年末時代劇スペシャル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

年末時代劇スペシャル』(ねんまつじだいげきスペシャル)は、日本テレビ1985年から1993年に、12月30日31日の2夜連続(1991年1992年は12月31日のみ、1993年は12月28日のみ)で放送された時代劇の特別番組である。

概要[編集]

NHK紅白歌合戦』の対抗番組として放送されたシリーズの特別番組である。1985年の『忠臣蔵』から1993年の『鶴姫伝奇 -興亡瀬戸内水軍-』まで、毎年1作ずつ、計9作が放送された。製作は全てユニオン映画が担当。

内容は時代劇で、特に幕末の動乱を取り上げた作品が多い(2-6作目)。また、ある人物のサクセスストーリーをハッピーエンドで描くというよりは、「運命」や「大きな時代のうねり」に翻弄される人々の悲哀を描く内容が多く、「義」「夢」「信念」といったものを持って生きることを称える内容のシリーズであった。

第1作『忠臣蔵』、第2作『白虎隊』などの初期の作品は特に好評で、視聴率的にも成功を収めた。

第3作『田原坂』、第4作『五稜郭』の頃になると、年末の定番番組としての評価が定着し、また日本テレビも年末の看板番組として位置づけ、巨額の製作費を投入し、年末に向け大規模な宣伝も行なった。『五稜郭』でははじめてエピローグ(「ウラルを越えて」)を導入した。

第5作『奇兵隊』では、これまで主演・準主演を務めてきた里見浩太朗に代わり、初めて松平健を主演に起用した。これを残念に思う里見ファンの要望に応えるため、数日後(つまりは新春特番として)に「里見浩太朗時代劇スペシャル」として『樅ノ木は残った』が放映された。脚本も唯一、野上龍雄が担当し、前年まで全作の脚本を手がけてきた杉山義法は里見と共に『樅ノ木は残った』を担当している。

第6作『勝海舟』では主演・勝海舟役の田村正和が撮影途中に病気となったため、急遽田村の出演は前半部とエピローグのみとし、後半部は山岡鉄舟役を予定していた実弟の田村亮を昇格させ(山岡役は勝野洋に変更)、Wキャストとなった。またナレーションがこれまでの5作すべてを担当した鈴木瑞穂から金内吉男に変更された(以降の作品では毎回違うナレーターとなった)。この年も里見浩太朗の出演は無く、前年と同様、数日後に里見主演の『寛永風雲録 激突!知恵伊豆対由比正雪』が放映されている。

1990年代に入ると、企画や番組の方向性にマンネリ的傾向が感じられ、また紅白対策として練られた他局の大晦日企画も充実し始めたことなどから、本シリーズの評価・視聴率に低落傾向が見え始める。1991年の第7作『源義経』では野村宏伸を主演に抜擢して若年層視聴者へのアピールを行う一方、3年ぶりに準主演として里見浩太朗を再び招く。それまでの2日間放映ではなく大晦日に一挙放映したが、大きな効果は得られず、低落傾向は止まらなかった。

翌年の第8作『風林火山』は、再び里見主演で製作。里見が以前から演じたいと考えていた原作・役柄(山本勘助役)であり、さらに2役として高坂昌信も演ずるなどの話題もあったが、里見の意気込みとは裏腹に視聴率的には失敗、この年を最後に大晦日の放送から撤退した。これに伴い、翌1993年の第9作『鶴姫伝奇 -興亡瀬戸内水軍-』は大晦日を外した日程で放送されたが、視聴率を回復させることはできず、この作品を最後にシリーズ終了となった。

主題歌は全シリーズを通して堀内孝雄が3分の2となる6作品を担当。特に白虎隊の主題歌「愛しき日々」は彼のファンを増やす程の大ヒットとなった。

歴代作品[編集]

放送年 タイトル 主演 主題歌
1985年 忠臣蔵 里見浩太朗 憧れ遊び(唄:堀内孝雄
1986年 白虎隊 森繁久彌 愛しき日々(唄:堀内孝雄)
1987年 田原坂 里見浩太朗 遥かな轍(唄:堀内孝雄)
1988年 五稜郭 里見浩太朗 夢の吹く頃(唄:さだまさし
1989年 奇兵隊 松平健 冬の蝉(唄:さだまさし)
1990年 勝海舟 田村正和田村亮 青春で候、プラトニック(唄:堀内孝雄(両曲とも))
1991年 源義経 野村宏伸 恋文(唄:堀内孝雄)
1992年 風林火山 里見浩太朗 夢を継ぐ人近藤房之助&クンチョー)
1993年 鶴姫伝奇 -興亡瀬戸内水軍- 後藤久美子 波の調べに(唄:堀内孝雄)

シリーズのエピソード[編集]

豪華なキャスティングを揃え、全9作を数える本シリーズだが、数回にわたって出演した俳優も多い。最も多くの回数出演したのは堤大二郎本田博太郎の7回。シリーズの顔ともいえる里見浩太朗や副主役級を多く演じた森繁久弥丹波哲郎らは6回出演している。この他下川辰平勝野洋堀内正美も6回出演している。

『白虎隊』『田原坂』『五稜郭』『奇兵隊』『勝海舟』は同じ幕末~明治が舞台で、物語としても関連性があり、同じ表現の脚本や映像流用が随所に見られる。同じ役者が同一人物を演じた例もある(またその延長線上で劇場公開作品の『幕末青春グラフィティ Ronin 坂本竜馬』から武田鉄矢の特別出演もあった)。更に『勝海舟』が放送された翌年(1991年)に『奇兵隊』のプロローグとして『炎の如く 吉田松陰』(主演は風間杜夫でキャストは『奇兵隊』と異なるが、脚本や一部スタッフが同じで過去の映像流用もあり)が山口放送開局記念番組として放送された。結果的に『白虎隊』『田原坂』『五稜郭』『奇兵隊』『勝海舟』『炎の如く 吉田松陰』の6作は幕末を描いた映像作品として物語上の繋がりを持つことになった(『幕末青春グラフィティ Ronin 坂本竜馬』とのシリーズ関連については、『奇兵隊』の終盤と同じく第二次長州征伐が舞台であるが、人物設定・物語面で『奇兵隊』と異なる部分も多く、武田鉄矢の同じ坂本龍馬役での特別出演は、幕末を描いた映像作品としてイメージ的にリンクした範囲内である)。

本田博太郎
  • 『白虎隊』『田原坂』で同じ会津藩家老佐川官兵衛役を演じた(『田原坂』では『白虎隊』の映像流用もあり)。
夏八木勲
  • 『白虎隊』『五稜郭』で新選組局長・近藤勇を演じている(使い回しの映像で『奇兵隊』でも使われている)
堀内正美
  • 『白虎隊』『田原坂』『奇兵隊』と3度に渡って公家の三条実美役を演じている(『奇兵隊』では『白虎隊』の映像流用もあり)。
石田信之
岡本富士太
武田鉄矢
  • 1986年(この年の年末に『白虎隊』が放送されている)1月に劇場公開された『幕末青春グラフィティ Ronin 坂本竜馬』で主役の坂本竜馬を演じた。それを視聴したスタッフのオファーで、3年後に『奇兵隊』で特別出演という形で坂本竜馬を演じている。

シリーズの脚本を担当した杉山義法は、分かりにくい幕末の政治情勢を視聴者に対して分かりやすく提示し、感動的なストーリーに仕上げた。いっぽうで、第2弾『白虎隊』では自ら西郷隆盛役として出演している(これが第3弾『田原坂』執筆のきっかけともなった)。

関連項目[編集]