきてありがとう (feat.さかいゆう)
  • マボロシ アルバム『マボロシのシ』(2009年3月25日)
    • 記念日 feat.さかいゆう
  • thirdiq - アルバム『who may find love in the imaginary axis』(2009年9月16日)
    • lovers fiction(feat. Yu, Sakai)
  • KOHEI JAPAN アルバム『大人チャレンジ』(2010年7月28日)
    • シロクジ feat. さかいゆう
  • Love For Japan シングル『Love For Will Find a Way』(2011年5月31日) ※iTunes配信限定。
    • Love Will Find a Way
  • RHYMESTER アルバム『フラッシュバック、夏。』(2011年7月27日)
    • Magic Hour feat. さかいゆう
  • 冨田ラボ アルバム『Joyous』(2013年10月23日)
    • 僕の足跡(ソクセキ)〜I follow the sun〜 feat. さかいゆう
    • 都会の夜 わたしの街 feat. 原由子, 横山剣, 椎名林檎, さかいゆう
    • いつもどこでも feat. さかいゆう
    • この世は不思議 feat. 原由子, 横山剣, 椎名林檎, さかいゆう
  • Ovall アルバム『DAWN』(2013年11月20日)
    • Hold You feat. Yu Sakai

楽曲提供[編集]

その他[編集]

  • 福岡ソフトバンクホークス 公式戦 アサヒスーパードライスペシャル2011 ジングル(2011年)
  • オールナイトニッポンジングル (2009年10月5日 - 2011年12月31日)

脚注[編集]

  1. ^ Negicco新曲は「矛盾、はじめました。」 土岐麻子&さかいゆう共作”. ORICON STYLE (2016年1月31日). 2016年2月1日閲覧。

外部リンク[編集]

オフィスオーガスタ
SonyMusic
その他