観世栄夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
かんぜ ひでお
観世 栄夫
生年月日 (1927-08-03) 1927年8月3日
没年月日 (2007-06-08) 2007年6月8日(79歳没)
出生地 日本の旗日本
民族 日本人
ジャンル 俳優

観世 栄夫(観世榮夫;かんぜ ひでお、1927年8月3日 - 2007年6月8日)は、シテ方観世流能楽師、俳優。一時喜多流に転流して後藤得三の芸養子となり、後藤 栄夫(ごとう ひでお)の名で活動したが、その後後藤との芸養子を解消して観世流に復帰していた。

来歴・人物[編集]

楽師・7代観世雅雪の次男として観世銕之丞家に生れる。父及び観世華雪喜多六平太喜多実後藤得三に師事。1958年、能楽界を離脱。現代演劇、映画、TVドラマ、舞踊などに活躍するが、前年に没した兄観世寿夫の遺言(意向)もあり1979年に能楽に復帰。京都造形芸術大学教授も長く務めた。

妻は谷崎潤一郎の養女(潤一郎の妻・松子の連れ子)・恵美子。ドキュメンタリードラマ『終戦の日の荷風と潤一郎』(1984年朝日放送)で谷崎役を演じたこともある。1997年芸術選奨文部大臣賞、1998年モービル音楽賞2001年勲四等瑞宝章

2007年5月2日、運転中に八王子市中央高速道路で自動車事故を起こし、同乗していた能楽プロデューサーの荻原達子を亡くした。かねてから病気治療中だったが、仕事上の仲間を失った衝撃も重なり、約1ヶ月後に大腸癌により死去。79歳没。没後に自伝と評伝が公刊された。

「世田谷・九条の会」呼びかけ人を務めていた[1]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

テレビアニメ[編集]

吹き替え[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「世田谷・9条の会」申し合わせ
  2. ^ ジムボタン”. メディア芸術データベース. 2016年12月7日閲覧。

著書[編集]

  • 『日本の名随筆 能』(編集、作品社、1990年)
  • 『幽 観世榮夫の世界』(編著、小沢書店、1997年)
  • 『華より幽へ 観世榮夫自伝』(白水社、2007年)

文献[編集]

  • 船木拓生 『評伝観世榮夫』(平凡社、2007年)

外部リンク[編集]