櫻井淳子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
さくらい あつこ
櫻井 淳子
本名 島川 淳子 (旧姓:櫻井)
生年月日 1973年1月5日(42歳)
出生地 日本の旗 日本埼玉県入間郡鶴ヶ島町(現・鶴ヶ島市
身長 162cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 1991年 -
配偶者 島川博篤
事務所 芸映
公式サイト 公式プロフィール
主な作品

ドラマ
ショムニ
板橋マダムス
おみやさん
特命係長 只野仁
美しい罠
映画
旅の贈りもの 0:00発
受賞
1993年度 第31回ゴールデン・アロー賞 放送新人賞・最優秀新人賞
2006年 東海テレビスポーツ芸能選奨

櫻井 淳子(さくらい あつこ、1973年1月5日 - )は、日本女優。戸籍名、島川 淳子(旧姓:櫻井)。

埼玉県鶴ヶ島市出身。芸映所属。身長162cm、血液型A型

来歴・人物[編集]

埼玉県川越商業高等学校(現・川越市立川越高等学校)在学中の1989年、高校2年生の時に原宿竹下通りでスカウトされ芸能界入り。高校の夏休みの期間、事務所の先輩女優だった中村あずさのもとで見学を重ね、高校卒業の1991年、ドラマ『葡萄が目にしみる』でデビュー。

アイドルグラビア雑誌『UP to boy』の第21代ミスアップ・グランプリを受賞。

1993年、ドラマ『誘惑の夏』で連続ドラマ初主演を務めた。『誘惑の夏』、『真夜中を駆けぬける』での演技が評価され、第31回ゴールデン・アロー賞放送新人賞ならびに最優秀新人賞を受賞した。

1998年から2003年まで放送されたドラマ『ショムニ』で魔性のOL・宮下佳奈役を好演。当初は清楚なお嬢様系の役柄が多かったが、『ショムニ』をきっかけに妖艶な悪女や魔性の女路線の役柄を演じるようになった。

1998年、ドラマ『板橋マダムス』でゴールデンタイムの連続ドラマに初主演。

2002年、ドラマ『おみやさん』に鴨川東署資料課の七尾洋子役で出演。2011年の第8シリーズまで10年間、主人公の鳥居勘三郎(渡瀬恒彦)を支えるヒロインを務めた。2012年の第9シリーズでは他署への異動の設定で降板したが、2014年の新春スペシャルには京都府警本部の刑事に異動した設定で出演した。2003年5月16日テレビ朝日ドラマプロデューサーの島川博篤と結婚。島川は『おみやさん』第1シリーズでプロデューサー補を務めていて出会った。

2006年、ドラマ『美しい罠』に主演。悪女役が称えられ、東海テレビスポーツ芸能選奨を受賞した[1]。同年10月公開の映画『旅の贈りもの 0:00発』で映画初主演。

2007年3月に妊娠6ヶ月であることを発表[2]2007年8月4日23時に、第1子となる3056グラムの女児を出産した。

2008年10月より放送の興和「新ケラチナミン コーワ」「ケラチナミン コーワ乳状液20」のCMで娘と共演。乳幼児を抱く母親という設定だったことから、スタッフから娘との共演を打診された。

趣味はスキューバダイビング

高校時代は軽音楽部に所属し、ベースを担当していた。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

バラエティ ほか[編集]

CM[編集]

写真集[編集]

その他[編集]

  • ベストウエディング・イン・グアム イメージキャラクター(2000年)
  • 櫻井淳子ワイン『ATSUKO』(2001年1月発売)

脚注[編集]

  1. ^ 2006年東海テレビスポーツ・芸能選奨(東海テレビ2006.12.7プレスリリース) (PDF) 櫻井淳子マネージャー日記 2006年東海テレビ スポーツ・芸能選奨
  2. ^ 妊娠が発覚したのは『特命係長 只野仁』の第3シリーズの撮影が控えていた時期で、プロデューサーなど一部のスタッフにのみ報告して、撮影に臨んだ(『徹子の部屋2008年11月27日放送分より)。発表をしたのは、撮影を終えた翌日であった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]