岩崎加根子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いわさき かねこ
岩崎 加根子
本名 村田 加根子
生年月日 (1932-10-25) 1932年10月25日(88歳)
出生地 日本の旗北海道函館市
職業 女優
ジャンル 舞台・映画・テレビ
活動期間 1952年 - 現在
配偶者 あり
主な作品
テレビドラマ
水戸黄門
映画
警察日記
人間の條件』<第三部>
反逆児
『太陽への脱出』
座頭市地獄旅
塩狩峠
失楽園
舞台
『八月に乾杯』
受賞
第6回読売演劇大賞最優秀女優賞
第33回紀伊國屋演劇賞
第15回芸術祭賞奨励賞
備考
身長:162cm 体重:47kg
テンプレートを表示

岩崎 加根子(いわさき かねこ、1932年10月25日[1] - 本名:村田 加根子[1])は、日本女優北海道函館市生まれ[1]立華学園卒業[1]

人物・略歴[編集]

幼少期に東京へ移る[1]。父親は熊本県、母親は近畿出身[2]

1949年、俳優座養成所の第1期生となり[1]1952年の卒業と同時に劇団俳優座に入団[1]、現在は劇団代表を務める[3]

主な活動の場は舞台で、1970年代には市原悦子安部公房が主宰する演劇集団「安部公房スタジオ」に所属していた。

反逆児』で中村錦之助からのお墨付きで相手役に抜擢された。『太陽への脱出』では石原裕次郎の相手役、『座頭市地獄旅』では勝新太郎の相手役を演じた。

出演[編集]

映画[編集]

*太字の題名はキネマ旬報ベストテンにランクインした作品

テレビドラマ[編集]

ビデオ映画[編集]

劇場アニメ[編集]

吹き替え[編集]

ラジオ[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 「日本映画人名事典・女優編」キネマ旬報社
  2. ^ 主役インタビュー:岩崎加根子さん(俳優座)~丁寧に人間を描く - ウェブマガジン・のたる
  3. ^ 俳優座:「海の凹凸」 岩崎加根子代表、2年ぶり本公演”. 毎日新聞夕刊総合 (2017年9月20日). 2021年8月22日閲覧。

外部リンク[編集]