火野正平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ひの しょうへい
火野 正平
本名 二瓶 康一
別名義 二瓶 康一 (旧芸名)
生年月日 1949年5月30日(67歳)
出生地 日本の旗東京都目黒区
血液型 A
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ・映画
活動期間 1961年 - 現在
配偶者 一般女性(1971年 - )※戸籍上は継続中[1]
一般女性(1982年 - )※事実婚[1]
主な作品
テレビドラマ
国盗り物語
新・必殺仕置人
草燃える
八丁堀捕物ばなし』シリーズ
混浴露天風呂連続殺人』シリーズ
映画
極道の妻たち』シリーズ
Vシネマ
『新・麻雀放浪記』シリーズ
バラエティー番組
にっぽん縦断 こころ旅
備考
身長168cm 体重56kg

火野 正平(ひの しょうへい、本名および旧芸名:二瓶 康一1949年5月30日 - )は、日本俳優東京都目黒区生まれ、大田区在住[2]。シーズ・マネージメント所属。

来歴・人物[編集]

NETの『天兵童子』、フジテレビの『少年探偵団』などに子役で出演後、1961年に「劇団こまどり」に入る。世田谷区立中丸小学校目黒区立中根小学校目黒区立第十一中学校を経た[3]後に大阪に移り、豊中市立第二中学校女優土田早苗同学年)を経て、大阪府立桜塚高等学校を中退する[4]。(上記までのいずれかに、父の社宅で大垣に住んでいたこともある[5]。)大阪に住んだことがあるため、現在も時々関西弁が出る。1971年から、『おれは男だ!』、『刑事くん』などのテレビドラマに端役で出演する。

私生活では1970年、同棲生活をしていた一般女性と結婚、1男1女を儲けるも1972年別居を経て離婚[6](ただし2016年に、離婚届を出せずに戸籍上は40年以上婚姻関係が続いていることが判明[1])。その後も1971年の新藤恵美を皮切りに、1972年小鹿みき、1977年紀比呂子ホーン・ユキ[7]りりィ、1978年望月真理子、1981年西川峰子といった女優と浮名を流し当時のワイドショーを賑わせた。1982年には同棲をしていた一般女性(鳳蘭のマネージャーだった)との間に、2人の女の子が生まれて認知し、この女性とは事実婚の状態で暮らしている。

平成に入ってからも、羽賀研二とも噂があった染谷まさ美との交際が噂され、「芸能人プレイボーイの元祖」などと云われたが、浮名を流す割に悪評はほとんどない。山城新伍は「あいつは女と別れる時も後腐れなくきっちりやる」と評している(「女性の母性本能をくすぐるタイプ」といわれ、また、女性関係はあっさり認める潔さもある)。二田一比古は「噂になる相手はいつもドラマなどで共演した2番手女優、3番手女優、タイムキーパー、マネージャーなどの一般女性の裏方だ。主役級の女優に手をださなかったのは、火野自身は脇役的な立場なので、主役級の俳優に気を遣っていたためだろう。ある意味、業界のルールを守っていた」と語っている。

テレビドラマや映画などでも、女性を扱うのが上手な役柄・女性にモテる役柄を演じることが多くなった。

2011年からは日本全国を自転車で巡る NHK BSプレミアム「にっぽん縦断 こころ旅」でパーソナリティーを務めている。その飄々とした人柄が老若男女に慕われている。また、同行スタッフや視聴者からの手紙までからも、彼の女性遍歴を冷やかされることがある。

  • 上記のように何かとワイドショーを騒がせていた時、藤田まことを中心に当時『新・必殺仕置人』の撮影後にスケジュールを合わせて火野を飲み屋に連れて行き、「火野正平を更生させる会」と称した飲み会を開いていたという。
  • 2010年5月13日、25年ぶりとなるライブを都内で開催。普段は「俺が昭和で死んだならともかく、今も平成の火野正平は俺」と強気な火野も、3度の離婚歴を持ち、元恋人の石原真理との復縁、破局、さらに青田典子との復活愛を実らせた玉置浩二については、「玉置さんには負ける」と述べ、「あの人は…平成の火野正平」と発言した。なおこのライブでは玉置の楽曲「メロディー」を歌い、「玉置さんの歌は好きだ。昔から聴いている。これからも頑張って欲しいな」とエールを送った。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

二瓶康一名義[編集]

  • 少年探偵団(1960年 - 1963年、CX)
  • 忍者番号十七番(1963年、CX)
  • まぼろし城(1964年、CX)
  • 天兵童子(1964年、ABC)
  • かあちゃん結婚しろよ(1965年、ABC)
  • バックナンバー333(1966年、ABC)
  • 母の記録 誇らしきわが子(1966年、KTV)
  • わんぱく砦(1966年、ABC)
  • 無敵!わんぱく(1968年、TBS)
  • 大坂城の女(1970年、KTV) - 与一郎 役
    • 第16話「狙われた幼君」
    • 第17話「忠義の報酬」
  • おも舵とり舵(1971年、ABC)
  • 刑事くん(1971年、TBS)「1部・2部」
  • 遠山の金さん捕物帳 第70話「笑って消えた男」(1971年11月7日、NET / 東映) - 建太 役
  • なんたって18歳!(1972年、TBS)
    • 第37話「秘密がバレちゃった」
    • 第39話「空を飛ぶよな恋をした」
  • 天下御免(1971年、NHK)
  • 銭形平次 第294話「八五郎が縛られた」(1971年12月22日、CX / 東映) - 伊吉 役
  • 木枯し紋次郎 (CX / C.A.L
    • 第1シリーズ 第1話「川留めの水は濁った」(1972年1月) - 宿場の若いチンピラ
    • 第2シリーズ 第4話「地獄を嗤う日光路」(1972年12月)
  • おれは男だ! 第39話「弘二さんあなたの赤ちゃんです!」(1972年1月、NTV松竹) - 滝田勲(通称ノロ)役
  • 飛び出せ!青春(1972年、NTV・東宝) - 兵頭幸夫 役
    • 第15話「栄光とはなんだ!」
    • 第28話「学校が面白いなんてバカじゃないか!!」
  • 太陽にほえろ! 第5話「48時間の青春」(1972年、NTV・東宝) - 藤沢潔 役
  • 泣くな青春 第9話「割れた鏡」(1972年、CX・東宝) - 西川務 役
  • あの子が死んだ朝(1972年、NTV)

火野正平名義[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • 内閣特務捜査官(1998年、ミュージアム)
  • 新麻雀放浪記シリーズケイエスエス) - 坊や哲 役
    • 新麻雀放浪記(1999年)
    • 新・麻雀放浪記2(1999年)
    • 新・麻雀放浪記3 死闘編(2000年)
    • 新・麻雀放浪記4 旅情編(2000年)
    • 新・麻雀放浪記5(2001年)
  • 横浜バンスキング(2000年、ミュージアム)
  • ドサ健 麻雀地獄(2001年、ケイエスエス)
  • 極道恐怖大劇場 牛頭 GOZU(2003年、オフィスアスク)

テレビアニメ[編集]

  • チャーリーブラウンとスヌーピー(1991年)- 運転手 役

バラエティー[編集]

CM[編集]

音楽[編集]

シングル[編集]

  • そのままに(1977年10月)
  • たずねてもいいかい(1978年3月)
  • ひとり(1978年8月)
  • 俺(1980年1月)
  • ファニー(1982年1月23日)
  • 北風の中…(1982年12月5日)
  • 赤い糸(1983年)
  • 夢のつづき(1983年9月21日)
  • だまって俺についてこい(1986年)
  • ごめんね(1991年) - TECH35イメージソング
  • 今年の薔薇(2009年)

アルバム[編集]

  • 冬よこい(1977年)
  • 夢ごこち(1978年)
  • どりゅうず(1981年6月25日)
  • ふり向いて…(1983年1月21日)
  • 詩航路(1983年10月21日)
  • 近藤正臣vs火野正平 ジョイントライブ(1984年)
  • ゴメンネ(1991年11月21日)
  • ウーマン達への子守唄(2009年3月4日)

本・ムック[編集]

  • 俺(1980年)
  • 夢のあとさき_心の扉をあなたに(1983年)
  • 必殺DVDマガジン 仕事人ファイル5 念仏の鉄(2010年5月25日、講談社)※巻末インタビュー。
  • 若くなるには、時間がかかる(2016年、講談社

出典[編集]

  1. ^ a b c 火野正平、35年間未入籍だった!元祖色男が半生記で衝撃告白 サンケイスポーツ 2016年1月26日
  2. ^ NHK 「にっぽん縦断 こころ旅」 421日目 地元 長後の天満宮(神奈川県藤沢市)(2015年5月5日及び2015年5月9日放送分)にて本人談。
  3. ^ NHK 「にっぽん縦断 こころ旅」 285日目 富士見坂(東京都世田谷区)(2013年12月10日及び2013年12月14日放送分)にて本人談。
  4. ^ NHK 「にっぽん縦断 こころ旅」 364日目 岡町商店街と原田神社(大阪府豊中市)(2014年9月26日及び2014年9月28日放送分)にて本人談。
  5. ^ NHK 「にっぽん縦断 こころ旅」 437日目 みょうけんさんと三養會(さんようかい)(栃木県日光市)(2015年6月9日及び2015年6月13日放送分)にて本人談。
  6. ^ 2010年8月27日ニッポン放送「高田文夫 ラジオビバリー昼ズ」に出演した際の発言。
  7. ^ このことが原因で入川保則と離婚。
  8. ^ TBSドラマ「重版出来!」現場レポート 2016年5月10日号

外部リンク[編集]