月曜スター劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

月曜スター劇場』(げつようスターげきじょう)は、日本テレビ系列にて、1971年7月から1985年3月まで、毎週月曜日21時 - 21時54分(JST。1972年9月までは21時56分まで、1975年9月までは21時55分まで)に放送されていたテレビドラマの枠である。しかしどの作品タイトルにも「月曜スター劇場」の名称は付いていなかった(例外として『なぜか、ドラキュラ』だけは付いていた)。

番組枠の名称通り、当時のアイドルスターたち(女性の方が多かった)が主演などを担当する作品が放送されていた。

特に、同枠で多くの作品に主演した池内淳子は、1974年から6年間、日テレとテレビドラマの出演に関する専属契約を結んでいた(この6年間は例外として、TBS東芝日曜劇場』にも出演していた)。

1985年3月を最後に枠撤退。その後、ドラマ枠の路線から、ドキュメンタリー枠の路線に乗り換えられ、後続枠として『(NTTアワー) TIME21』→『(NEC)スーパーテレビ情報最前線』→『アンテナ22』と続いた。なおこの時間の日本テレビのセールス枠は、2004年4月、読売テレビのセールス枠と交換し、夜10時から10時54分の放送となった。

放映作品[編集]

作品名 放送期間 脚本 主な出演
つくし誰の子
(第1シリーズ)
1971年7月19日 - 1972年1月24日 橋田壽賀子 池内淳子ハナ肇園佳也子近藤正臣北村和夫杉村春子沢田雅美
あの橋の畔で 1972年1月31日 - 6月5日 津田幸夫
長谷川公之
近藤正臣、大谷直子御影京子津川雅彦新克利穂積隆信
つくし誰の子
(第2シリーズ)
1972年6月12日 - 11月6日 橋田壽賀子 池内淳子、近藤正臣、沢田雅美、長谷川諭市原悦子二谷英明、杉村春子
冬物語 1972年11月13日 - 1973年4月16日 清水邦夫 浅丘ルリ子原田芳雄、津川雅彦、扇千景大原麗子高松英郎原田大二郎
つくし誰の子
(第3シリーズ)
1973年4月23日 - 11月26日 橋田壽賀子 池内淳子、木村功村野武範永井秀和井川比佐志、杉村春子
たんぽぽ
(第1シリーズ)
1973年12月3日 - 1974年5月6日 橋田壽賀子 宇津井健音無美紀子あおい輝彦松原智恵子坂口良子
おしろい花 1974年5月13日 - 10月14日 小野田勇
稲葉明子
森光子芦田伸介、ハナ肇、沢村貞子、松原智恵子、夏純子大滝秀治南風洋子左とん平天地真理
つくし誰の子
(第4シリーズ)
1974年10月21日 - 1975年4月14日 橋田壽賀子 池内淳子、杉村春子、中村雅俊、音無美紀子、長谷川諭、園佳也子、沢田雅美、北村和夫
たんぽぽ
(第2シリーズ)
1975年4月21日 - 11月3日 橋田壽賀子 宇津井健、杉村春子、長山藍子、音無美紀子、坂口良子、林隆三
ひまわりの詩 1975年11月10日 - 1976年5月3日 寺内小春
楠田芳子
池内淳子、三浦友和、杉村春子、夏木陽介白川由美
たんぽぽ
(第3シリーズ)
1976年5月10日 - 10月11日 橋田壽賀子 宇津井健、杉村春子、長山藍子、音無美紀子、坂口良子、林隆三、桜木健一小倉一郎
ひまわりの道 1976年10月18日 - 1977年5月2日 楠田芳子 池内淳子、三浦友和、根上淳、芦田伸介、市原悦子、杉村春子、岡田奈々
たんぽぽ
(第4シリーズ)
1977年5月9日 - 10月31日 橋田壽賀子 宇津井健、杉村春子、音無美紀子、坂口良子、林隆三、浜木綿子和泉雅子坂上忍二階堂千寿
ひまわりの家 1977年11月7日 - 1978年5月1日 高階秋成 池内淳子、勝野洋鈴鹿景子、杉村春子、井上純一竜雷太月丘夢路
たんぽぽ
(第5シリーズ)
1978年5月8日 - 10月30日 橋田壽賀子 宇津井健、音無美紀子、小野寺昭、坂口良子、山田五十鈴、長山藍子、高津住男、杉村春子
あすなろの詩 1978年11月6日 - 1979年4月30日 楠田芳子 三浦友和、菅原謙次、池内淳子、渡辺文雄夏目雅子香坂みゆき、杉村春子
かたぐるま 1979年5月7日 - 10月29日 ジェームス三木 加山雄三、杉村春子、桜田淳子山岡久乃、坂上忍、柴田恭兵
おだいじに 1979年11月5日 - 1980年5月5日 楠田芳子 池内淳子、太川陽介中条静夫、杉村春子、泉ピン子出門英由紀さおり松田聖子
かたぐるまII 1980年5月12日 - 11月3日 ジェームス三木 加山雄三、香山美子、杉村春子、川崎麻世、山岡久乃、音無美紀子、松村達雄
竹とんぼ 1980年11月10日 - 1981年5月4日 安倍徹郎
折戸伸弘
稲葉明子
宇津井健、井上純一、石野真子藤谷美和子野村義男誠直也佐藤英夫、杉村春子
かくれんぼ 1981年5月11日 - 11月2日 松原敏春 森光子、中条静夫、太川陽介、杉村春子、泉ピン子、水沢アキ、香坂みゆき、丘さとみ松山英太郎、佐藤英夫
かたぐるまIII 1981年11月9日 - 1982年5月31日 ジェームス三木 加山雄三、香山美子、杉村春子、山岡久乃、藤谷美和子、坂上忍、沢村貞子、松村達雄、寺田農加賀まりこ
オレ達全員奈津子の子 1982年6月7日 - 11月8日 楠田芳子
秋田佐知子
池内淳子、上條恒彦紺野美沙子池部良比企理恵赤木春恵三ツ木清隆、杉村春子、岡田奈々、佐藤B作柳葉敏郎小山茉美
春よ来い 1982年11月15日 - 1983年5月9日 松原敏春 森光子、音無美紀子、中条静夫、沖田浩之尾藤イサオ片平なぎさ、太川陽介、石原真理子、泉ピン子、杉村春子
源さん 1983年5月16日 - 9月26日 布勢博一
押川国秋
麻耶誠治
鹿水晶子
宇津井健、岸本加世子、長山藍子、林隆三、犬塚弘蜷川有紀、佐藤英夫、太宰久雄シブがき隊
みんな大好き! 1983年10月10日 - 12月26日 那須真知子
塩田千種
三浦友和、坂口良子、美保純森下愛子、津川雅彦、三浦洋一佐藤浩市、尾藤イサオ
パパになりたかった犬 1984年1月9日 - 3月26日 松木ひろし 鶴見辰吾武藤まみ子マリアン、香坂みゆき、伊東四朗大坂志郎富士真奈美野村昭子沢田亜矢子
女ざかり 1984年4月9日 - 7月30日 森瑤子 いしだあゆみ、音無美紀子、木内みどり、近藤正臣、津川雅彦、野々村真加藤治子辺見マリ田中美佐子
家族の晩餐 1984年8月6日 - 9月24日 重森孝子 倍賞美津子山城新伍大西結花藤間紫平田満、由紀さおり、加賀まりこ
なぜか、ドラキュラ 1984年10月8日 - 1985年1月7日 松木ひろし
布施博一
タモリ、坂口良子、田中健、原田芳雄、宍戸錠、富士真奈美、北林谷栄船越英二、マリアン
婦警候補生物語 1985年1月14日 - 3月25日 麻田かずえ
竹山洋
伊藤麻衣子国広富之石立鉄男武田久美子財前直見三波豊和田島令子佐々木すみ江

放映ネット局[編集]

系列はネット終了時点のもの。
放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 日本テレビ 日本テレビ系列 制作局
北海道 札幌テレビ
青森県 青森放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
[1]
岩手県 テレビ岩手 日本テレビ系列
宮城県 ミヤギテレビ 1975年9月まで遅れネット[2]
秋田県 秋田放送
山形県 山形放送 1980年3月まで
山形テレビ フジテレビ系列 1980年4月から[3]
なお、同局は1993年4月からテレビ朝日系列移行した。
福島県 福島中央テレビ 日本テレビ系列 1971年10月の福島テレビとのネット交換から
山梨県 山梨放送
新潟県 新潟総合テレビ フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1981年3月まで、遅れネット
テレビ新潟 日本テレビ系列 1981年4月開局から
長野県 長野放送 フジテレビ系列 1980年9月まで、遅れネット[4]
テレビ信州 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1980年10月開局から
富山県 北日本放送 日本テレビ系列
石川県 石川テレビ フジテレビ系列 遅れネット
福井県 福井放送 日本テレビ系列 1983年4月から遅れネット[5]
静岡県 静岡放送 TBS系列 1978年6月まで、遅れネット
静岡けんみんテレビ テレビ朝日系列
日本テレビ系列
現:静岡朝日テレビ
1978年7月開局から1979年6月まで、遅れネット
静岡第一テレビ 日本テレビ系列 1979年7月開局から
中京広域圏 名古屋放送 テレビ朝日系列
日本テレビ系列
1973年3月まで
中京テレビ 日本テレビ系列 1973年4月から、変則ネット解消に伴う移行
近畿広域圏 読売テレビ
鳥取県島根県 日本海テレビ 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
広島県 広島テレビ 日本テレビ系列 1975年9月までは遅れネット[6]
山口県 山口放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
[1]
徳島県 四国放送 日本テレビ系列
香川県
香川県・岡山県
西日本放送 1983年3月までの放送エリアは香川県のみ
1983年4月から電波相互乗り入れに伴い岡山県でも放送
愛媛県 南海放送
高知県 高知放送
福岡県 福岡放送
長崎県 テレビ長崎 フジテレビ系列
日本テレビ系列
遅れネット
熊本県 テレビ熊本 フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1982年3月まで、遅れネット
熊本県民テレビ 日本テレビ系列 1982年4月開局から
大分県 テレビ大分 フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
遅れネット
宮崎県 テレビ宮崎
鹿児島県 南日本放送 TBS系列 遅れネット[7]
沖縄県 琉球放送 遅れネット

脚注[編集]

  1. ^ a b 青森放送は1975年3月まで、山口放送は1978年9月まで日本テレビ単独加盟局。
  2. ^ 1975年9月まではNETテレビ系列とのクロスネット局。
  3. ^ 山形放送のテレビ朝日系列とのクロスネット局化に伴う移行。
  4. ^ 日曜午後に6日遅れで放送。
  5. ^ 遅れネット化後は土曜23時台に放送し、月曜21時台は『西部警察 PART-III』を遅れネット。
  6. ^ 1975年9月まではフジテレビ系列とのクロスネット局。
  7. ^ 1982年9月までは月曜22時に7日遅れで放送→1982年10月の『月曜ロードショー』のネット開始により日曜23時に6日遅れで放送。

関連項目[編集]

日本テレビ系列 月曜21:00枠
前番組 番組名 次番組
月曜スター劇場
日本テレビ系 月曜21:55 - 21:56枠
ファミリー劇場
(21:00 - 21:56)
月曜スター劇場
(1971年7月 - 1972年9月)
【1分縮小して継続】
NNNニューススポット
(21:55 - 22:00)
【1分拡大して継続】
日本テレビ系 月曜21:54 - 21:55枠
月曜スター劇場
(21:00 - 21:55)
月曜スター劇場
(1972年10月 - 1975年9月)
【更に1分縮小して継続】
NNNニューススポット
(21:54 - 22:00)
【更に1分拡大して継続】