日本テレビ火曜9時枠連続ドラマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本テレビ火曜9時枠連続ドラマ(にほんテレビかようくじわくれんぞくドラマ)は、過去6期に渡って日本テレビにて、毎週火曜日21時台に放送されていたテレビドラマの枠である。

概要[編集]

1973年までは放送枠もまちまちで、しかもプロ野球中継(当時の枠は20:00 - 21:30→21:26)のためにその対応枠で中断したり、仮にプロ野球シーズン中に継続しても休止になる事が多かった。

1973年10月からは1時間枠として定着。1975年9月までは大型予算による史劇や時代劇を放送していたが、それ以降は主に男性向けの刑事・娯楽アクションもの中心の編成となり、特に3シリーズに渡って制作された『大都会』シリーズは各シリーズで形を変えながらも本枠を代表する作品となった。また、松田優作主演作の一つとして後年語られることになる『探偵物語』もこの枠である。なお下記の作品リストの通り、いずれの作品も外部のプロダクションが制作を手がけている。

なお、当時は火曜夜10時枠にも連続ドラマ枠『火曜劇場』があったため、連続ドラマ枠が2つ連続していた(2015年3月までのフジテレビの編成と同様)。さらにその前には時代劇枠も存在していた。その上最末期の1981年2月 - 4月には、19:00にも海外ドラマ『がんばれ!ブーマー』が存在しており、19:30のクイズ番組『それは秘密です!!』を除いて、3時間半もドラマが放送されていた(しかも本枠の『炎の犬』、19:00の『ブーマー』と、犬物ドラマが2本編成)。

しかし、『大激闘マッドポリス'80』の失敗以降はスタンスが定まらなくなり、結果として1981年10月の改編で火曜日のドラマ枠の抜本的な見直しがなされ「火曜劇場」と放送枠を統合、2時間ドラマ枠『火曜サスペンス劇場』に引き継がれることになった。

それ以降火曜夜9時枠は26年間に渡り2時間ドラマ枠という形でレギュラードラマ枠を維持していたが、末期には『火曜サスペンス劇場』から『DRAMA COMPLEX』『火曜ドラマゴールド』と改題するにつれて往年の力を失い、2007年春の改編期をもって2時間ドラマ枠が廃止されることとなった。また後番組として『週刊オリラジ経済白書』が開始されたことにより、火曜夜9時枠は34年ぶりにバラエティ枠に移行することとなった。

放送作品一覧[編集]

第1期[編集]

第2期[編集]

第3期[編集]

第4期[編集]

第5期[編集]

  • 鉄平と順子(1972年10月3日 - 1973年1月16日) - 三度21:00~21:30。

第6期[編集]

枠は全て21:00~21:54(1975年9月までは21:55終了)。

タイトル 放映期間 話数 制作会社 出演者
水滸伝 1973.10.2~1974.3.26 26 国際放映 中村敦夫土田早苗丹波哲郎大林丈史佐藤慶ハナ肇
花の生涯 1974.4.2~1974.9.24 26 平幹二朗山本陽子本阿弥周子浜田寅彦武原英子加藤嘉
鞍馬天狗 1974.10.1~1975.3.25 26 東宝 竹脇無我水野久美佐野浅夫若林豪成田三樹夫古谷一行
剣と風と子守唄 1975.4.1~1975.9.30 27 三船プロダクション 三船敏郎、中村敦夫、斉藤こず恵赤塚真人
はぐれ刑事 1975.10.7~1975.12.30 13 俳優座映画放送
国際放映
平幹二朗、沖雅也夏純子田中邦衛火野正平小沢栄太郎
大都会 闘いの日々 1976.1.6~1976.8.3 31 石原プロモーション 渡哲也仁科明子篠ヒロコ神田正輝、佐藤慶、石原裕次郎
いろはの"い" 1976.8.10~1977.3.29 34 東宝 竹脇無我、黒沢年男藤岡琢也寺尾聰高品格金子信雄
大都会 PARTII 1977.4.5~1978.3.28 52 石原プロモーション 渡哲也、松田優作、高品格、小野武彦丘みつ子、石原裕次郎
大追跡 1978.4.4~1978.9.26 26 東宝 加山雄三藤竜也、沖雅也、柴田恭兵長谷直美渡辺文雄
大都会 PARTIII 1978.10.3~1979.9.11 49 石原プロモーション 渡哲也、寺尾聰、星正人、高品格、小野武彦、石原裕次郎
探偵物語 1979.9.18~1980.4.1 27 東映芸能ビデオ 松田優作、成田三樹夫、山西道広竹田かほりナンシー・チェニー
大激闘マッドポリス'80 1980.4.8~1980.7.22 16 東映 渡瀬恒彦梅宮辰夫志賀勝片桐竜次中西良太堀川まゆみ
特命刑事 1980.7.29~1980.9.30 10 東映 渡瀬恒彦、梅宮辰夫、桜木健一、志賀勝、片桐竜次、中西良太
警視-K 1980.10.7~1980.12.30 13 勝プロダクション 勝新太郎奥村真粧美川谷拓三北見治一小池朝雄中村玉緒
炎の犬 1981.1.6~1981.3.31 13 三船プロダクション 三ツ矢歌子高橋悦史夏江麻岐松田洋治平泉征
プロハンター 1981.4.7~1981.9.22 25 セントラル・アーツ 草刈正雄、藤竜也、柴田恭兵、名取裕子小川真由美宍戸錠

関連書籍[編集]

  • 山本俊輔・佐藤洋笑『NTV火曜9時 アクションドラマの世界 「大都会」から「プロハンター」まで』DU BOOKS ISBN 4907583346

関連項目[編集]

日本テレビ 火曜21時台前半枠
前番組 番組名 次番組
プロ野球中継
(20:00~21:30)
日本テレビ火曜9時枠連続ドラマ
(1962年10月 - 12月)
ワンマンショー
日本テレビ火曜9時枠連続ドラマ
(1964年2月~9月)
日本テレビ火曜9時枠連続ドラマ
(21:00~22:00)
※『男ありて
日本テレビ系 火曜21時枠
日本テレビ火曜9時枠連続ドラマ
(21:00~21:30)
※『保安官ワイアット・アープ
四重奏
(21:30~22:00)
日本テレビ火曜9時枠連続ドラマ
(1964年10月~12月)
日本テレビ火曜9時枠連続ドラマ
(21:00~21:30)
※『アッちゃん
警察犬アイバン
(21:30~22:00)
日本テレビ系 火曜21時台前半枠
日本テレビ火曜9時枠連続ドラマ
(21:00~22:00)
※『男ありて』
日本テレビ火曜9時枠連続ドラマ
(1965年1月~1966年1月)
プロ野球中継
(20:00~21:26)
NNNニューススポット
(21:26~21:30)
【30分繰り上げ】
日本テレビ火曜9時枠連続ドラマ
(1966年10月~1967年3月)
カラー時代劇シリーズ
(20:00~21:26)
NNNニューススポット
(21:26~21:30)
【30分繰り下げ】
日本テレビ系 火曜21時枠
カラー時代劇シリーズ
(20:00~21:26)
NNNニューススポット
(21:26~21:30)
【30分繰り上げ】
お好み寄席めぐり
(21:30~22:00)
日本テレビ火曜9時枠連続ドラマ
(1967年10月~1968年3月)
笑待席
(21:00~21:30)
ローンウルフ 一匹狼
(21:30~22:26)
【30分繰り下げ】
日本テレビ系 火曜21時台前半枠
火曜スペシャル(第2期)
(20:00~21:26)
NNNニューススポット
(21:26~21:30)
【31分繰上げ、枠縮小】
日本テレビ火曜9時枠連続ドラマ
(1972年10月~1973年1月)
火曜スペシャル(第3期)
(20:00~21:25)
【30分拡大して継続】
NNNニューススポット
(21:25~21:30)
【30分繰下げ】
日本テレビ系 火曜21時枠
火曜スペシャル(第3期)
(20:00~21:25)
NNNニューススポット
(21:25~21:30)
※30分繰上げ
火曜劇場
(21:30~22:25)
【30分繰り下げ】
日本テレビ火曜9時枠連続ドラマ
(1973年10月~1981年9月)
今夜のサスペンス
(21:00~21:02)
火曜サスペンス劇場
(21:02~22:54)
日本テレビ系 火曜21:54~21:55枠
火曜劇場
(21:30~22:25)
日本テレビ火曜9時枠連続ドラマ
(1973年10月~1975年9月)
【1分縮小して継続】
-