柏原寛司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かしわばら ひろし
柏原 寛司
生年月日 (1949-09-06) 1949年9月6日(67歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都中央区日本橋
職業 脚本家映画監督

柏原 寛司(かしわばら ひろし、1949年(昭和24年)9月6日 - )は、日本脚本家映画監督東京都中央区日本橋出身。一般社団法人シナリオ作家協会会長、日本シナリオ作家協会副理事長。通り名は「かしわばら かんじ」(有職読み)。つきあいの長い映画関係者からは「寛 (かん) ちゃん」との愛称で呼ばれている。

略歴[編集]

実家は江戸時代末期から代々、東京・人形町に住む一家で、柏原で四代目に当たる。中学生時代は映画少年で、特に西部劇を好み、『アラモ』は36回も観たという。この他にも少年時代は落語も愛好した。高校生以降は友人の勧めで『用心棒』を観て以来、日本映画も好むようになり、高倉健勝新太郎主演などの作品をよく観るようになる。一方で高校時代は野球部で、野球にも打ち込んでいた[1]

1969年シナリオ作家協会主催のシナリオ研究所(現在のシナリオ講座の前身)第22期を修了。主に新井一に師事。日本大学芸術学部文学科在学中の1973年、東宝企画にアルバイトとして入り、子供向け特撮コメディー番組『クレクレタコラ』(CX) の脚本と製作助手などを経験。その後CM撮影などで岡本喜八らの現場に就き、1974年には東宝企画のプロデューサー磯野理を通じ『傷だらけの天使』(NTV) で脚本を担当[1]

大学卒業後、日活撮影所の助監督試験を受けようとしたが、費用を忘れ断念[1]。その後も東宝で制作などのアルバイトを経験しながら『俺たちの勲章』『俺たちの朝』などの脚本をコンスタントに手掛け、1977年の『大都会 PARTII』にサブライターとして参加したのを皮切りに日本テレビの専属となり、本格的にシナリオライターとしての活動を開始。翌年の『大追跡』では実質的なメインライターを担当した。本人自身がハードボイルドミステリーなどに造詣が深いこともあり、以降『探偵物語』『大激闘』『プロハンター』『あぶない刑事』などの刑事・探偵アクション作品や青春ものを中心に、メイン・中核ライターとして活動。

1997年には『猫の息子』で映画監督 (撮影は1996年9月下旬) としてもデビューし、以降はVシネマガンブレス、死ぬにはもってこいの夜』や低予算映画などの演出にも携わる。近年は、ライフワークともなりつつある『ルパン三世』の執筆や、『名探偵コナン』の劇場版の製作にも携わるようになった。

東京・人形町に「柏原ビル」という自宅兼テナントビルを所有し[2]、制作会社「KOM」を経営。現在は、映写・試写施設「Base KOM」のオーナーも務める一方、作協シナリオ講座の講師として後進の育成にも尽力。門下には武藤将吾米村正二藤田伸三横谷昌宏らがいる。

執筆作品には自身の私生活や日々の出来事を作品に織り込むことが多々あり、88年「行き止まりの挽歌 ブレイクアウト」の主人公、梶竜介の言動は当時の柏原の私生活そのものだという。

また、この時期すでに柏原の仕事場にはパソコン (dos-vと思われる) が導入されていたと思われ、80年代後半の作品からパーソナルコンピュータが劇中に多用されている。

主な脚本作品[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

映画[編集]

ビデオ映画[編集]

漫画原作[編集]

著作[編集]

  • ゴジラ2000 ミレニアム(1999年、角川書店) - 三村渉と共著
  • さらば あぶない刑事(2016年、小学館

主な監督映画[編集]

テレビ出演[編集]

映画出演[編集]

企画参加[編集]

審査員[編集]

関連人物[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『NTV火曜9時 アクションドラマの世界 「大都会」から「プロハンター」まで』(2015年、DU BOOKS)p.28 - 34
  2. ^ 柏原寛司社団法人シナリオ作家協会会長の自宅ビルを訪問する。”. 村山憲三オフィシャルウェブサイト. 2016年2月5日閲覧。
  3. ^ 怪盗セイント・テール”. トムス・エンタテイメント. 2016年5月22日閲覧。