東京佼成ウインドオーケストラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

東京佼成ウインドオーケストラ(とうきょうこうせいウインドオーケストラ、Tokyo Kosei Wind Orchestra、TKWO)は、立正佼成会を母体とした、日本のプロ吹奏楽団である[1]

概要[編集]

『鑑賞する吹奏楽』の普及をめざし[要出典] 、室内楽のような小編成の楽曲から、大編成の楽曲まで様々な規模で演奏している。

1960年5月、宗教法人立正佼成会式典行事のための楽団「東京佼成吹奏楽団」の名称、20数名の団員で発足した。当時、日本国内における吹奏楽団の指揮者の多くは軍楽隊出身者であったが、当該楽団はいち早くクラシック界から指揮者を招き、活動の幅を広げた。

1970年代に入り、真のプロ吹奏楽団の道を歩むために新しい組織作りを模索する。これをきっかけとして常任指揮者を迎えると共に、1973年に名称を東京佼成ウインドオーケストラと改称した。

1980年以降、海外から積極的に指揮者を招き、コンサートレコーディングを行っている。これまでにレコーディングしたLP及びCDは300タイトルを超えている。[要出典] 一時、レコーディングの大部分を担っていた関連会社佼成出版社が音楽事業を廃止したためにCDの発売が滞っていたが、近年、積極的なCDリリースを再開している。[要出典]

全日本吹奏楽コンクール課題曲参考音源のCD録音は、1977年から1998年までは東京佼成ウインドオーケストラが単独で行っていたが、1999年以降は大阪市音楽団(現在のOsaka Shion Wind Orchestra)と2年おきに行っている(詳細は全日本吹奏楽コンクール課題曲音源#課題曲音源を参照)。

2013年には、文化庁が主催する『文化芸術による子どもの育成事業』に、プロの吹奏楽団として初登場。以降、2014年、2016年にも参加しており、吹奏楽を通しての教育事業を熱心に展開、サポートしている。

歴史[編集]

指揮者[編集]

定期演奏会(東京)[編集]

定期演奏会(大阪)[編集]

これまでの委嘱作品一覧[編集]

メンバー[編集]

現団員(2018年1月1日現在)[編集]

  • 丸田悠太 - フルート、ピッコロ(副コンサートマスター)
  • 前田綾子 - フルート
  • 宮村和宏 - オーボエ(副コンサートマスター)
  • 福井弘康 - バスーン
  • 小倉清澄 - クラリネット
  • 大浦綾子 - クラリネット
  • 林 裕子 - クラリネット
  • 太田友香 - クラリネット
  • 新井清史 - アルト・クラリネット
  • 有馬理絵 - バス・クラリネット
  • 原 浩介 - コントラ・バス・クラリネット
  • 田中靖人 - アルト・サクソフォン(コンサートマスター)
  • 林田祐和 - アルト・サクソフォン
  • 松井宏幸 - テナー・サクソフォン
  • 栃尾克樹 - バリトン・サクソフォン(インスペクター)
  • 奥山泰三 - トランペット
  • ガルシア安藤真美子 - トランペット
  • 本間千也 - トランペット
  • 河原史弥 - トランペット
  • 上原 宏 - ホルン(企画委員)
  • 木村 淳 - ホルン
  • 堀 風翔 - ホルン
  • 小助川大河 - ホルン
  • 今村岳士 - テナー・トロンボーン
  • 佐藤敬一朗 - バス・トロンボーン
  • 岩黒綾乃 - ユーフォニアム
  • 近藤陽一 - テューバ
  • 前田芳彰 - コントラバス
  • 坂本雄希 - ティンパニ
  • 秋田孝訓 - パーカッション

元団員[編集]

テレビ出演[編集]

ラジオ出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「東京佼成ウィンドオーケストラ」と誤記されることもあるが、「東京佼成ウインドオーケストラ」が正式な楽団名である(「イ」を小さくしない)。

外部リンク[編集]