夫婦善哉 (2013年のテレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
夫婦善哉
ジャンル テレビドラマ
放送時間 土曜21:00 - 21:58(58分)
放送期間 2013年8月24日 - 9月14日(4回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本放送協会
演出 安達もじり
原作 織田作之助夫婦善哉完全版』 雄松堂書店
脚本 藤本有紀
プロデューサー 櫻井賢
出演者 森山未來
尾野真千子
時代設定 大正 - 昭和
テンプレートを表示

夫婦善哉』(めをとぜんざい)は、NHK総合テレビジョン土曜ドラマ』枠(毎週土曜日21:00 - 21:58、JST)で2013年8月24日から9月14日まで放送されていた日本のテレビドラマ。全4回。放送年に生誕100年を迎える織田作之助同名小説を原作とする[1]。主人公夫婦森山未來尾野真千子が演じる。NHK大阪放送局放送開始60周年記念ドラマ[2][3]。第68回文化庁芸術祭参加作品。ギャラクシー賞 2013年9月度月間賞・第51回奨励賞受賞作品[4]

企画・制作[編集]

原作はかつて映画化や単発でテレビドラマ化はされたが、連続ドラマ化されるのは今回が初めてで、2007年に発見された未映像化の続編『続夫婦善哉』を含めた新解釈を盛り込み、連続テレビ小説ちりとてちん』・大河ドラマ平清盛』などの執筆で知られる藤本有紀の脚本により制作される[1]

撮影は2013年4月中旬から6月下旬にかけ、NHK大阪放送局関西近郊をロケ地として行われた[5]

あらすじ[編集]

華やかなりし大正 - 昭和の大阪で、老舗化粧品問屋の道楽ぼんち・柳吉と北新地の人気芸妓・蝶子が出会い、紆余曲折を経て「ほんまもんの夫婦」になっていく姿を笑いと涙で描く。

登場人物[編集]

最近のドラマ・時代劇では珍しく出演者のクレジットに際して「出演」ではなく「配役」と表示していた。

柳・蝶・種・藤・梅・桐・松・鶴・菊など花札に関連する文字を使った名前が多いが、その中には原作にはいない人物や、名前をつけられた登場人物もいる。

維康柳吉(これやす りゅうきち)
演:森山未來
本作の主人公。老舗化粧品問屋・維康商店の若旦那だが、放蕩の日々を送っている。
蝶子(ちょうこ)
演:尾野真千子
本作のもう一人の主人公。北新地の人気芸妓。貧乏が嫌いで陽気な性格。
種吉(たねきち)
演:火野正平
天ぷら屋を営む蝶子の父。
お辰(おたつ)
演:根岸季衣
蝶子の母。
信一(しんいち)
演:久野雅弘
蝶子の弟。
小河童(こがっぱ)
演:青木崇高
蝶子の幼馴染。材木屋の跡取り。
河童(かっぱ)
演:団時朗
「梅の屋」女将(うめのやおかみ)
演:山村紅葉
維康藤子(これやす ふじこ)
演:田畑智子
柳吉の妹。
金八(きんぱち)
演:佐藤江梨子
蝶子の同僚。
維康半兵衛(これやす はんべえ)
演:岸部一徳
柳吉の父。
桐介(とうすけ)
演:大東駿介
柳吉の妹・藤子の婿養子。
文子(あやこ)
演:青山美郷
柳吉の娘。
松川
演:茂山逸平
柳吉の問屋仲間。
鶴田
演:桂吉弥
柳吉の問屋仲間。
番頭
演:平田満
維康商店の番頭。放蕩三昧のぼん柳吉を蔑んでいる。
草楽(そうらく)
演:草刈正雄
売れない噺家。柳吉と蝶子に2階を間借りさせている。
おきん
演:麻生祐未
蝶子の元先輩芸妓で現在はヤトナ斡旋業をしている。
らっきょ
演:バッファロー吾郎A(第2話〜)
菊代
演:村川絵梨(第3話)
「玉初」女将
演:松田美由紀(最終話)
「ダンスホール」支配人
演:中原丈雄
千代太郎
演:若井みどり
矢橋屋
演:オール阪神(第1話)
法善寺横丁の八卦見(はっけみ)
演:オール巨人(第3話・最終話)

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

都々逸をもじったサブタイトルになっている

放送回 放送日 サブタイトル 由来・元ネタ
第1話 8月24日 芸妓とぼんちが出会うて惚れて
ああしてこうしてこうなった
こうしてこうすりゃこうなるものと
知りつつこうしてこうなった
第2話 8月31日 親の愛でも手切れ金でも
切れぬ心が仇となる
お医者様でも草津の湯でも
惚れた病は治りゃせぬ
第3話 9月7日 死んでも治らんあほな女が
死んでも遂げたいあほな夢
最終話 9月14日 めをとぜんざいひとりでふたつ
あほは二人で一人前

2013年11月17日11月24日に平成25年度(第68回)芸術祭参加作品[6]として再放送された。

関連特番[編集]

  • 『オダサクさん、こんにちは 〜生誕100年 作家・織田作之助と『夫婦善哉』〜』
    • 関西地域向け - 2013年8月24日20:00-20:45
    • 全国放送 - 2013年8月31日15:05-15:50
    • 織田作之助の作品の大ファンであるというタレントの佐藤江梨子がナビゲーターを務める紀行もの。織田の作品や蔵書を読んだり、「夫婦善哉」の作品に登場する料理を食べ歩き、更には織田に影響を受けた町田康西加奈子へのインタビューを通して、織田文学の魅力をたどる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 森山未來&尾野真千子が初共演 『夫婦善哉』初の連ドラ化”. ORICON STYLE. オリコン (2013年4月5日). 2013年4月26日閲覧。
  2. ^ タイトル冒頭に「JOBK NHK大阪放送局TV60th」のクレジット表記あり。
  3. ^ 尾野真千子 初共演の森山未來に熱視線”. デイリースポーツ. デイリースポーツ (2013年5月7日). 2013年5月8日閲覧。
  4. ^ 2013年9月度 月間賞”. 放送批評懇談会. 放送批評懇談会 (2013年10月22日). 2013年10月22日閲覧。
  5. ^ 森山未來×尾野真千子!「夫婦善哉」制作開始のお知らせ”. NHK ONLINE. 日本放送協会 (2013年4月12日). 2013年4月26日閲覧。
  6. ^ 平成25年度(第68回)芸術祭参加作品一覧(テレビ・ドラマ部門) (PDF) より。

外部リンク[編集]

NHK 土曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
七つの会議
(2013年7月13日 - 8月3日)
夫婦善哉
(2013年8月24日 - 9月14日)
実験刑事トトリ2
(2013年10月12日 - 11月16日)