鶴瓶のスジナシ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鶴瓶のスジナシ!
ジャンル バラエティ番組
司会者 笑福亭鶴瓶
中井美穂
ナレーター 小高直子
丹野みどり
製作
製作 中部日本放送
放送
放送局 TBS系列(一部)
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1998年10月 - 2014年6月
放送時間 こちらを参照
放送分 30分
公式ウェブサイト

特記事項:
放送分は番組終了時のデータ。
テンプレートを表示

鶴瓶のスジナシ!』(つるべのスジナシ)は、1998年10月から2014年6月まで中部日本放送で放送されていたエチュード(即興ドラマ)番組、トーク番組バラエティ番組である。舞台化やライブビューイングもされている。

番組概要[編集]

笑福亭鶴瓶と一人のゲスト俳優が一つのセット内でエチュード(即興ドラマ)を十数分間演じ、収録したドラマを見ながら反省会(プレビュートーク)を行う。収録当日までゲストが誰なのかは伏せられる。2011年4月より中井美穂が番組進行役に加わり、反省会にも参加した。

BS-i(現・BS-TBS)での放送があったことから、地上波でも2001年4月(板尾創路の出演回)から、プレビュートークのみハイビジョン放送されていた[1]。2003年7月(大沢樹生の出演回)からは、即興ドラマもハイビジョンとなった。

番組開始までの経緯[編集]

番組開始のきっかけは、『ミッドナイト東海』(鶴瓶がパーソナリティを務めていた東海ラジオの深夜番組)に携わっていたサンデーフォーク(CBCと同じく名古屋市に本社を置くイベント運営・番組制作会社)の初代社長・井上隆司が、全国的な活躍ゆえに在名局でレギュラー番組を持っていなかった鶴瓶に対して、「そろそろ名古屋で何か(番組を)やってよ」と打診したことにある。『ミッドナイト東海』のような中高生向けの番組を企画する前提での打診だったが、鶴瓶から「今は役者(俳優)さんに私生活を訊く番組が多いけど、ちゃんとしたインタビュー番組がない。役者と一緒に演技してから、その演技について会話ができるような番組はできないか?」と提案されたことを受けて、企画を変更した[2]。井上は最初に東海テレビ(東海ラジオの関連会社)へ企画を持ち掛けたものの、実現に至らなかったため、競合局に当たるCBCが企画を受け入れたという。

番組の変遷[編集]

制作局のCBCを基に記す。

  • 1998年開始。毎週水曜・深夜0時40分からの30分
    • 番組開始当初は観覧制度はなかったが、その後しばらくして立見で数人のみ観客を入れるようになった。この頃はドラマスタジオとトークスタジオは同じだった。
  • 毎週金曜・深夜0時35分からの1時間
    • 放送時間拡大に伴い観客の人数は大幅に増えたが、直接観覧できるのはトーク部分のみで、ドラマ部分は別スタジオでモニターを通して見ることになった。
  • 毎週月曜・深夜0時55分からの1時間
    • この頃から新作が月1回のみで他の週は再放送になった。
  • 毎月第一土曜・午後4時からの1時間
    • この頃、一時期ドラマスタジオとトークスタジオを同じにして、観客が直接ドラマを観られるようにしたこともあったが、数回で元に戻った。
    • また、1度だけ生放送が行われた(2002年7月20日放送分。この日のゲストは柳沢慎吾)。
  • 毎月最終月曜・深夜11時55分からの1時間
  • 毎月最終木曜・深夜0時55分からの1時間
  • 原則毎月最終日曜日・深夜1時5分から1時間(CBCエンターテインメントスペシャル)
  • 原則毎月第3日曜日・深夜1時5分から1時間(CBCエンターテインメントスペシャル)
  • 毎週火曜・深夜0時59分からの1時間。
    • 新作はそれまで通り月1回で、その他の週では過去放送分の再放送と行うというスタイルである(関東地区の地上波(TBS)では初OAである)。また放送当時「CBCエンターテインメントスペシャル」と表示していた本編オープニングは、「スジナシ」という表示に差し替えられている。
  • 毎週火曜・深夜0時33分からの30分
    • 2011年4月より番組リニューアル、新たに中井美穂が進行役として番組に加わる。放送時間は30分に短縮されるが、毎週新作が放送されるようになった。番組タイトルも「鶴瓶のスジナシ」に正式に変更される。セットは「スジナシ劇場」と称し、劇場にて即興ドラマを公演されるという方式に変更された。また、進行役の中井美穂が番組の最後にタイトルを決め、「本日の公演」という劇場チラシが貼られる。

出演者[編集]

※ 中井は2011年4月からの出演。

ナレーター[編集]

ナレーションは、2011年4月の番組リニューアルで廃止された。

東京進出[編集]

2004年12月23日(鶴瓶の誕生日)放送分はゲストに妻夫木聡、設定立案に宮藤官九郎が担当し初めてTBSでも放送された。その日の『はなまるマーケット』の「はなまるカフェ」には鶴瓶がゲストとして登場した。

この番組は一時期、BS-i(現:BS-TBS)でも放送されていた(その時期、BS-iからも「共同制作」ということで番組予算が出ており、これにより番組打ち切りの危機を切り抜けたとされる[誰によって?][要出典])。2005年9月からはTBSチャンネルで放送されている(スカパー!HDと一部ケーブルテレビ局での配信はハイビジョン放送。スカパー!e2は16:9フルサイズのSD放送。スカパー!SDと一部ケーブルテレビ局での配信(4:3ノーマルサイズ)はレターボックスの状態で放送)。また、地上波でも東京以外の地域では、毎日放送で2000年4月から10月頃まで[いつ?]信越放送で過去に不定期で放送されていた経緯があり、北海道放送では2005年12月31日、2006年12月29日、2007年12月31日に放送(それ以降も不定期放送は現在に至るまで何度か行っている)、静岡放送でも2010年9月頃に放送されるなど、BS・CS・一部地域の地上波で事実上全国規模での放送となった。

2009年4月18日(17日深夜)からは、TBSでもレギュラー番組として正式にネットされることとなった。

ネット局[編集]

下記の局と時間帯で放送されており、いずれもTBS系列

過去[編集]

放送対象地域 放送局 放送日時 放送開始日 備考
中京広域圏 中部日本放送 (CBC) 水曜 0:55 - 1:55 (火曜深夜、2011年2月まで)
水曜 0:55 - 1:59 (火曜深夜、2011年3月)
水曜 0:25 - 0:55 (火曜深夜、2011年4月 - 2013年3月)
1998年10月 製作局
青森県 青森テレビ (ATV) 火曜 23:50 - 水曜 0:20 (2011年4月 - 2011年9月) 2011年4月26日 14日遅れ
宮城県 東北放送 (TBC) 金曜 0:05 - 0:35 (木曜深夜、2011年4月 - 2011年9月)
火曜 0:55 - 1:25 (月曜深夜、2011年10月 - 2012年3月)
水曜 1:10 - 1:40 (火曜深夜、2012年4月)
2011年4月29日(28日深夜) 16日遅れ
関東広域圏 TBSテレビ (TBS) 土曜 2:55 - 3:55 (金曜深夜、2009年4月 - 2010年3月)
木曜 1:55 - 2:55 (水曜深夜、2010年4月 - 2011年3月)
木曜 1:25 - 1:55 (水曜深夜、2011年4月 - 2011年9月)
水曜 1:25 - 1:55 (火曜深夜、2011年10月 - 2013年3月)
2009年4月18日(17日深夜) 1時間遅れ
長野県 信越放送 (SBC) 火曜 0:45 - 1:25 (月曜深夜、2011年4月 - 2012年4月) 2011年4月15日(14日深夜) 13日遅れ
富山県 チューリップテレビ (TUT) 木曜 0:35 - 1:35 (水曜深夜、2010年4月 - 2010年9月) 2010年4月29日(28日深夜)
高知県 テレビ高知 (KUTV) 土曜 15:30 - 16:00 9月までは[いつ?]木曜 0:20 - 0:58 (水曜深夜)
宮崎県 宮崎放送 (MRT) 月曜 0:50 - 1:20 (日曜深夜、2011年4月 - 2013年4月) 2011年4月25日(24日深夜) 12日遅れ

番組中、頻繁に「CBC スジナシ[検索]」というテロップが表示される。

製作著作ロゴは「中部日本放送」表記ではなく、2011年3月以前にはローカル放送時のみ使用していた「CBC」表記のロゴだった。また、BS-i(現BS-TBS)と共同制作であった時期にはBS-iのロゴも併記されていた。持株会社化に伴うテレビ部門分社化により、2014年4月以降は「CBCテレビ」表記に変更されている。

2012年2月21日放送分では、CBC・TBSともに字幕放送が行われた。4月から[いつ?]正式に字幕放送を実施。

現在[いつ?][編集]

放送対象地域 放送局 放送日時 備考
中京広域圏 中部日本放送 (CBC) 水曜 0:33 - 1:03 (火曜深夜) 製作局
4月に[いつ?]放送時間を変更
関東広域圏 TBSテレビ (TBS) 水曜 1:28 - 1:58 (火曜深夜) 4月に[いつ?]放送時間を変更
福島県 テレビユー福島 (TUF) 火曜 0:58 - 1:28 (月曜深夜) 4月1日に[いつ?]放送時間を変更
静岡県 静岡放送 (SBS) 金曜 0:25 - 0:55 (木曜深夜)
広島県 中国放送 (RCC) 木曜 0:58 - 1:28 (水曜深夜)
山口県 テレビ山口 (TYS) 月曜 0:50 - 1:20 (日曜深夜)
福岡県 RKB毎日放送 (RKB) 火曜 1:58 - 2:28 (月曜深夜)

劇場スジナシ[編集]

舞台版の「劇場スジナシ」も名古屋・東京で行われている。

勝村政信牧瀬里穂八嶋智人の3名が登場している(過去のスタジオによるスジナシ経験者)。これについてはスタジオ観覧のように無料招待(名古屋の名古屋市芸術創造センターで収録)という形をとっている。

また、関東地区の要望に応えて2006年3月29日 - 3月31日に、糸井重里(スジナシの御意見番、ほぼ日刊イトイ新聞)の協力により東京・新宿「紀伊國屋ホール」で初の関東の「スジナシ」が行われた。ただしこちらは入場料を要した。なおゲストはいつもどおり当日まで分からない。チケットの一般発売後「ほぼ日刊イトイ新聞」にてスジナシ応援団が募集され、ほぼ日読者の中から各日10名が招待されたがドイツ、ベルギーから観覧に来た客もいた。

劇場スジナシの模様は、2006年6月2日と7月5日に広末涼子の回がWOWOWにて放送された(イッセー尾形、生瀬勝久の回はダイジェストで放送)。また8月にDVDも発売されている。

2014年6月のテレビ放送終了の翌月にも、7月9日 - 7月11日に名古屋の名鉄ホールで「劇場スジナシ」が行われた。

2015年3月2日 - 3月4日に東京で「スジナシBLITZシアターVol.1 Supported by TOYOTOWN ICE GARDEN」と題して行われる。また同公演の模様は、全国の映画館にライブビューイングとして生中継される。

2015年9月1日 - 9月3日に東京で「スジナシBLITZシアターVol.2」と題して上演[3]。また同公演の模様は、3日間とも公演当日の深夜にTBSテレビ(関東ローカル)で録画放送された。

2016年2月10日 - 2月12日に東京で「スジナシBLITZシアターVol.3」として上演[4]。また同公演の模様は、前回と同様、3日間とも公演当日の深夜にTBSテレビ(関東ローカル)で録画放送された。

2016年9月12日 - 9月14日に東京で「スジナシBLITZシアターVol.4」として上演[5]。また同公演の模様は、前回と同様、3日間とも公演当日の深夜にTBSテレビ(関東ローカル)で録画放送された。

2017年2月27日 - 3月1日に東京で「スジナシBLITZシアターVol.5」として上演。また同公演の模様は、前回と同様、3日間とも公演当日の深夜にTBSテレビ(関東ローカル)で録画放送された。

2017年9月11日 - 9月13日に東京で「スジナシBLITZシアターVol.6」として上演。また同公演の模様は、前回と同様、3日間とも公演当日の深夜にTBSテレビ(関東ローカル)で録画放送された。

2018年2月26日 - 2月28日に東京で「スジナシBLITZシアターVol.7」として上演。また同公演の模様は、前回と同様、3日間とも公演当日の深夜にTBSテレビ(関東ローカル)で録画放送された。

2018年9月10日 - 9月12日に東京で「スジナシBLITZシアターVol.8」として上演。また同公演の模様は、前回と同様、3日間とも公演当日の深夜にTBSテレビ(関東ローカル)で録画放送された。

2019年2月25日 - 2月27日に東京で「スジナシBLITZシアターVol.9」として上演。また前回と同様、同公演の模様は3日間ともにTBSで放送された。放送は各日ともに、公演の翌日未明(番組表上では公演の当日深夜)に行われた[6][7][8]

2019年9月9日 - 9月11日に東京で「スジナシBLITZシアターVol.10」として上演。また同公演の模様は、前回と同様、3日間とも公演当日の深夜にTBSテレビ(関東ローカル)で録画放送された。

DVD[編集]

全8種類のDVDが発売中である。発売元は中部日本放送、販売元は第1弾から第5弾までコロムビアミュージックエンタテインメント、第6弾以降はアニプレックスとなっている。収録順と放送順は関係しておらず、ランダムである。

第1巻 「スジナシ」
ゲスト 放送日 通算回数 備考
大竹しのぶ 1999年6月 #33 第48回日本民間放送連盟賞テレビエンターテインメント部門優秀賞
及び平成11年度JNNネットワーク協議会賞 娯楽番組部門 奨励賞を受賞
勝村政信 2000年9月 #95
段田安則 1998年6月 #1
第2巻 「スジナシ2」
ゲスト 放送日 通算回数 備考
イッセー尾形 2000年8月 #89
斎藤暁 1999年9月 #47
吉田日出子 1999年12月 #58
第3巻 「スジナシの箱」(3枚組)(箱は上記1巻、2巻を一緒に収納できるようになっている)

各編とも30分時代(2000年9月、#96以前)の作品を2作、60分時代の作品を1作ずつ収録している。

ゲスト 放送日 通算回数 備考
女優編 牧瀬里穂 1999年4月 #24
杉田かおる 1999年2月 #17
奥菜恵 2000年10月 #99
男優編 奥田瑛二 1999年5月 #27
大杉漣 2000年6月 #81
古田新太 2004年8月 #162
座長編 佐藤B作 2000年2月 #63
中島らも 2000年5月 #75
渡辺えり子 2000年11月 #104
第4巻 「スジナシ笑福亭鶴瓶×妻夫木聡×宮藤官九郎」
ゲスト 放送日 通算回数 備考
妻夫木聡宮藤官九郎 2004年12月 #166 東京上陸SP&未公開
第5巻 「劇場スジナシ東京初公演」
ゲスト 公演日 備考
イッセー尾形 2006年3月29日 「劇場スジナシ」の項を参照
生瀬勝久 2006年3月30日
広末涼子 2006年3月31日
第6巻 「スジナシ其の一」(2009年9月2日発売)

第6巻以降は30分時代の作品を1作、60分時代の作品を3作ずつ収録している。

ゲスト 放送日 通算回数 備考
阿部サダヲ 2005年04月 #170 HV
上野樹里 2008年2月 #204 HV
佐藤隆太 2004年9月 #163 HV
羽野晶紀 1999年4月 #25
第7巻 「スジナシ其の二」(2009年9月2日発売)
ゲスト 放送日 通算回数 備考
谷原章介 2004年2月 #156 HV
中尾明慶 2006年8月 #186 HV
八嶋智人 2003年9月 #151 HV
生瀬勝久 1999年9月 #44
第8巻 「スジナシ其の三」(2009年9月2日発売)
ゲスト 放送日 通算回数 備考
劇団ひとり 2005年12月 #178 HV
佐々木蔵之介 2006年5月 #183 HV
三谷幸喜 2008年6月 #208 HV
筧利夫 1998年10月 #2
第9巻 「スジナシ其の四」(2009年11月18日発売)
ゲスト 放送日 通算回数 備考
竹中直人 2009年7月 #221 HV/放送からDVD化までのスパンが4カ月というのは史上最短
松尾貴史 2001年2月 #112
森光子 2003年4月 #146
高橋克実 2000年9月 #96
第10巻 「スジナシ其の五」(2009年11月18日発売)
ゲスト 放送日 通算回数 備考
蛭子能収 2004年1月 #155 HV
斎藤由貴 2002年9月 #138
宅間孝行 2007年10月 #200 HV
平田満 2000年2月 #66
第11巻 「スジナシ其の六」(2009年11月18日発売)
ゲスト 放送日 通算回数 備考
山口智充 2005年2月 #168 HV
吉川ひなの 2008年5月 #207 HV
ラサール石井 2004年3月 #157 HV
藤村俊二 1999年1月 #12
第12巻 「スジナシ其の七」(2010年1月13日発売)
ゲスト 放送日 通算回数 備考
北村一輝 2004年5月 #159 HV
鈴木杏 2008年12月 #214 HV
寺島進 2006年9月 #187 HV
石原良純 2000年4月 #74
第13巻 「スジナシ其の八」(2010年1月13日発売)
ゲスト 放送日 通算回数 備考
田中美里 2007年3月 #193 HV
温水洋一 2002年10月 #139
福田麻由子 2006年12月 #190 HV
萩原流行 1999年3月or2000年12月 #23
第14巻 「スジナシ其の九」(2010年1月13日発売)
ゲスト 放送日 通算回数 備考
大沢樹生 2003年7月 #149 HV
紺野まひる 2006年6月 #189 HV
田中圭 2008年10月 #212 HV
片桐はいり 1999年11月 #55
第15巻 「スジナシ其の十」(2010年8月4日発売)
ゲスト 放送日 通算回数 備考
板尾創路 2001年4月 #121
船越英一郎 2002年4月 #133
宮迫博之 2006年2月 #180 HV
劇団ひとり 2010年3月 #229 HV/下北沢編

受賞歴[編集]

大竹しのぶ出演回において、第48回日本民間放送連盟賞テレビエンターテインメント部門優秀賞、及び平成11年度JNNネットワーク協議会賞 娯楽番組部門 奨励賞を受賞。

田中圭出演回において、第35回放送文化基金賞番組部門テレビエンターテインメント番組優秀賞を受賞。

関連番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アナログ放送では通常ハイビジョン放送の左右をカットした4:3型放送(4:3サイドカット)となるが、本番組ではレターボックス(16:9レターボックス)での放送となり、それに従い16:9画面に準じたテロップ装飾がされていた。
  2. ^ 『笑福亭鶴瓶の落語魂。』第十回「キューを出したように。」(『ほぼ日刊イトイ新聞2014年8月5日付記事)
  3. ^ 舞台版「スジナシ」で鶴瓶が米倉涼子、吉田羊、妻夫木聡と即興芝居。”. お笑いナタリー (2015年7月28日). 2015年7月28日閲覧。
  4. ^ 濱田岳、吉田鋼太郎、二階堂ふみが登場 笑福亭鶴瓶『スジナシBLITZシアターVol.3』が2月に開催”. シアターガイド (2016年1月22日). 2016年1月26日閲覧。
  5. ^ “舞台「スジナシ」第4弾で小栗旬、徳井義実、竹内結子が鶴瓶とアドリブ芝居”. 映画ナタリー. (2016年8月9日). http://natalie.mu/eiga/news/197508 2016年8月10日閲覧。 
  6. ^ スジナシBLITZシアターVol.9 第一夜〜笑福亭鶴瓶×高橋一生”. TBSテレビ (2019年2月25日). 2019年2月28日閲覧。
  7. ^ スジナシBLITZシアターVol.9 第二夜〜笑福亭鶴瓶×成田凌”. TBSテレビ (2019年2月26日). 2019年2月28日閲覧。
  8. ^ スジナシBLITZシアターVol.9 第三夜〜笑福亭鶴瓶×吉高由里子”. TBSテレビ (2019年2月27日). 2019年2月28日閲覧。

外部リンク[編集]