三木聖子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みき せいこ
三木 聖子
生年月日 (1956-12-12) 1956年12月12日(63歳)
出生地 日本の旗 福岡県久留米市
身長 156cm[1]
職業 元歌手・女優
活動期間 1975年4月~1977年5月
配偶者 あり
主な作品
悪魔のようなあいつ』、『まちぶせ
テンプレートを表示

三木 聖子(みき せいこ、1956年12月12日 - )は、福岡県久留米市出身の元歌手女優1970年代後半、短期間活動の後に引退した。当時の所属事務所は渡辺プロダクション。身長:156cm[1]

人物・来歴[編集]

1975年沢田研二三億円事件犯人を演じたTBSドラマ『悪魔のようなあいつ』でデビューする。沢田扮する「可門良」の妹である「可門いづみ」を演じた[2]

代表曲に、荒井由実作詞・作曲による『まちぶせ』(1976年)、 松本隆作詞・大野克夫作曲による『三枚の写真』(1977年)がある[2]

『まちぶせ』の後にシングル2枚とアルバム『聖子』を発表するも、ほどなくして引退した。

その後結婚して仙台市に在住し、3人の女児をもうける。

1994年、仙台市青葉区国分町にクラブ「MuMu 仙台店(本店)」(ムム)をオープン[3]

2017年11月、東京都中央区銀座にクラブ「MuMu 銀座店」をオープン[4]

2019年、MuMuのホームページを開設。

主な出演作品[編集]

バラエティ番組[編集]

テレビドラマ[編集]

連続ドラマ
単発ドラマ
  • 雪あかりの愛(1976年1月25日、TBS・東芝日曜劇場
  • 母のあしおと(1976年5月2日、TBS・東芝日曜劇場)

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  1. まちぶせ 作詞・作曲:荒井由実 編曲:松任谷正隆(1976年6月25日)
    (c/w)少しだけ片想い
  2. 恋のスタジアム 作詞:荒井由実 作曲:和泉常寛 編曲:船山基紀(1976年10月10日)
    (c/w)明日になれば
  3. 三枚の写真 作詞:松本隆 作曲:大野克夫 編曲:船山基紀(1977年1月25日)
    (c/w)哀しみ専科

オリジナルアルバム[編集]

  • 聖子 (1976年12月10日)
    1. ドリーミィ・スカイライン
    2. 明日になれば
    3. 愛の旅
    4. まちぶせ
    5. そよ風のためいき
    6. さよならのマリーナ
    7. 恋のスタジアム
    8. つぶやき
    9. ホロスコープ
    10. 少しだけ片想い
    11. もうひとつの愛

ベストアルバム[編集]

  • お元気ですか? 三木聖子 with Love(LP:1982年、CD:1990年11月21日)
    1. まちぶせ
    2. 恋のスタジアム
    3. ドリーミィ・スカイライン
    4. 明日になれば
    5. 三枚の写真
    6. さよならのマリーナ
    7. 少しだけ片想い
    8. ホロスコープ
  • 三木聖子・BEST(2002年2月20日)
    1. ドリーミィ・スカイライン
    2. 明日になれば
    3. 愛の旅
    4. まちぶせ
    5. そよ風のためいき
    6. さよならのマリーナ
    7. 哀しみ専科
    8. 三枚の写真
    9. 恋のスタジアム
    10. つぶやき
    11. ホロスコープ
    12. 少しだけ片想い
    13. もうひとつの愛
  • Myこれ!Lite 三木聖子(通常盤:2010年4月21日、UHQCD盤:2016年6月15日)
    1. ドリーミィ・スカイライン
    2. 明日になれば
    3. 愛の旅
    4. まちぶせ
    5. そよ風のためいき
    6. さよならのマリーナ
    7. 三枚の写真
    8. 恋のスタジアム
    9. つぶやき
    10. ホロスコープ
    11. 少しだけ片想い
    12. もうひとつの愛

脚注[編集]

  1. ^ a b 身長は雑誌『オリコンウィークリー』の綴じ込みのデビュー広告に記載。ネット上に流布している165cmは誤り。
  2. ^ a b 週刊アサヒ芸能 2012年6月28日特大号 俺たちが愛した美少女選抜BEST30 第1弾・70年代編
  3. ^ 元祖“まちぶせアイドル”を仙台で見つけた!(2011.07.20) 
  4. ^ 『まちぶせ』で歌手デビューした三木聖子いまは銀座でママ | Smart FLASH[光文社週刊誌]” (日本語). Smart FLASH[光文社週刊誌]スマフラ/スマートフラッシュ (2018年4月26日). 2020年3月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]