日本テレビ昼1時枠帯ドラマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本テレビ昼1時枠帯ドラマ』(にほんテレビひるいちじわくおびどらま)は、1962年2月から1968年9月まで日本テレビ系列の13時台(JST)に放送された昼ドラの放送枠である。

歴史[編集]

1961年TBS系列が昼帯ドラマを始めた事に刺激されて開始した昼ドラで、当初は平日13:00 - 13:20の枠であったが、1963年の『夜は新しく』より土曜日まで拡大、そして次作『満ちて来る潮』より、13:20 - 13:35の昼ドラと13:35枠の箱番組の5分繰上げにともない、枠を13:00 - 13:15に縮小した。そして1965年11月より平日13:30 - 13:45枠によみうりテレビ制作の昼ドラが開始、昼ドラ3体制となった。

1967年4月で13:15枠の昼ドラが廃枠になったため、『島倉千代子 歌謡シリーズ』より13:00 - 13:30に拡大し、土曜放送を廃止して平日限定で継続、そして1968年8月に『YTV制作昼ドラ』が終了してわずか1ヶ月後、『不信のとき』(『夜のグランド劇場』で放送した作品の再放送)の放送を以て、『お昼のワイドショー』(当時は12:30 - 13:30)の放送枠確保のために6年7ヶ月の幕を降ろし、そして日本テレビ平日13時枠の昼ドラは、1972年4月開始の『北日本放送制作昼の帯ドラマ』(平日13:45 - 14:00)まで中断する。

放送作品一覧[編集]

1962年[編集]

1963年[編集]

1964年[編集]

1965年[編集]

1966年[編集]

1967年[編集]

1968年[編集]

提供[編集]

備考[編集]

  • プロ野球日本シリーズの中継の時は、13:15枠昼ドラや『YTV昼ドラ』と共に、15時台に繰下げる。

出典[編集]

  • 「放送学研究・午後の時間帯」(日本放送協会)89 - 92頁・150 - 152頁 1981年
  • 「大衆とともに25年・沿革史」(日本テレビ放送網)450 - 478頁 1978年

関連項目[編集]

日本テレビ 平日13:00 - 13:20枠
前番組 番組名 次番組
奥様お料理メモ
(13:00 - 13:15)
月-キングアワー
火-素人のどくらべ
水-お茶の間試写会
木-セ・シ・ボン・マダム
金-ダークと遊ぼう
(全て13:15 - 13:45)
【全て5分繰下げ】
日本テレビ昼1時枠帯ドラマ
(1962年2月 - 1964年3月)
日本テレビ
昼1時枠帯ドラマ

(13:00 - 13:15)
【5分縮小】
日本テレビ
昼1時15分枠帯ドラマ

(13:15 - 13:30)
【5分繰上げ】
日本テレビ 平日13:00 - 13:15枠
日本テレビ
昼1時枠帯ドラマ

(13:00 - 13:20)
日本テレビ昼1時枠帯ドラマ
(1964年4月 - 1967年4月)
日本テレビ
昼1時枠帯ドラマ

(13:00 - 13:30)
【30分拡大】
日本テレビ 平日13時台前半枠
日本テレビ
昼1時枠帯ドラマ

(13:00 - 13:15)
日本テレビ
昼1時15分枠帯ドラマ
(13:15 - 13:30)
日本テレビ昼1時枠帯ドラマ
(1967年5月 - 1968年9月)
お昼のワイドショー
(12:30 - 13:30)
日本テレビ 土曜13:00 - 13:20枠
前番組 番組名 次番組
土曜プレゼント
(13:00 - 14:30)
日本テレビ昼1時枠帯ドラマ
(1963年10月 - 1964年3月)
【土曜放送開始】
日本テレビ
昼1時枠帯ドラマ

(13:00 - 13:15)
【5分縮小】
日本テレビ
昼1時15分枠帯ドラマ
(13:20 - 13:35)
【5分繰上げ】
日本テレビ 土曜13:00 - 13:15枠
日本テレビ
昼1時枠帯ドラマ

(13:00 - 13:20)
日本テレビ昼1時枠帯ドラマ
(1964年4月 - 1967年4月)
【土曜放送廃止】