思い出のメロディー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

思い出のメロディー』(おもいでのメロディー)は、1969年以来毎年8月に放送されているNHKの大型公開音楽番組である。

概要[編集]

本番組は、NHKの主要な音楽番組特番のひとつで、「夏の紅白」とも呼ばれている[1][2]

平年は、8月の第2ないし第3土曜日19:30から概ね21時前までNHK総合[注 1]ラジオ第1[注 2]と海外向けのNHKワールド・プレミアム[注 3]NHKワールド・ラジオ日本の各チャンネルで同時放送する。2018年までは中断ニュースを挟んで22時まで約2時間ないし2時間半放送されていた。

総合テレビは字幕放送を実施している[注 4]ステレオ放送開始は第12回(1980年)から実施されている。

番組開始当初は渋谷公会堂[注 5]が会場とされたが、NHKホールが完成した第5回(1973年)以降は原則同所で開催されている[注 6]

司会は1 - 3人の体制で、そのうち1人はNHKアナウンサーが起用されることが恒例。現職のNHKアナウンサーが一切起用されなかったケースは第25回(1993年)、第26回(1994年)の2回のみ[注 7]。NHK関係者は本番組の司会選出基準について、「原則として同年のNHK番組に貢献していること」と語っている[3]。なお、民放のアナウンサー出身者が司会に選出されたケースは、紅白では実例があるが、本番組では1人もいない。

各年、テーマに沿った昭和の名曲・懐メロを中心に、視聴者から寄せられたリクエストやエピソード[注 8]などで構成される。

元々は放送開始が1969年ということもあり、昭和一桁(1920年代後半)から30年代(1955年から1965年)までの流行歌がメインで取り上げられている[注 9]が、時代の流れによる視聴者の世代交代に合わせてアイドル歌謡曲ロック平成の楽曲の割合が増えてきている[注 10]

『NHK紅白歌合戦』では忌避される傾向にある任侠ものの演歌も、本番組では歌われることがある。また、1960年代から70年代前半にかけて、性的表現などを理由にNHKが規制していた楽曲が2000年代以降に本番組で歌われることがあった。

第7回(1975年)から第19回(1987年)までのオープニングでは、かつてラジオ第1で放送されていた歌謡番組『今週の明星』のテーマソングが歌われていた。

番組のラストでは、全出演者が登場しての大合唱が行われた。

2020年東京オリンピックの開催時期のため、それを優先し放送しない予定だった。しかし新型コロナウィルス感染症の影響で延期となり、穴が開いたため8月8日に『ライブ・エール 〜今こそ音楽でエールを〜』なる代替音楽番組が行われ[4]、翌2021年も東京オリンピック開催後の8月14日に同番組が放送された。

2022年以降は「思い出のメロディー」と「ライブ・エール」のどちらが行われるか、両方が行われるか未定。

2001年以降は本番組の近畿地方版『わが心の大阪メロディー』が放送されている。

また、放送が開始される9年前の1960年11月26日に午後1:00~午後2:00という放送枠で同名の番組が放送されていた。出演者には藤山一郎渡辺はま子内海一郎等がいた。

チャンネル銀河にて90年代以降の数本が再放送されていた。(お便りの視聴者名紹介もそのまま)

放送リスト[編集]

回数 放送日 会場 歴代司会者 放送形態 備考
男性 女性
第1回 1969年8月2日 渋谷公会堂 宮田輝 (なし) 生放送
第2回 1970年8月8日 大阪万博万国博ホール
第3回 1971年8月14日 渋谷公会堂
第4回 1972年7月29日
第5回 1973年8月4日 NHKホール
第6回 1974年8月3日 山川静夫 佐良直美 収録
第7回 1975年8月2日 相川浩 倍賞千恵子
第8回 1976年8月7日 森光子
第9回 1977年8月13日
第10回 1978年8月12日
第11回 1979年8月11日 芳村真理
第12回 1980年8月9日 山川静夫 竹下景子
第13回 1981年8月8日 相川浩 星野知子
第14回 1982年8月7日 原日出子
第15回 1983年8月13日 森光子
第16回 1984年8月18日 紺野美沙子
第17回 1985年8月17日 美空ひばり
第18回 1986年8月16日 荻野目慶子
第19回 1987年8月8日 桜田淳子
第20回 1988年8月13日 (なし) 杉浦圭子
第21回 1989年8月12日 大阪城ホール 笑福亭仁鶴 大阪市制100周年
第22回 1990年8月11日 NHKホール (なし)
第23回 1991年8月10日 葛西聖司
徳田章
(なし)
第24回 1992年8月15日 西田敏行
徳田章
泉ピン子
第25回 1993年8月14日 鈴木健二 東ちづる
第26回 1994年8月13日 大阪城ホール 桂文珍 和田アキ子 関西国際空港開港記念
第27回 1995年8月12日 愛知県芸術劇場 宮本隆治 竹下景子 名古屋放送局開局70周年記念
第28回 1996年8月17日 NHKホール
第29回 1997年8月16日 松坂慶子 生放送
第30回 1998年8月8日
第31回 1999年8月14日 神奈川県民ホール 黒木瞳
第32回 2000年8月12日 NHKホール 紺野美沙子
第33回 2001年8月11日 国仲涼子
第34回 2002年8月10日 大宮ソニックシティ 高島礼子
第35回 2003年8月9日 NHKホール 仲間由紀恵
第36回 2004年8月7日 松坂慶子
第37回 2005年8月16日[注 11] 船越英一郎 黒崎めぐみ
第38回 2006年8月12日 堀尾正明 秋吉久美子
第39回 2007年8月11日 三宅裕司 島津有理子
第40回 2008年8月30日 氷川きよし
阿部渉
松坂慶子 収録
第41回 2009年8月22日 伊東四朗
小田切千
菊川怜
第42回 2010年8月21日 三宅裕司
小田切千
松下奈緒
第43回 2011年8月13日 NHK大阪ホール 井ノ原快彦V6[5] 有働由美子[5] 生放送
第44回 2012年8月18日 NHKホール 市川猿之助 黒崎めぐみ 収録
第45回 2013年8月10日 斎藤工[6]
石澤典夫
[6] 生放送
第46回 2014年8月9日[注 12] 綾小路きみまろ[7]
高山哲哉[7]
仲間由紀恵[7]
第47回 2015年8月8日 北島三郎[8]
阿部渉[8]
松坂慶子[8]
第48回 2016年8月27日 萩本欽一[9]
高山哲哉[9]
高畑充希[9] 収録
第49回 2017年8月5日 氷川きよし 有働由美子 生放送
第50回 2018年8月18日 氷川きよし[10]
高瀬耕造[10]
木村佳乃[10] 収録
第51回 2019年8月17日 東山紀之[11] 小野文惠[11]

各局の夏の大型音楽番組[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ BS2では第38回(2006年)より収録BShiでは第38回(2006年)までは生放送で第39回(2007年)以降は収録となっていたが、BSプレミアムへの整理・統合に伴い第42回(2010年)を最後に打ち切り。
  2. ^ かつてラジオ放送はNHK-FMで行なわれ、テレビ放送されてから数日空けて放送されていた。
  3. ^ スクランブル配信。
  4. ^ かつて放送されていたBS2、BSハイビジョンの時差放送でも撮って出し形式での放送のためリアルタイム字幕放送と同等のレベルもしくは一部修正を施した上で通常の収録番組と同じくラグなしで表示する字幕放送を行っていた。
  5. ^ なお第2回(1970年)は大阪万博万国博ホールで開催。
  6. ^ 改修工事などでNHKホールが使えない場合や、地方特有の記念イベントがある場合などは地方の会場で行われることもある。また第43回(2011年)は当初はNHKホールでの開催予定だったが、福島第一原子力発電所事故による東京電力管内の電力不足が懸念された事から、その省エネ対策の一環として会場をNHK大阪ホールに変更して生放送された(ラジオは翌週に録音放送)。
  7. ^ ちなみに、第25回の司会の1人である鈴木健二は放送時点でNHKアナウンサーOBだった。
  8. ^ 戦禍や復興の労苦を思う気持ちを寄せる葉書が多数紹介されている。
  9. ^ 多数取り上げられるようになった(基本的に物故・引退歌手の映像出演を行わないので古い歌手がどんどん少なくなっていくという事情もある)。
  10. ^ 2000年代に入ってからは演歌歌謡曲に限られなくなり、和製ポップスも取り上げられるようになった。2000年代以降の傾向としては、第37回(2005年)は明るい楽曲が主体であった。愛知万博にちなんで「世界の国からこんにちは」が歌われたり田原俊彦の「抱きしめてTONIGHT」・南野陽子の「はいからさんが通る」など、本番組にしては比較的新しい1980年代後半の楽曲まで選曲された。
  11. ^ 第37回(2005年)は当該日の8月13日NHKプロ野球巨人阪神戦)を放送するため3日後の8月16日の火曜日に開催(19:30 - 22:00)となった。
  12. ^ 放送枠は19:30 - 20:50(第1部)・21:00 - 22:00(第2部)(20:50 - 21:00は「ニュース・気象情報」のため一時中断)の予定だったが、直前の『NHKニュース7』が台風11号関連のため10分。更に本番組の第1部と第2部の間の「ニュース・気象情報」が台風関連のため10分延長された事で19:40 - 21:00(第1部)・21:20 - 22:20(第2部)に変更された。なお、愛知県岐阜県三重県では東海3県の台風関連ニュース放送に伴い、第1部の途中で打ち切ったため、2014年8月31日の13:00 - 15:20に第1・2部を通しの撮って出し(いわゆる疑似生放送)で改めて放送した。
  13. ^ 『ゴー・ウエスト』(人形劇『飛べ!孫悟空』挿入歌)では、元ドリフ見習いだったすわ親治も出演。
  14. ^ 2019年までは『FNSうたの夏まつり』。

出典

  1. ^ 合田道人『紅白歌合戦の舞台裏』
  2. ^ “あまちゃん:アキと夏ばっぱが「思い出のメロディー」プレゼンターに”. まんたんウェブ. (2013年7月24日). https://mantan-web.jp/article/20130724dog00m200044000c.html 2021年7月31日閲覧。 
  3. ^ “紅白司会は吉高由里子 “本命”仲間由紀恵が「ノー」のワケ”. 日刊ゲンダイ: p. 1. (2014年10月7日). https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/153888 2021年7月31日閲覧。 
  4. ^ “NHK「思い出のメロディー」今年は放送予定なし”. スポーツニッポン. (2020年7月22日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/07/22/kiji/20200722s00041000256000c.html 2021年7月31日閲覧。 
  5. ^ a b 福田, 麗 (2011年7月21日). “V6・井ノ原快彦、「思い出のメロディー」司会者に挑戦!ジャニーズが歌うヒーローメドレーも!”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0033947 2021年7月31日閲覧。 
  6. ^ a b “思い出のメロディー:杏&斎藤工司会で6年ぶり生放送”. まんたんウェブ. (2013年7月4日). https://mantan-web.jp/article/20130704dog00m200048000c.html 2021年7月31日閲覧。 
  7. ^ a b c “NHK『思い出のメロディー』で宝塚歌劇団100周年スペシャルステージ”. ORICON NEWS. (2014年7月31日). https://www.oricon.co.jp/news/2040415/full/ 2021年7月31日閲覧。 
  8. ^ a b c “NHK“夏の紅白”『思い出のメロディー』総合司会に北島三郎。「温かい番組に出来れば」”. BARKS. (2015年7月14日). https://www.barks.jp/news/?id=1000117679 2021年7月31日閲覧。 
  9. ^ a b c “高畑充希、夏の“紅白”で初司会 思い出のメロディー』8・27放送”. ORICON NEWS. (2016年7月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2075372/full/ 2021年7月31日閲覧。 
  10. ^ a b c “木村佳乃、紅白司会に意欲 「思い出のメロディー」で音楽番組の司会初挑戦”. サンケイスポーツ. (2018年8月5日). https://www.sanspo.com/article/20180805-XYXTBXUUOFJNHLTKYQABIKQFGQ/ 2021年7月31日閲覧。 
  11. ^ a b c “小林幸子の巨大衣装から東山紀之&後輩によるステージまで<第51回 思い出のメロディー>”. ザテレビジョン. (2019年8月17日). https://thetv.jp/news/detail/200087/ 2021年7月31日閲覧。 
  12. ^ “兄弟げんか…解散から5年 狩人再結成”. 日刊スポーツ. (2012年7月19日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20120719-985818.html 2021年7月31日閲覧。 
  13. ^ “高田みづえ「緊張」の2曲、30年ぶり歌番組出演”. 日刊スポーツ. (2015年8月8日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1520111.html 2021年7月31日閲覧。 
  14. ^ “氷川きよしが夏の紅白で司会 ひふみんがゲスト出演”. サンケイスポーツ. (2017年7月18日). https://www.sanspo.com/article/20170718-7J6P2KBDTJKK7MJZRPDHG6BTLM/ 
  15. ^ “あみんが10年ぶり復活 ひふみん出演も決定 NHK「思い出のメロディー」”. デイリースポーツ. (2017年7月18日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/07/18/0010381352.shtml 
  16. ^ “NHK「思い出のメロディー」で野口五郎と西城秀樹さんが“共演”果たす”. デイリースポーツ. (2018年8月1日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/08/01/0011500434.shtml 2021年7月31日閲覧。 
  17. ^ “Wink一夜限りの復活 NHK思い出のメロディー”. 日刊スポーツ. (2018年8月5日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201808040000904.html 2021年7月31日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]