大都会 闘いの日々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大都会 -闘いの日々-』(だいとかい たたかいのひび)は、1976年(昭和51年)1月6日から8月3日まで日本テレビ系列で毎週火曜日21:00 - 21:54に全31話が放送された、石原プロモーション制作の刑事ドラマである。『大都会』シリーズの第一作。

2012年(平成24年)現在、石原プロの公式ウェブサイトで当番組が紹介されている。本作を「PART I」と表記した箇所があるが、番組名の変更ではなく「PARTII」「PARTIII」との区別のための便宜上の呼称であると見られる。

概要[編集]

病床からのカムバックを果たした渡哲也の復帰第一作として制作された。以降の石原プロモーション作品のノウハウが固められた作品でもある。

原案とメインライターを倉本聰が手掛け、黒岩(渡哲也)と滝川(石原裕次郎)を中心に、彼らの姿を通して暴力団事件の陰に潜む非業に満ちたドラマを描写する。主人公は黒岩だが、滝川は黒岩を見守る大きな存在であることが特徴である。

日本の刑事ドラマにおいて、暴力団事件がクローズアップされることは非常にまれであり、暴力犯捜査の専務課である捜査第四課が刑事ドラマの舞台となることも大変珍しい。もうひとつの舞台とも言うべき城西警察署記者クラブの新聞記者たちの活躍や、シリーズを通して描かれるサイドストーリーも見所のひとつ。また、当時の刑事ドラマにありがちだったアクション要素をあえて排除し、警察の組織体制や捜査手法、暴力団事件の手口なども非常にリアルに描いている。

本作品は主に識者から高い評価を得たが[1]、視聴率的には振るわず、翌年の新作『PARTII』以降は社会派ドラマ的な性質は影を潜めハードアクション路線に移行していくことになった。

登場人物[編集]

メインキャスト[編集]

黒岩 頼介【くろいわ らいすけ】(演:渡哲也
警視庁巡査長・刑事部捜査第四課。
群馬県嬬恋村三原出身(第5話より)。警視庁管内に名を轟かせる「深町軍団」の一員であり、城西警察署の捜査本部へ派遣されている。奈良の大和警察署暴力犯係だった頃、妹・恵子の強姦事件がきっかけで発狂寸前となったことから長野県警察本部へ異動。その後、深町に拾われる形で警視庁勤務となった。柔道5段、空手3段、逮捕術1級で無口ではあるが、自分の過去の出来事が事件の捜査とダブることが多く、それゆえ捜査方針と自らの心境との間で、絶えず苦悩する。妹思いであり、照れ屋の一面もある。銭湯通い。中盤から五分刈り頭となり、以降のシリーズにおける黒岩のイメージが定着し始める。愛称「クロ」。
黒岩 恵子【くろいわ けいこ】(演:仁科明子
頼介の妹。兄と二人暮らしで、渋谷パルコの婦人下着売り場に勤務する。明るく人懐こい性格であるが、その裏には兄に対する報復で暴力団に輪姦された過去があり、その呪縛が兄妹の前途に重く圧し掛かっている。
滝川 竜太【たきがわ りゅうた】(演:石原裕次郎
東洋新聞社会部記者・警視庁第三方面クラブ(城西署記者クラブ)キャップ。黒岩の高校の先輩でもあり、妻と2女の家庭を持つ。無類の博打好きであることから、「バクさん」と異名を取る。記者としては有能であるが、「人を傷つける記事は書かない」という信念を持ち、それゆえに社内では未だに平キャップ止まり。

警視庁捜査第四課[編集]

深町 行男【ふかまち ゆきお】(演:佐藤慶
課長・警視。「深町軍団」を率いる警視庁きっての強硬派であり、組織暴力殲滅の為には手段を選ばない冷血漢。その反面甘い物好きで常にチョコレートを口にしている。
一色 光彦【いっしき みつひこ】(演:玉川伊佐男
課長代理。深町課長不在の際に部下に命令を下す。温厚な紳士然としているが、その反面で皮肉屋の一面があり、事件の関係者の反感を買うことがある。
加賀見 乙吉【かがみ おときち】(演:中条静夫
係長・警部。仕事には厳しいが根は人情家であり、深町や一色と比べると現場寄りのスタンス。また直々に捜査へ出ることも多い。第4話では、松川に息子の就職の世話を願い出た。
丸山 米三【まるやま よねぞう】(演:高品格
巡査部長。暴力犯捜査の大ベテランで黒岩と共に行動することが多い。愛称「とぼけの丸さん」。千葉県在住。仕事帰りにその日の夕食の食材をスーパーで調達するなどマイホーム・パパ的な一面も見せる。
高木 吾一【たかぎ ごいち】(演:草薙幸二郎
巡査部長。暴力犯捜査のベテランで厳しい取り調べをする。

城西警察署暴力犯係[編集]

大内 正【おおうち ただし】(演:小野武彦
黒岩の先輩格。
平原 春夫【ひらはら はるお】(演:粟津號
東北訛りが特徴的な、刑事部屋のムードメーカー。神奈川県厚木市本厚木在住。妹がいる(第20話のラストに黒岩と恵子と一緒に怪我を負った平原を見舞いに行く)。後半で苦悩の末に料理屋勤めの恋人と身を固める決意をする。
清水 英子【しみず えいこ】(演:新井春美
事務員。元刑事の父を持ち、終盤で黒岩との縁談の話が持ち上がる。

東洋新聞記者クラブ[編集]

日高 明【ひだか あきら】(演:寺尾聰
滝川の片腕であると同時に、バクチ仲間でもある若手記者。調子の良い反面、やや刹那的な性格。一度「家庭部」に左遷の危機が訪れるも、滝川の機転で何とか記者クラブに留まった(第16話)。
九条 浩次【くじょう こうじ】(演:神田正輝 ※新人)
新米記者。元々裕福な家の出で、自身は変にエリート意識がある。私生活では話中盤あたりから黒岩の妹・恵子と恋人関係となる。終盤でついに黒岩恵子との縁談話までこぎつけるが、そこで彼女の「封印された過去」を知るに到る。
由比 大三郎【ゆい だいざぶろう】(演:北浦昭義)
中堅記者。滝川とコンビを組むことが多い。

毎朝新聞記者クラブ[編集]

松川 純一郎【まつかわ じゅんいちろう】(演:宍戸錠
キャップ。滝川とは仕事・麻雀共にライバルである。愛人を連れて温泉場にしけ込むなど、かなりの好色家。
大久保 昭彦【おおくぼ あきひこ】(演:平泉征
暴力団組長の実娘の結婚式に絡む取材の報復で、組長の運転手(清水健太郎)の襲撃を受け負傷するが、その後元気に記者クラブに復帰した(第11話、第15話)。
南【みなみ】(演:武藤章生

タイムス社記者クラブ[編集]

木内【きうち】(演:柳生博
キャップ。同じキャップの滝川、松川とは麻雀仲間でもある。母校の裏口入学に絡む事件で捜査四課に協力を申し出る(第11話、第18話)。
新井【あらい】(演:山根久幸
吉乃【よしの】(演:浜田晃

バー「ムンク」[編集]

三浦 直子【みうら なおこ】(演:篠ヒロコ
ママ。自身が被害者となった強姦事件(第2話)をきっかけに黒岩と知り合い、それ以来親密な関係となる。黒岩や滝川にはあくまでも気さくに接するものの、どこか陰のある女性であり、黒岩の再三に渡る忠告にも関わらず、幾度となく暴力団関係の情報を提供し続けてきた。
終盤にて、政財界のフィクサー・桂木(山内明)の情婦という正体が明かされる。やがて黒岩との結婚と裏社会からの訣別を決意するが、素性を知った深町の暴力団壊滅頂上作戦に利用される格好となり、結局は桂木との関係を継続することとなる。最後は自分が黒岩に愛される資格がないことを悟り、桂木とともに香港へと脱出した。
女性歌手(演:牧村三枝子
店内で「赤提灯の女」を歌う女性歌手。
木島 ひろみ【きじま ひろみ】(演:丸尾リエ
ホステス。多摩税務署に勤める兄がいたが、劇中でヒロポン密造中の爆発事故に巻き込まれ死亡している(第14話)。二人で食事に出るなど、滝川にはかわいがられている様子。

劇中用語[編集]

深町軍団
四課長である深町の直属チームとして、警視庁捜査第四課から選りすぐられた精鋭部隊の通称。関西・潮会の東京進出をきっかけに、城西署を拠点とした暴力団壊滅作戦を展開する。
潮会
関西を拠点とする広域指定暴力団。関東への勢力拡大を狙い、城西地区の縄張を次々に侵攻。やがて罪無き市民をも巻き込んだ一大抗争へと発展していく。
その裏では、フィクサー・桂木を中心とした暴力団全国統一計画が着々と進んでいた。

ストーリーリスト[編集]

話数 初放送日 サブタイトル ゲスト 脚本 監督
1 1976年1月6日 水沢アキ 石橋蓮司 倉本聰 小澤啓一
2 1976年1月13日 直子 伊吹吾郎 西尾三枝子
3 1976年1月20日 身がわり 渡辺篤史 三木聖子 深江章喜 潮健児 斎藤憐 降旗康男
4 1976年1月27日 協力者 松田優作 岡本麗 小鹿番 倉本聰 村川透
5 1976年2月3日 めぐり逢い 宮下順子 蟹江敬三 斎藤憐 降旗康男
6 1976年2月10日 ちんぴら 浅田美代子 林ゆたか 永原秀一 村川透
7 1976年2月17日 おんなの殺意 赤座美代子 岡崎二朗 丘奈保美 吉田豊明 伊達三郎 八名信夫 大津皓一
塩田千種
小澤啓一
8 1976年2月24日 俺の愛したちあき・なおみ 高橋洋子 関川昇 蜷川幸雄 服部妙子 倉本聰 村川透
9 1976年3月2日 解散 青木義朗 神田隆 永原秀一 小澤啓一
10 1976年3月9日 憎しみの夜に 内田あかり 曽根晴美 今井健二 江角英明 芹明香 野上龍雄 村川透
11 1976年3月16日 大安 内田朝雄 大関優子 清水健太郎 早川雄三 加藤和夫 山口哲也 倉本聰 降旗康男
12 1976年3月23日 女ごころ 中尾ミエ 森次晃嗣 大津皓一
13 1976年3月30日 再会 藤岡琢也 剛達人 石橋蓮司 丸山詠二 永原秀一 澤田幸弘
14 1976年4月6日 もう一人の女 真屋順子 高木均 黒部進 大津皓一
永原秀一
15 1976年4月13日 前科者 室田日出男 春川ますみ 原田清人 倉本聰 村川透
16 1976年4月20日 私生活 いしだあゆみ 斎藤憐
17 1976年4月27日 約束 高橋悦史 栗田ひろみ 佐藤蛾次郎 富田仲次郎 小澤啓一
18 1976年5月4日 少年 田仲慎司 鳳八千代 内田稔 太刀川寛 宮川洋一 小林勝彦 倉本聰 村川透
19 1976年5月11日 受難 丘みつ子 菅貫太郎 中島久之 苅谷俊介 森幹太 舛田紀子 永原秀一
峯尾基三
小澤啓一
20 1976年5月18日 週末 伴淳三郎 橋爪功 大前均 たこ八郎 倉本聰 村川透
21 1976年5月25日 スクープ 白川望美 睦五郎 永原秀一
峯尾基三
山本迪夫
22 1976年6月1日 スター 佐野厚子 高橋長英 北村総一朗 福岡正剛 柏原寛司
23 1976年6月8日 山谷ブルース 杉本美樹 志賀勝 黒部進 近藤宏 山谷初男 倉本聰 澤田幸弘
24 1976年6月15日 急行十和田2号 坂口良子 川谷拓三 郷鍈治 加川三起 重松収 金子成人
25 1976年6月22日 アバンチュール 木の実ナナ 富川澈夫 斎藤憐 小澤啓一
26 1976年6月29日 内藤杏子 八名信夫 四方正美 永原秀一
峯尾基三
27 1976年7月6日 雨だれ 柴田侊彦 稲野和子 勝部演之 倉本聰 舛田利雄
28 1976年7月13日 不法侵入 大門正明 下條正巳 初井言榮 伊佐山ひろ子 桂木梨江 斎藤憐
29 1976年7月20日 恵子 滝田裕介 蜷川幸雄、三田悠子、柳川慶子 倉本聰 村川透
30 1976年7月27日 縁談 山内明 今井健二 田島義文
31 1976年8月3日 別れ 山内明 橋本功 日野道夫 片岡五郎 苅谷俊介

放映ネット局[編集]

系列はパートI放送当時のもの。
放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 日本テレビ 日本テレビ系列 制作局
北海道 札幌テレビ
青森県 青森放送 日本テレビ系列
NETテレビ系列
岩手県 テレビ岩手
宮城県 ミヤギテレビ 日本テレビ系列
秋田県 秋田放送
山形県 山形放送
福島県 福島中央テレビ[2] 日本テレビ系列
NETテレビ系列
遅れネット
山梨県 山梨放送 日本テレビ系列
新潟県 新潟総合テレビ[2] フジテレビ系列
日本テレビ系列
NETテレビ系列
遅れネット
長野県 信越放送 TBS系列
静岡県 静岡放送[3]
富山県 北日本放送 日本テレビ系列
石川県 北陸放送 TBS系列 遅れネット
福井県 福井放送 日本テレビ系列
中京広域圏 中京テレビ
近畿広域圏 読売テレビ
鳥取県・島根県 日本海テレビ 日本テレビ系列
NETテレビ系列
広島県 広島テレビ 日本テレビ系列
山口県 山口放送
徳島県 四国放送
香川県 西日本放送 放送当時の放送エリアは香川県のみ
愛媛県 南海放送
高知県 高知放送
福岡県 福岡放送
長崎県 テレビ長崎 フジテレビ系列
日本テレビ系列
遅れネット
熊本県 熊本放送[4] TBS系列
大分県 テレビ大分 フジテレビ系列
日本テレビ系列
NETテレビ系列
宮崎県 テレビ宮崎 フジテレビ系列
NETテレビ系列[5]
鹿児島県 鹿児島テレビ フジテレビ系列
日本テレビ系列
NETテレビ系列
沖縄県 沖縄テレビ フジテレビ系列

二次放送・ソフト化[編集]

豆知識[編集]

  • 2007年4月25日に、闘いの日々から PARTIIIまでの5枚組セット(1枚は渡哲也と牧村三枝子が歌うボーナス・CD)の「大都会オリジナル・サウンドトラック プレミアム・ボックスCD」が発売された。ただし「闘いの日々」のサントラ・パート2は収録されていない。
  • 第8話「俺の愛したちあきなおみ」は、現役の歌手の名がサブタイトルに使われたことで放送前から話題となった。村川透によれば、石原裕次郎がちあきの熱烈なファンだったことと、宍戸錠の実弟であり日活仲間の郷鍈治がちあきと結婚しそうなのでご祝儀的な意味合いから企画されたという。この回への返礼なのか、郷鍈治は第24話にゲスト出演している[6]
  • 当初は2クール前後25回の予定(放送当時は現在のように改編期にスペシャル特番を放送することがあまりなく、連続ドラマも中断されることなく放送された)だったが、初動の視聴率が好調であったことから3クールへの延長が内定した(その後は31話に短縮)。したがって、全話を倉本と斉藤のシナリオで構成されるべきであったが、急遽増えた話は永原など、別のスタッフが担当することになった。
  • 挿入歌の「赤提灯の女」は、裕次郎がボツと言った曲を採用したものであった。当時、裕次郎があたると言った曲は売れず、逆にダメと言った曲がヒットするジンクスがあったことによる。
  • 当初、九条役には当時大川橋蔵の門下生だった五代高之を裕次郎自身が推挙していたが、最終的には岡田晋吉らの強い推薦により神田正輝に決定した。
  • この作品で俳優として芸能界にデビューした神田正輝が製作元であり所属事務所の石原プロモーションから受け取った最初の一ヶ月分(話数にして四本分)のギャラは6万円。これは当時神田が仕事としていたスキー用品のテスターのギャラよりも遙かに低かった[7]

スタッフ[編集]

放映方式[編集]

  • メディア:カラー16mmフィルム
  • 音声:モノラル

脚注[編集]

  1. ^ 洋泉社映画秘宝』2012年5月号・山口剛インタビューなどより。
  2. ^ a b テレビ朝日(1977年3月まではNETテレビ)同時ネット枠のため。
  3. ^ 静岡第一テレビでは『パート3』の最後の2ヶ月間は同時ネット。
  4. ^ 土曜22:00から遅れネットで放送。
  5. ^ パートIII途中の1979年4月にNNNにも加盟(NNSは現在も非加盟)。
  6. ^ 石田伸也著・「ちあきなおみ 喝采、蘇る。」より
  7. ^ テレビ朝日徹子の部屋2014年1月7日出演時の神田正輝本人の告白より

関連項目[編集]

  • 代表取締役刑事(石原プロが、本作への回帰を目指して制作したテレビドラマ)

外部リンク[編集]