桜木健一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さくらぎ けんいち
桜木 健一
本名 宮土 尚治
別名義 櫻木 健一
生年月日 (1948-03-26) 1948年3月26日(70歳)
出生地 日本の旗 日本 大阪府大阪市
身長 165cm
血液型 B型
職業 俳優歌手
ジャンル テレビドラマ映画
事務所 トライストーン・エンタテイメント
主な作品
テレビドラマ
柔道一直線』/『刑事くん

桜木 健一(さくらぎ けんいち、1948年3月26日 - )は、日本俳優歌手。別表記として櫻木 健一(読み同じ)、本名は宮土 尚治(みやつち しょうじ[1])。トライストーン・エンタテイメント所属。

来歴・人物[編集]

大阪府大阪市阿倍野区美章園出身。幼少時から関西の児童劇団に在籍。1966年上宮高等学校を卒業した。在学中は生徒会長をつとめ、本名でテレビ時代劇新選組血風録』第25話「流山」に出演。近畿大学に入学するが、中退して上京し、1967年の映画『あゝ同期の桜』、1969年の『昭和残侠伝 唐獅子仁義』に出演した。

1969年、『柔道一直線』の主人公・一条直也役に抜擢される。これは同番組のプロデューサーだった東映斉藤頼照が、「小柄で芝居がうまい」ということで桜木を大阪から呼びよせたもので、桜木のマネージャーはこの際に、桜木に柔道着を着せてきたという。

『柔道一直線』は折からの「スポ根ドラマ」ブームもあって平均20%台の高視聴率を誇り、共演の吉沢京子とともにお茶の間の人気者となった。番組当時、桜木と吉沢のブロマイドはともに売り上げ1位のまま、3 - 4年間もそれが続いたという。同作の予告編にはファンレターの山から桜木が飛び出すカットがあるが、これは実際に届いた桜木宛てのファンレターをそのまま使ったものだった。

その後、同じTBSで『刑事くん』に主演。

ただ、青春スターとしての印象が強かったためか、本人がスポーツ紙で語ったところによると、35歳くらいになるとテレビの仕事が途絶えるという苦しい時期もあったという[要出典]

以後、活動の中心を舞台に移し、山本周五郎原作の『さぶ』、『樅ノ木は残った』など、多数の舞台に出演。歌手としての活動は、『柔道一直線』の主題歌のほか、『太陽の恋人』、『恋はうそつき』、安倍里葎子とデュエットした『誘惑』がある。映画では『仁義なき戦い』シリーズなどに出演した。

ロス五輪の柔道金メダリスト・斉藤仁に、五輪前に本人から指名を受け、柔道雑誌の対談で初めて会った。そのとき「自分は『柔道一直線』を見て、柔道を始めたんです」と言われ、それが「とても嬉しかった」のだという。「あのドラマは、いわば僕の名刺代わりだから。あれがあったから、今の僕がある。」と話している。その後、「金メダルを取りました!」と報告があったという[2]

パンダが町にやってくる』(2008年)では、主人公のご近所で道場を営む柔道の先生役。その名も“十条直哉”で、(還暦のため)赤い柔道着に身を包み、吉沢京子と夫婦役という設定であった。赤い柔道着は本人の自前で、先輩からお祝いに贈られたものである[2]。また、作中では講道館から功労賞を贈られ、そのお祝いに駆けつけるという設定で、斉藤仁本人がゲスト出演している。

2009年、そば好きが高じて横浜・八景島シーパラダイスに「櫻木健一のお店」と銘打った「そば処 櫻木庵」を出店。「一直線天ぷら」「つばめ返しうどん」などのユニークなネーミングが並んでいたが、2014年に閉店した。

出演[編集]

※を付したものは本名名義。

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

Vシネマ[編集]

ラジオ[編集]

  • ひとつきの楽園(NHKFMシアター、2010年11月20日放送) - 自分のゆく道が見えず、愛媛のミカン農家にアルバイトに来た青年。都会から自分探しのために来た人々との交流を描く。

CM[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. 恋はうそつき(1970年4月、コロムビア、P-88)
    (c/w どんとこい)
  2. 帰らない町(1970年10月キャニオン、CA-1)
    • 作詞:岩谷時子 / 作曲:筒美京平 / 編曲:筒美京平
    (c/w 君から僕へ)
  3. 太陽の恋人(1971年7月、キャニオン、A-61)
    (c/w 若者小唄)
  4. コンクリート・ジャングル(1972年9月、キャニオン、A-83)
    (c/w はてしなき恋)
  5. 青春の刻(1975年12月、ポリドール、DR-1997)
    (c/w 昨日の街)
  6. 別れのための子守歌(1977年11月25日、ポリドール、DR-6164)
    (c/w ローリング・ハイボール)
  7. 誘惑(1984年、リバスター、7RC-0025)※共演:安倍里葎子
    (c/w 愛終ワルツ)※歌唱:安倍里葎子
  8. おんなの罪(1987年2月、ポリドール、7DX-1472)
    (c/w 夢一輪)

オリジナル・アルバム[編集]

  1. 若さで一直線(1971年、キャニオン、CAL-1014)

参考文献[編集]

  • 『夢回路 市川森一ファンタスティックドラマ集』(柿の葉会)
    『刑事くん』のシナリオが7編、『熱血猿飛佐助』の未映像化シナリオ(「恋路はるかに…」)が1編、スチール写真も2枚ほど収められ、『刑事くん』スタート時のコンセプトなども語られている。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「柔道一直線 ミュージックファイル」(VAP・2001年)解説書
  2. ^ a b Interview 十条直哉役 櫻木健一さん”. ひるドラ パンダが町にやってくる. 毎日放送. 2018年4月26日閲覧。

外部リンク[編集]