新克利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
あたらし かつとし
新 克利
本名 新 克利(あたらし かつとし)
生年月日 (1940-12-04) 1940年12月4日(81歳)
出生地 日本の旗 日本東京府東京市[1]
職業俳優
声優
ジャンル 元舞台
元テレビドラマ
元映画
活動期間 1964年 - 2000年代後半
主な作品
テレビドラマ
肝っ玉かあさん
ありがとう
必殺仕置屋稼業
華麗なる刑事
女検事・霞夕子』〈桃井版〉
テンプレートを表示

新 克利(あたらし かつとし、1940年12月4日[2][1] - )は、日本の元俳優、元声優

来歴・人物[編集]

東京市鳶職の子として生まれる。

都立三田高校を卒業後、1959年法政大学法学部に進むも2年で中退。俳優座養成所に13期生として入所し、1964年3月に卒業と同時に団員となる。

1968年、『肝っ玉かあさん』に医師役で初のテレビドラマレギュラー出演を果たして人気を獲得。

石井ふく子プロデュース作品に常連出演していたが、誠実なイメージの役が多かっただけに、一部週刊誌で長山藍子との不倫スキャンダルが報じられて以降は出演が減った。

必殺仕置屋稼業』の印玄役も当たり役の1つであり、悪人を屋根から突き飛ばす際に悪人が言う「止めて!助けて!」は当時流行した。

声質が関口宏に似ているため、関口の兄と間違われたことがあったという。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

吹き替え[編集]

CM[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 新克利の解説”. goo人名事典. 2022年1月11日閲覧。
  2. ^ 「男性キャストの部」 『日本音声製作者名鑑2007』小学館、2007年3月25日、13頁。ISBN 978-4-09-526302-1 
  3. ^ 東宝特撮映画全史 1983, p. 538, 「主要特撮作品配役リスト」

参考文献[編集]

外部リンク[編集]