BARレモン・ハート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
BARレモン・ハート
漫画
作者 古谷三敏(ファミリー企画)
出版社 双葉社
掲載誌 漫画アクション

アクションピザッツ

レーベル アクション
巻数 既刊31巻(2016年6月現在)
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

BARレモン・ハート』(バーレモンハート)は、古谷三敏(ファミリー企画)による日本漫画うんちくを扱った漫画作品で、『漫画アクション』(双葉社)にて連載中である。内容は酒場で繰り広げられる数々の人間模様と、それに関係した様々な酒の紹介となっている。

2015年10月にBSフジにて中村梅雀の主演でテレビドラマ化された[1]。2016年4月にはSEASON 2が開始された[2]。2017年3月24日には、「春のスペシャル」が放送された。

概要[編集]

キャッチフレーズは「気持ちがすごくあったかい!!」(コミックス第4巻以降)。

都内某所にある一軒のバー「レモン・ハート」での、一話完結のストーリーが描かれている。決して奇をてらった話ではなく、酒を中心としたマスターと客との会話などがメインとなっている。それぞれの酒の紹介も ごく自然に行われており、知らず知らずに酒のウンチクが身につくよう配慮されている。

紹介される酒はウイスキーブランデーバーボンリキュールスピリッツなどの一般的な洋酒(蒸留酒)にとどまらない。ワインビールシャンパンカクテル日本酒焼酎中国酒など多岐にわたっている。各話についても、人情話、ドンデン返しの話、男のこだわりや生き様を紹介する話、など多種多彩である。

単行本の第1巻は1986年に初版が出ており、以降20年以上にわたって連載が続いている。しかし、掲載誌は何度も変わっており[注 1]、漫画の雰囲気もキャラクターの容貌も年月と共に多少変化している。『漫画アクション』では、毎号連載されていた時期もあったが、途中から不定期(月イチ)連載となっている。

長期連載のため、作中でレモン・ハートの店自体も変わっている。工事を伴う大幅改装は1度あった[注 2]が、それ以外でも気が付かないような変化もあった。初期の店の形状は「港の近くの古ビル風」「ログハウス風」「普通の一店舗風」と、連載された時期によって微妙に異なっている。

なお、店名である「レモン・ハート」は、ラム酒の一銘柄に由来している(詳細後述)。

登場人物[編集]

レギュラーの登場人物[編集]

マスター
レモン・ハートのオーナー兼マスター。
四角い顔、ブタ鼻、小さい目。美男子というわけではなく、派手なパフォーマンスはしない人物ながら、バーテンダーとしての腕は一流で本物。それもさることながら、頭の中にはあらゆる酒の知識が詰まっている。酒と酒場を愛し、酒とうんちく話を客に提供することを無上の喜びとしている人物。薀蓄の披露に夢中になり、常連に窘められるバーマンらしからぬ所を見せることもある。
このマスターはレモン・ハートの店内に、世界中に存在する ほとんど全ての銘柄の酒をストックしている。そのためレモン・ハートの複数ある棚は電動式の二重構造になっていて、地下室(複数階)にはワインウイスキーの樽が膨大に保管されている[注 3]
過去わずか一本の酒のために店を臨時休業にして、海外まで探しに出かけることもあった[注 4]。まれにストックしていない酒を客にオーダーされると、不機嫌になったり[注 5]悔し涙を流したり[注 6]した。
基本的にお客のオーダーには応えるが、自身のこだわりに触れる酒については、我を通すこともある[注 7]。また、「サケは飲むもの」というポリシーを持っており、珍しく貴重な酒を収集だけして飲まないでいるコレクターの行為については否定的である[注 8]
本名は不明だが、一部の関係者からは「良ちゃん」[注 9]と呼ばれている。また、バーテンダースクールでは蘊蓄先生と紹介された[注 10]こともある。酒以外の趣味は、気軽な一人旅[注 11]とアウトドア[注 12]ファミリーコンピュータの『ドラゴンクエスト』に夢中になったこともあった[注 13][注 14]。一時期ド素人で押しかけ弟子の爺さん[注 15]を使ったこともあるが、レモン・ハートは基本的にマスターたった一人で切り盛りしている。
若い頃は意外と鼻っ柱の強い性格であったらしく、大学卒業後に入社した会社を上司と喧嘩し1ヶ月で辞めて、定職にも就かずブラブラしていた。たまたま東北[注 16]を旅行中、なにげなく一軒のBARに立ち寄った。そこのBARのマスターの一言に心を動かされ、その店で修業をすることになる。修業は非常に厳しかったが、苦労の末にバーテンダーの基本を習得することができた[注 17]。その後の詳細は明らかにされていないが、一時期ホテルのバーに勤めていたこともある[注 18]。「スコッチ以外は酒じゃない」などと生意気な発言をしていたこともあったらしい。
メガネさん
レモン・ハートの常連。本名は不明。
一年中ソフト帽にトレンチコートを着たボギースタイルで、昼でも夜でもサングラスをかけている。サングラスを取って素顔を披露したことは、未だかつて一度もない[注 19]。また、スポーツ新聞 (競馬新聞)も必須のアイテムである。
ハードボイルドを心がけているが、いつもシリアスというわけではないようだ。自他とも認める「スピリッツの鬼」。普段飲む酒はジンが多いが、珍しい酒には種類を問わず目がなく、マスターに無理を言ってでも飲みたがる一面もある。酒全般の知識とテイスティング能力はマスターに次いで優れている。レモン・ハートの客の中では一番の酒の飲み手として、マスターも一目置いている。
普段から贅沢をしているわけではないが、いいサケのためならお金は惜しまない性格。マスターに20万円ほどのツケを払っていた時もあり、お金はそれなりに稼いでいるようだ。稀にツケを溜めていることもあるが、後述の松ちゃんに比べると払いは良いため、マスターが文句を言うことは少ない。
職業も不明だが、海外を飛び回り、かなり危ない仕事もやっているらしい。英語とフランス語以外に、スワヒリ語にも精通。幼い頃に孤児だった彼はアメリカ人宣教師に育てられ、船乗りに憧れ、その後ロサンゼルスの大学を卒業した[注 20]。一時、某国の外国人部隊に所属していたこともある[注 21]。そのためか腕っ節は驚くほど強く、ギャングや外国人とのケンカでも引けを取らない。一人で数人相手に勝ってしまうことも多く、今のところ喧嘩で負けた描写はない。しかし別に血気盛んというわけではなく、普段の道理はわきまえた人物である。
ただし怒る時の迫力は凄まじく、相手の胸倉を掴み今にも殴りかからんとする勢いで脅したこともある[注 22]
松ちゃん(松田)
レモン・ハートの常連。
職業はフリーライター。コピーライターでもある。トレードマークはチョビひげブランデーウイスキー日本酒が何から造られているか知らない[注 23]など、自他共に認める酒オンチ。いつもウイスキーのウーロン茶割り(後述)を注文し、マスターの不興を買っている。世界一酒が揃っているバーの、世界一酒の味がわからない20年来の常連客[注 24]。ただ、以前に比べて最近は酒の知識も少しずつ増えてきており、飲む酒の種類も増えている。対外的には酒に詳しい人物と見られるようになってきており、酒関係の相談や原稿依頼を受けることもある。
性格は気さくでお人よし。また、ズボラでスケベ。たまにダサすぎて聞くに堪えないような言動や台詞を吐いてしまうことがある。女性には可哀想なほど縁がなく[注 25]、よくマスターやメガネさんにからかわれている。その反面、彼を介して(BARのマスターの演出協力もあって)成立したカップルや、仲直りをした恋人・夫婦は数多い。
仕事関係の知り合いや大学の先輩・後輩が多いが、彼自身の兄弟や親戚も非常に多い。特に彼の甥や姪は、BARレモン・ハートに数多く来店している。大学ではミステリー研究会に所属。
いつも食うや食わずの生活をしており、マスターにツケが溜まっている。ギャンブルもやるが勝ち運には乏しく、本人曰く「100万円という金は手にしたことがない」。
名前については、「松田二郎」[注 26]「松田良平」[注 27]「松田松吉」[注 28]と異なる物が出ている。
出身地も東京、九州などいくつか異なるものがある。

準レギュラーの登場人物[編集]

ほとんど毎晩通うような常連客は、基本的にメガネさんと松ちゃんのみ。出演が1回だけの常連ではない客の方が、人数は圧倒的に多い。以下は これまでBARレモン・ハートに3回以上登場し、今後も登場するであろう準レギュラーの紹介である。

トシちゃん
本名は不明。おそらく客の中では一番若い。にきび面でキャップをかぶっている。よくレモン・ハートに自分の彼女を連れてくる人物だが、その彼女は(ナオミ[注 29]、アケミ[注 30]、ミユキ[注 31]など)回によって異なるため、なかなかのプレイボーイであるようだ。
レモン・ハートに初めて来たときは、バーボンの知ったかぶりを気取っていたが、メガネさんから叱責され弟子(?)になった[注 32]バーボン小僧、スコッチ小僧など、その度に着目している酒は変わる。ワインのシャブリやカクテル(ダイキリ)などに興味を持ったこともあった。
基本的に勉強好きで、徐々に酒に関する知識も増している。性格は見栄っ張りで生意気だが、思いやりがあり素直な一面もある。
チヨコ(岡野千代子)
松ちゃんの姪。トレードマークボブカット(ワカメちゃんのような)ヘアー。通称、「オッチョコ・チヨコ」。「おいしい日曜日」という雑誌の編集者。松ちゃん同様に明るい性格だが、多少あわて者で酒の知識は松ちゃん以下である。松ちゃんのことを「松おじさま」と呼び、少なからず尊敬している。
ブラック黒田
松ちゃんの知り合いの、小太りのフリーライター。サングラスに黒い帽子と黒いスーツを常用している。名刺まで黒。(文字は白抜き。[注 33])黒にこだわりがあり、黒っぽい酒と黒っぽいカクテルしか飲まない。自分の姪をレモン・ハートに連れてきたこともある。ちなみに彼は巨人ファン。また小学校・中学校時代からの友人に、白が好きで阪神ファンの白井さんがいる[注 34]
マガリ(横田)
松ちゃんの叔父。へそまがりのマガリ。あきれるほどのヘソマガリで、その例は枚挙に暇がない(例 :歩道橋は用事がなくても必ず渡る。愛用の腕時計は針が反時計回り。夏は熱燗で冬はビール)。酒も一風変わった物を好み、黄色いワイン[注 35]や大麻エキス入りのビール[注 36]などに感激した。しかし飲み手としてはなかなかであるらしく、マスターをして「変わった人だけど、サケの味のわかる舌は確かだよ」と言わしめるほど。
既に成人している「直木(なおき)」という名前の息子がいる。息子は父親と異なり、ヘソマガリではない普通の好青年。レモン・ハートで久々に顔をあわせ、松ちゃんと三人でウイスキーを酌み交わした[注 37]
おでん屋の親父
はげ頭の親父。本名は不明だが、「おでんの伝六」と呼ばれている。よくレモン・ハートの近くに屋台を出している。酒にも詳しく、マスターの先輩格で良き相談相手。あまり自分のことは話したがらないが、過去にはバーテンダーをしていたと匂わせる節もあった[注 38]。まだ一度もBARレモン・ハートに入ったことがない、唯一の登場人物であったが、第29巻 Part.382「究極の舞茸酒」でついにレモン・ハートに入店した。

詳細[編集]

酒の紹介
一部の初期の作品は異なるが、ほとんどの場合はテーマの酒一本が1ページの大ゴマで紹介される。また、次のページに横長で縦書きの解説メモが添えられるのが常となっている。
メモの内容は紹介された酒の製法や製作者の話、名前の由来やエピソードなど様々である。カクテルの作り方を紹介したことも多い。回によっては紹介が省略されるケースもあった。また、醤油おむつ、ランプ用のオイルなど、酒とは全然関係ない物が紹介されたこともある。
店内の雰囲気など
ゆったりした店内には、長いカウンターといくつかのボックス席がある。古いジャズやシャンソンが静かにながれ、壁にはリトグラフ が飾られている[注 39]
TVモニターやカラオケなどは置いていない。店の出入り口は二つある。カウンター内はBARレモン・ハートの聖域とされており、常連といえども入ることはできない[注 40]
営業時間は夕方から深夜まで。前述の通り地下室は貯蔵庫になっていて、ワインやウイスキーなどの酒樽が大量にある。店の2階は酒の本のための書庫になっており、マスターは仕事が終わった後に泊まることもできるようだ[注 41]
ウイスキーのウーロン茶割り
文字通り、ウイスキーをウーロン茶で割っただけの飲み物。「ウーロン割り」も同じ意味。ウイスキーの銘柄は特に指定されていない。BARレモン・ハートで松ちゃんが毎回必ずオーダーする酒(カクテル?)で、松ちゃんの代名詞にまでなっている。冬用のホット・バージョンもある。
マスターにとって一番出したくない酒[注 42]でありながら、このウーロン割りほど数多く登場した酒はない。いつもは何も言わないマスターも、普段これしか飲まない松ちゃんに我慢できず怒ったことが一、二度あった。
なぜ松ちゃんが(水割りではなく)ウーロン割りにこだわるのかは明らかにされていないが、本人は「これが一番うまいから」[注 43]と言っている。
スランジバール
BARレモン・ハートで、マスターやメガネさんが乾杯するときなどに時々使っている言葉。
スランジバール(slàinte mhòr[注 44])は、ゲール語で「あなたの御健康を」という意味。イングランド・アイルランド・スコットランド等で乾杯する時に使用されている。参考:en:Sláinte
BARレモン・ハートの名前の由来
作中でも明らかにされているが、「レモン・ハート」(LEMON HART)は実在するラム酒の一銘柄である。作中ではアルコール度数75.5%の「レモン・ハート・デメララ151」が「世界で一番強い酒」として紹介された他、数話で登場し紹介され、レモン・ハートをベースに用いたオリジナルカクテル「レモン・ハート」が登場する話もある。また、「世界で一番強い酒」は本作のコンビニコミック版(5coinsアクションオリジナル版)での副題ともなっている。
後の話でスピリタスが登場しレモン・ハートが世界で最も強い酒ではなくなったことも紹介されている。
ラム酒としてのレモン・ハートは、以前はガイアナで製造されていたが2000年代半ばに蒸留所が閉鎖され、2010年には終売。その後、2012年にはカナダハイラム・ウォーカー社からラベルデザインなどが変更され復刻販売されている。

備考[編集]

ダメおやじとBARレモン・ハート
この作品の元は、同作者が『週刊少年サンデー』に連載していた『ダメおやじ』である。後期に登場していた主人公(雨野ダメ助)の行きつけバー「ウンチク」が、別の作品『BARレモン・ハート』となり発展した。
マスターとメガネさんは漫画『ダメおやじ』の「バー・ウンチク編」と最終回に登場したが、松ちゃんは一度も出てこない。当時の(若い頃の)メガネさんはハードボイルドで性格もきつく、どことなく近寄り難い雰囲気があった[注 45]
過去一度だけだが、そのダメおやじの雨野ダメ助もBARレモン・ハートにゲスト出演した[注 46]。初めて店に来た恐妻家の客という設定で、妻のオニババ(冬子)も写真で紹介された。
実在のBARレモン・ハート
西武池袋線大泉学園駅北口より徒歩2 - 3分の所に、漫画と同名の「BARレモン・ハート」がある。作者の古谷三敏自身が経営しているもので、本人も時折顔を出すと言う。

書誌情報[編集]

古谷三敏『BARレモン・ハート』双葉社〈アクション・コミックス〉、既刊31巻(2016年6月28日現在)

  1. 1986年02月18日初版発行 ISBN 4-575-81253-6
  2. 1986年11月14日初版発行 ISBN 4-575-81254-4
  3. 1987年08月17日初版発行 ISBN 4-575-81390-7
  4. 1988年02月14日初版発行 ISBN 4-575-81434-2
  5. 1988年07月24日初版発行 ISBN 4-575-81476-8
  6. 1989年01月16日初版発行 ISBN 4-575-81515-2
  7. 1989年08月19日初版発行 ISBN 4-575-81559-4
  8. 1990年06月29日初版発行 ISBN 4-575-81641-8
  9. 1992年06月28日初版発行 ISBN 4-575-81793-7
  10. 1993年08月17日初版発行 ISBN 4-575-81888-7
  11. 1994年07月28日初版発行 ISBN 4-575-81968-9
  12. 1996年02月11日初版発行 ISBN 4-575-82115-2
  13. 1997年06月28日初版発行 ISBN 4-575-82244-2
  14. 1998年06月28日初版発行 ISBN 4-575-82340-6
  15. 1999年06月12日初版発行 ISBN 4-575-82427-5
  16. 2000年06月27日初版発行 ISBN 4-575-82500-X
  17. 2001年08月09日初版発行 ISBN 4-575-82584-0
  18. 2002年11月12日初版発行 ISBN 4-575-82751-7
  19. 2003年11月28日初版発行 ISBN 4-575-82894-7
  20. 2004年06月12日初版発行 ISBN 4-575-82970-6
  21. 2005年07月13日初版発行 ISBN 4-575-83103-4
  22. 2006年06月12日初版発行 ISBN 4-575-83236-7
  23. 2007年08月13日初版発行 ISBN 978-4-575-83381-2
  24. 2008年10月28日初版発行 ISBN 978-4-575-83545-8
  25. 2009年10月28日初版発行 ISBN 978-4-575-83688-2
  26. 2010年10月28日初版発行 ISBN 978-4-575-83827-5
  27. 2012年05月28日初版発行 ISBN 978-4-575-84076-6
  28. 2013年05月28日初版発行 ISBN 978-4-575-84241-8
  29. 2014年06月27日初版発行 ISBN 978-4-575-84440-5
  30. 2015年09月28日初版発行 ISBN 978-4-575-84691-1
  31. 2016年06月28日初版発行 ISBN 978-4-575-84820-5

再編集された文庫版コミックスや廉価版のコンビニコミックも多数発行されている。

関連書籍[編集]

コミックとは別に、「レモン・ハート」の名がついた古谷三敏の本も何冊か出版されている。

  • 『BARレモン・ハート酒大事典』(古谷三敏著、双葉社)
  • 『BARレモン・ハート酒楽食楽』(古谷三敏著、双葉社)
  • 『BARレモン・ハートカクテル大事典 -BARレモン・ハートSPECIAL VERSION-』(古谷三敏,稲保幸 共著、双葉社)

「レモン・ハート」の名はついていないが、同じく古谷三敏の本。

  • 『知識ゼロからのシングル・モルト&ウイスキー入門』(古谷三敏著、幻冬舎

さらに会計の入門書として、下記のコミックが2004年に出版された。

  • 『BARレモン・ハート 会計と監査』(古谷三敏著、日経BP社

酒やカクテルの紹介はまったくないが、マスター・メガネさん・松ちゃんは登場する。彼ら3人の会計の疑問に、たまたま客として訪れた会計士(奥山さん)が応えるというもの。他の会計士(女性)も登場する。(監修:日本公認会計士協会

テレビドラマ[編集]

BARレモン・ハート
ジャンル テレビドラマ
放送国 日本の旗 日本
制作局 BSフジ
演出 上野修平
高杉祐一
西方健保
小林そら
原作 古谷三敏
脚本 水野宗徳
千葉美鈴
稲本達郎
金沢知樹
加藤麻子
プロデューサー 田平秀雄(BSフジ)
湯谷幸司
出演者 中村梅雀
川原和久
松尾諭
外部リンク 公式サイト
season1
放送時間 月曜 22:00 - 22:55(55分)
放送期間 2015年10月5日 - 11月9日(6回)
season2
放送時間 月曜 22:00 - 22:55(55分)
放送期間 2016年4月4日 - 9月26日
春のスペシャル
放送時間 金曜 22:00 - 23:55(115分)
放送期間 2017年3月24日
テンプレートを表示

同作を原作とした連続テレビドラマBSフジBSフジの22時」枠(月曜日22:00 - 22:55)にて同局の開局15周年記念ドラマとして2015年10月5日から11月9日まで放送された。全6話。主演は中村梅雀

2016年4月4日から9月26日まで『SEASON2』全26話が放送された。

2017年3月24日には、「春のスペシャル」が放送された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

season1[編集]

各話 放送日 サブタイトル ゲスト:役名 脚本
第1話 10月05日 再会 石橋蓮司:久保田先生 水野宗徳
女医さんとデート 堀内敬子:瑤子先生 千葉美鈴
第2話 10月12日 1/150のプロポーズ 紫吹淳:京子さん
若林久弥:青木
水野宗徳
バーボン小僧 柄本時生:トシちゃん
稲村梓:ナオミ
千葉美鈴
第3話 10月19日 酒言葉 実川貴美子:美子さん
サチコの酒 里見浩太朗:北原先生
三倉茉奈:サチコ
水野宗徳
第4話 10月26日 少年時代の酒 三浦浩一:野口
宇納佑:内田
千葉美鈴
ファンシーボトルの謎 小野真弓:ユミ子
第5話 11月02日 王様のビール 阿藤快:山形社長
佐藤藍子:岡田美奈子
最も危険な酒 小林竜樹:出口
第6話 11月09日 へそまがり人生 ベンガル:松田一郎
レモンハートな男たち
(原題「レモンハートの酔心地」・「コロンボたちが集まる夜」)
永山智啓
山田百次
夏目慎也
堀靖明
水野宗徳
息子が送ってきた酒 金田明夫:畑中彰 千葉美鈴

SEASON2[編集]

  • 新作1本の後、カクテル名鑑かBAR名鑑が入り、season 1の旧作が「Classic」として再放送され、最後に登場した酒の解説が入る形となった。
  • 14話からは「classic」にSEASON 2のものが入る形となった。
各話 放送日 サブタイトル ゲスト:役名 脚本 Classic
第1話 04月04日 昭和50年の思い出 西郷輝彦:牧田信吾
松田賢二:牧田海
稲本達郎 女医さんとデート
第2話 04月11日 両手に花の勝負師 及川いぞう:森田洋介
林貴子:林ユカ
森めぐみ:中野ユミ
千葉美鈴 息子が送ってきた酒
第3話 04月18日 サケ・ア・ラ・カルト~バレリーナの憂鬱~ マイコ:静香
浅利陽介:正彦
稲村梓:ナオミ
王様のビール
第4話[注 47] 04月25日 停電の夜に 温水洋一:友部正夫 稲本達郎 酒言葉
第5話 05月02日 スコッチ小僧 柄本時生:トシちゃん
稲村梓:ナオミ
多田直人:ヒロシ
千葉美鈴 バーボン小僧
第6話[注 48] 05月09日 六月の花嫁に 大杉漣:山村
木南晴夏:知子
紀村龍:岡田
稲本達郎 1/150のプロポーズ
第7話[注 49] 05月16日 安い酒の定義 佐戸井けん太:丸山社長
石井正則:斎藤
千葉美鈴 最も危険な酒
第8話[注 50] 05月23日 出発たびだちの酒 尾上寛之:藤井二郎 稲本達郎 へそまがり人生
第9話 05月30日 カクテルグラスにさよなら 遠山俊也:佐野洋平
須藤温子:松坂ミドリ
金沢知樹 ファンシーボトルの謎
第10話 06月06日 老猫の仕事
(原題「生涯現役」)
田山涼成:駒崎貢
平山あや:小栗芙美
千葉美鈴 サチコの酒
第11話 06月13日 白と黒 深沢敦:ブラック黒田
福澤朗:ホワイト白井
稲本達郎 再会
第12話 06月20日 めおと鶴亀 渡辺正行:鶴二郎
角替和枝:亀代
金沢知樹 少年時代の酒
第13話 06月27日 さらば友よ 高杉亘:高田 稲本達郎 レモンハートな男たち
第14話 07月04日 悪魔という名のビール 櫻井淳子:土井みどり 水野宗徳 六月の花嫁に
第15話 07月11日 熟年離婚 奥田瑛二:矢島公作
仁科亜季子:矢島芳子
両手に花の勝負師
第16話 07月18日 ガンコな味
(原題「おそれいりやのガンコ親父」)
六平直政:鉄男
杉浦太陽:タケシ
稲本達郎 スコッチ小僧
第17話 07月25日 甘いお土産 佐藤仁美:山中美智子
富永沙織:吉永真理(写真出演)
昭和50年の思い出
第18話 08月01日 北帰行 白石美帆:恵子 めおと鶴亀
第19話 08月08日 招かれざる客
(原題「見知らぬ常連」)
川平慈英:アニキ
中尾明慶:サブ
岡部尚:警官
老猫の仕事
第20話 08月15日 たった一人の送別会 飯田基祐:小沢部長
黒田大輔:寺田
金子岳憲:岩井
金沢知樹 カクテルグラスにさよなら
第21話 08月22日 なつかしのジン・トニック 麿赤兒:福田栄三郎 サケ・ア・ラ・カルト~バレリーナの憂鬱~
第22話 08月29日 鬼検事のけじめ モロ師岡:安藤
金山一彦:沢村
アディフィラ・オー・エー:黒人青年
甲斐輝:客
弓長由依:客
稲本達郎 出発の酒
第23話 09月05日 バカの木トリオ 野間口徹:杉本
中山夢歩:柳
加藤麻子 さらば友よ
第24話 09月12日 ラベル・ストーリーズ
(原題「男勝り」)
山村紅葉:高岡律子 稲本達郎 白と黒
第25話 09月19日 忘れっぽい男 芦田昌太郎:船戸修一
原幹恵:船戸美代子
金沢知樹 停電の夜に
第26話 09月26日 望郷のワイン 遠藤雄弥:谷川三郎
粂康晴:編集長
水野宗徳 安い酒の定義


春のスペシャル[編集]

放送日 サブタイトル ゲスト:役名 脚本
03月24日 グッバイ ジョニー 火野正平:井出拓三 水野宗徳
  • BS放送時には3本の旧作が間に挟まれた。
  • 2017年5月10日にフジテレビにて本作が「老猫の仕事」と組み合わされて放送された。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『COMICアクションキャラクター』『漫画アクションピザッツ』『週刊大衆』など。
  2. ^ → 第07巻 Part.085 「レモン・ハートが消えた日」
  3. ^ メガネさんによれば、ワインのシャブリだけでも常時100種類以上あるとのこと。 → 第11巻 Part.140 「シャブリ小僧」
  4. ^ → 第02巻 Part.023 「異国の空の下で」
  5. ^ → 第18巻 Part.232 「謎の言葉」
  6. ^ → 第11巻 Part.139 「お〜いアブサンや〜い!」
  7. ^ → 第9巻 Part.121 「レモンハート誕生秘話」にて、ザ・グレンリベットで水割りを注文する客には帰ってもらっていた、と松ちゃんが言っていることから。
  8. ^ しかし、「ドメスティック・ジン」やコルク栓の「バランタイン50年」を目の前にした時は飲むのをためらい、躊躇する場面もあった。
  9. ^ → 第01巻 Part.006 「マスターの約束」
  10. ^ → 第09巻 Part.117 「ブルー・ムーン・デート」
  11. ^ → 第05巻 Part.067 「栄光のマルガリータ」
  12. ^ → 第17巻 Part.216 「アウトドアはお好き?」
  13. ^ → 第02巻 Part.040 「ドラクエの仲間たち」
  14. ^ この「ドラクエ」の回のとき、作中でとりあげられたのは『ドラゴンクエストII』だった。
  15. ^ → 第09巻 Part.111 「弟子入り志願」。この人物の初登場は、第08巻 Part.107 「老バーテンダーとの出会い!!」。第31巻 Part.400 「真夏の夢一夜」にも登場した。
  16. ^ 仙台の国分町
  17. ^ → 第09巻 Part.121 「レモン・ハート誕生秘話」
  18. ^ 「たしか わたしはあるホテルのバーで修行していた頃ですね」→ 第18巻 Part.237 「思い出1974」
  19. ^ 過去一度だけグラッパで泥酔し、サングラスがズリ下がった状態を写真に撮られたことがあった。だが この時も両眼は閉じていて、彼の本当の顔は確認できなかった。→ 第07巻 Part.089 「イタリア式悪酔い」
  20. ^ → 第17巻 Part.220 「『とてつもない』という名のワイン」
  21. ^ → 第13巻 Part.173 「シャンパンの泡のように」
  22. ^ → 第29巻 Part.379 「謎の男」
  23. ^ → 第06巻 Part.079 「幻の銘酒・赤磐雄町」
  24. ^ → 第20巻 Part.258 「庄治クンの憂鬱」
  25. ^ ほとんどの女性は、恋愛に発展することもなくフラれてしまうほど。過去二度だけ、好意を持ってくれた人がいたのだが、一人はチョイスしたお酒のせいで余計なことを言ってしまって台無しになり、もう一人は酒の知識がなかったばかりに気持ちを察することができず、フラれてしまった。なおマスターやメガネさんも独身だが、彼らはそれなりに女性と縁がある。
  26. ^ → 第02巻 Part.029 「山峡の秘酒」
  27. ^ → 第07巻 Part.084 「正月の絵日記」
  28. ^ → 第19巻 Part.249 「新しい門出」
  29. ^ → 第08巻 Part.102 「バーボン小僧」
  30. ^ → 第11巻 Part.140 「シャブリ小僧」
  31. ^ → 第14巻 Part.181 「パパ・ドブレで乾杯!」
  32. ^ → 第08巻 Part.102 「バーボン小僧」
  33. ^ → 第12巻 Part.150 「ブラック野郎登場」
  34. ^ → 第16巻 Part.201 「白と黒」
  35. ^ → 第17巻 Part.218 「超へそまがりオーダー」
  36. ^ → 第22巻 Part.287 「変り種ビール」
  37. ^ 第24巻 Part.313「アイリッシュ・ダンス」では松ちゃんのイトコであったが、Part.315「映画大好きお父さん」で松ちゃんの甥っ子に設定が変更されている。ちなみに第17巻 Part.218「超へそまがりオーダー」時点ではマガリは「俺は生涯独身だが」と自分で言っており、独身者の設定であった
  38. ^ → 第12巻 Part.152 「究極のドライマティーニ」
  39. ^ → 第18巻 Part.236 「チンタラ先生」
  40. ^ ただし過去一度だけ、メガネさんがコックになるというエピソードがあった。 → 第14巻 Part.184 「特別の招待状」
  41. ^ → 第19巻 Part.242 「意外な同伴者」
  42. ^ 「松ちゃん! この店はこんなにたくさんのサケがそろっています。そのなかでわたしが一番出したくないサケを どうして松ちゃんは注文するの!」→ 第13巻 Part.163 「女のお酒」
  43. ^ → 第13巻 Part.163「女のお酒」
  44. ^ Slaandjivaa」または「Slainte vor」という表記もある。
  45. ^ 当時は「メガネさん」とは呼ばれていなかった。
  46. ^ → 第10巻 Part.133 「浦島インアメリカ」
  47. ^ 2016年5月29日の「フジバラナイト FRI」(フジテレビ)枠でも放送。
  48. ^ 2016年6月25日の「フジバラナイト FRI」(フジテレビ)枠でも放送。
  49. ^ 2016年7月2日の「フジバラナイト FRI」(フジテレビ)枠でも放送。
  50. ^ 2016年7月23日の「フジバラナイト FRI」(フジテレビ)枠でも放送。

出典[編集]

外部リンク[編集]

BSフジ 月曜22時台
前番組 番組名 次番組
発掘!歴史に秘めた恋物語
※ここまでが教養番組枠
BARレモン・ハート
SEASON1
※ここからがドラマ枠
王様のレストラン
BARレモン・ハート
SEASON2
※ここまでがドラマ枠
クイズ!脳ベルSHOW
※ここからがバラエティ枠
【帯番組に変更。】