江角英明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
えすみ えいめい
江角 英明
本名 江角 英明(えすみ ひであき)[1]
別名義 江角 英(旧芸名)
生年月日 (1935-10-05) 1935年10月5日
没年月日 (2004-08-22) 2004年8月22日(68歳没)
出生地 日本の旗 日本島根県大原郡木次町
死没地 日本の旗 日本東京都港区
身長 174cm
ジャンル 俳優声優ナレーター
活動期間 1961年 - 2004年

江角 英明えすみ えいめい、本名:ひであき1935年10月5日[2][3] - 2004年8月22日[4])は、島根県[3]木次町(現・雲南市)出身[5]俳優[4]声優[4]ナレーター

現代制作舎[3]ぱらーた企画[2]九プロダクションに所属していた[6]

身長174センチ。1981-82年頃は江角 英名義で活動していた[3]

来歴・人物[編集]

多摩美術大学卒業[3]

1960年代から約20年以上にわたり日活のスクリーンで活躍。特にロマンポルノでは宮下順子とのコンビで独自の存在感を表した。またテレビドラマでも名悪役として多数の出演作を残した。声優としても『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の屯田五目須役で知られている。

2004年8月22日、胃癌のため東京都港区の病院で逝去[4]。68歳没。2006年に公開された青山真治監督・浅野忠信主演の映画『エリ・エリ・レマ・サバクタニ』のエンドロールに「江角英明とネロに捧ぐ」との内容のメッセージが記された。

特技は狂言[3]バレエ[3]

後任[編集]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 鉄道公安36号 第129話「見知らぬ顔」(1965年、NET
  • ザ・ガードマンTBS / 大映テレビ室
    • 第104話「白昼の大襲撃」(1967年)
    • 第127話「現金強奪作戦」(1967年)
    • 第320話「ボウリング場殺人事件」(1971年)
    • 第336話「セクシー娘・お色気捕物帖」(1971年)
  • 大河ドラマNHK
  • 第18話「過去からの呼出し状」(1968年、TBS / 松竹
  • ローンウルフ 一匹狼 第23話「パリ行461便」(1968年、NTV / 東映
  • 東京バイパス指令 第14話「謀殺」(1969年、NTV / 東宝
  • キイハンター (TBS / 東映)
    • 第81話「花模様の死刑台」 (1969年)
    • 第96話「死刑結婚式」(1970年)
    • 第128話「大脱走は死刑台で始まった」(1970年)
  • 金メダルへのターン!(1970年、CX / 東宝)
  • 大江戸捜査網12ch→TX / 日活三船プロ
    • 第1話「命知らずが闇を斬る」(1970年)
    • 第239話「怨みの米騒動」(1976年) - 二宮
    • 第432話「めおと十手一番手柄」(1980年) - 秋川右近
    • 第447話「幻の恋に泣く女」(1980年) - 鬼頭
    • 第461話「人情 男涙の恩返し」(1980年) - 松永多門
    • 第483話「遊女が見た幸せの夢」(1981年) - 辰蔵
    • 第502話「幻を慕う女」(1981年) - 矢島
    • 第611話「美女必殺剣! 非情の果し状」(1983年) - 早坂吉右衛門
    • 第622話「処刑直前! 清次郎命の賭け」(1983年) - 小笠原采女
    • 新 大江戸捜査網 第23話「色街おんな怨み歌」(1984年、ヴァンフィル) - 花菱屋
    • 平成版 第1シリーズ 第17話「十手悲話 娘目明し一番手柄」(1991年、G・カンパニー)
  • 柳生十兵衛 第10話「黒竜の秘密」(1970年、CX / 東映) - 後藤
  • 男は度胸(1970年 - 1971年、NHK)
  • 鬼平犯科帳 第2シリーズ 第8話、第9話「兇剣(前編、後編)」(1971年、NET / 東宝) - 猫鳥の伝五郎
  • 必殺仕掛人 第26話「沙汰なしに沙汰あり」(1973年、ABC / 松竹) - 又七
  • 剣客商売 第4話「井関道場、四天王」(1973年、CX / 東宝 / 俳優座) - 渋谷虎三郎
  • ファイヤーマン 第19話「宇宙怪獣対原始怪獣」(1973年、NTV / 円谷プロ) - 重吉
  • 子連れ狼(NTV / ユニオン映画
    • 第1部 第11話「三途の川の乳母車」(1973年) - 仁助
    • 第2部 第3話「柳生草術五車」(1974年) - 三留
  • 俺たちの勲章 第14話「雨に消えた…」(1975年、NTV / 東宝)
  • 長崎犯科帳 第25話「欲ボケ野郎は海へ沈めろ」(1975年、NTV / ユニオン映画) - 駒八
  • 大都会シリーズ(NTV / 石原プロ
  • Gメンシリーズ(TBS)
    • Gメン'75(東映)
      • 第68話「小管一丁目35番地東京拘置所」(1976年) - CIA工作員
      • 第112話「宇宙食の恐怖」(1977年) - 刑事
      • 第115話「午前0時・女のミステリー」(1977年) - 松宮五郎
      • 第216話「口裂け女連続殺人事件」(1979年) - 野瀬光一(刑事)
      • 第247話「午前0時の漂流死体」(1980年) - 大野茂
      • 第273話「怪談・死霊の棲む家」(1980年) - 黒谷署刑事課長
      • 第276話「夜囁く女の骸骨」(1980年) - 大町刑事課長
      • 第281話「夜歩く魔物の花嫁」(1980年) - 大町刑事課長
      • 第285話「満月の夜 女の血を吸う男」(1980年) - 大町刑事課長
      • 第324話「深夜放送に届いたバラバラ死体」(1981年) - 城西署警視
      • 第331話「新GメンVSニセ白バイ軍団」(1981年) - 城西署捜査一係長
      • 第347話、第348話「生き返った5年前の死体」(1982年) - 真田刑事
      • 第355話「サヨナラGメン75 また逢う日まで」(1982年) - 捜査主任A
    • Gメン'82 第8話「ジングルベルに踊る死体」(1982年、近藤照男プロ) - 捜査主任
  • 華麗なる刑事 第28話「明日のない男」(1977年、CX / 東宝) - 黒木
  • 特捜最前線ANB / 東映)
    • 第42話「Gメン・波止場に消ゆ!」(1978年) - 平林部長刑事
    • 第197話「焼死体・三つの鍵の謎!」(1981年)
    • 第222話「亡霊が見舞いに来る夜!」(1981年)
    • 第236話「深夜便の女!」(1981年)
    • 第261話「ニューナンブ38口径!」(1982年)
  • 大追跡(1978年、NTV / 東宝) - 荒木刑事主任
    • 第3話「悪女が踊る」
    • 第7話「札束と赤いバラ」
    • 第23話「殺人刑事ウォンテッド」
  • 太陽にほえろ!(NTV / 東宝)
    • 第313話「真夏の悪夢」(1978年) - 矢口鉄二
    • 第339話「暴発」(1979年) - 宮坂組長(竜神会)
    • 第367話「跳べ! スニーカー」(1979年) - 菊池
    • 第397話「音の告発」(1980年) - 浅倉社長
    • 第527話「雨の降る街」(1982年) - 矢部(旭貿易)
    • 第578話「一係皆殺し!」(1983年) - 上松義一
    • 第607話「狼を追え!」(1984年) - 高山社長(明和企画)
    • 第628話「ヒーローになれなかった刑事」(1984年) - 保険会社調査員
    • 第675話「死にゆく女のために」(1985年) - 前島浩二
    • 第692話「捜査に手を出すな!」(1986年) - 響組幹部
    • 太陽にほえろ! PART2 第4話「俺は殺された」(1986年) - 響組東京支部長
  • 大空港 第16話「特捜部対ヤクザ 女医三森亜矢子が敵の手に!」(1978年、CX / 松竹)
  • 俺たちは天使だ! 第2話「運が良ければ五千万」(1979年、NTV / 東宝) - 竜神会幹部
  • 新五捕物帳 第56話「恨みは残る三味の糸」(1979年、NTV / ユニオン映画)- 留吉
  • 探偵物語(NTV / 東映芸能ビデオ
    • 第4話「暴力組織」(1979年) - 坪内(宇田川会幹部)
    • 第14話「復讐のメロディー」(1979年) - 小林(銃砲店店主)
    • 第20話「逃亡者」(1980年) - 安井(関西赤誠会幹部)
  • 西部警察シリーズ(ANB / 石原プロ)
    • 西部警察
      • 第10話「ホットマネー攻防戦」(1979年)
      • 第29話「島原の子守唄」(1980年)
      • 第54話「兼子刑事 暁に死す」(1980年)
      • 第123話「1982年・春 松田刑事・絶命!」(1982年) - 越川
    • 西部警察 PART-II 第16話「追撃」(1982年) - 服部刑事
    • 西部警察 PART-III
      • 第7話「“大将”がやってきた!」(1983年)
      • 第38話「長さんと泥棒」(1984年)
      • 第47話「戦士よ、さらば…」(1984年) - 池田
  • 男たちの旅路 第4部 第3話「車輪の一歩」(1979年、NHK)
  • 大激闘マッドポリス'80(1980年、NTV / 東映)
    • 第8話「破壊」 - 原
    • 特命刑事 第10話「ファイナル・チャレンジ」 - 雨宮洋平
  • ピーマン白書 第5話「新入部員求む! 校内暴力部」(1980年、CX / テレビマンユニオン
  • プロハンター(1981年、NTV / セントラル・アーツ
    • 第3話「逃亡遊戯」
    • 第19話「標的は誰だ?」
  • 闇を斬れ (1981年、KTV / 松竹
    • 第7話「女色男色乱れ僧」 - 歳三
    • 第21話「人肌人形一夜妻」 - 矢部但馬守
  • 噂の刑事トミーとマツ 第2シリーズ 第4話「トミー失神! マツの死を呼ぶ警察手帳」(1982年、TBS / 大映テレビ)- 藤沢
  • 影の軍団II 第13話「人妻は影におびえる!」(1982年、KTV / 東映)) - 現世法師
  • ザ・サスペンス / 柿ノ木坂の首吊り殺人事件(1982年、TBS / 東映)
  • ザ・ハングマンシリーズ(ABC / 松竹芸能
    • ザ・ハングマンII 第14話「ニトロ式美容コルセットで悪の減量を」(1982年) - 今村部長(権藤建設)
    • ザ・ハングマン4 第24話「落ちこぼれ小学生が密売組織と勝負する!」(1985年) - 小寺雄作(東洋龍会会長)
    • ザ・ハングマンV 第9話「金塊に化けたヘソクリ200億を追え!」(1986年) - 柏木社長(五豊商事社長)
    • ハングマンGOGO 第13話「地上げ屋に転がされた少女!」(1987年)- 手島直之(手島開発社長)
  • 影の軍団III 第13話「女相続人の秘密」(1982年、KTV / 東映)
  • 御宿かわせみ 第2シリーズ 第16話「冬の桜」(1983年、NHK) - 茂十
  • 流れ星佐吉 第18話「とんだ情けの大道中」(1984年、KTV / 松竹)
  • 気分は名探偵 第11話「ミンク騒動!!」(1984年、NTV / ユニオン映画)
  • 少女に何が起ったか 第4話「こわい北海道旅行」(1985年、TBS / 大映テレビ
  • 暴れ九庵 第22話「熱い身体」(1985年、KTV / 東宝) - 勘七
  • 誇りの報酬 第6話「俺たち横浜定期便」(1985年、NTV / 東宝)
  • 私鉄沿線97分署 第73話「同窓会でダブルパンチ!?」(1986年、ANB / 国際放映) - 東日貿易社長
  • 必殺仕事人V・激闘編 第29話「主水、まっ青に染められる」(1986年、ABC / 松竹) - 宗兵衛
  • あぶない刑事シリーズ(NTV / セントラル・アーツ)
  • シャツの店(1986年、NHK)
  • 水曜ドラマスペシャル / 夏樹静子の湖に立つ女(1986年、TBS / テレパック)
  • 火曜サスペンス劇場(NTV系)
  • 土曜ワイド劇場 (ANB)
  • 鬼平犯科帳 第1シリーズ 第23話「用心棒」(1990年、CX=松竹) - 馬越の仁兵衛
  • ゴリラ・警視庁捜査第8班 第37話「ビコーズ・その理由」(1990年、ANB / 石原プロ)
  • 刑事貴族2 第29話「甘い誘惑」(1991年、NTV / 東宝)
  • 裏刑事-URADEKA- 第5話「宝石強盗犯の妹を救え!」(1992年、ABC / 松竹芸能) - 中光物産社長・氷室巌
  • お助け同心が行く! 第7話「名刀・辻斬り」(1993年、TX) - 笹沼帯刀
  • 銭形平次 第5シリーズ 第3話「深夜の告白」(1995年、CX) - 大綱の角三
  • 風の刑事・東京発! 第19話「狙われた新婚旅行! 裏金作りの女」(1996年、ANB / 東映)
  • はみだし刑事情熱系(ANB / 東映)
    • 第2シリーズ 第17話「殺人時効8時間前!! 逃走した命の恩人」(1998年)
    • 第3シリーズ 第19話「2月17日の恐怖! 命を賭けた殺人ゲーム」(1999年)
  • 金さんvs女ねずみ 第8話「二代目極道の妻」(1998年、ANB=東映)
  • 私立探偵 濱マイク 第6話「名前のない森」(2002年、YTV
  • 砂の器(2004年、TBS)
  • 西村京太郎トラベルミステリー 第43話「愛と殺意の津軽三味線」(2005年、EX / 東映)

映画[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

吹き替え[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 『声優名鑑』 成美堂出版1999年、373頁。ISBN 978-4415008783
  2. ^ a b c d 『声優事典』 キネマ旬報社1996年、第2版、439頁。ISBN 4-87376-160-3
  3. ^ a b c d e f g 日本タレント名鑑'82』 VIPタイムズ社、1981年、34頁。
  4. ^ a b c d “江角英明さん死去…脇役で活躍、こち亀声優も”. ZAKZAK. (2004年8月25日). http://www.zakzak.co.jp/gei/2004_08/g2004082504.html 2017年5月10日閲覧。 
  5. ^ 江角英明 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」 コトバンク 2018年7月9日閲覧。
  6. ^ 日刊スポーツ. “江角英明さん(俳優)が胃がんのため死去”. 2017年5月10日閲覧。
  7. ^ わんぱく探偵団”. メディア芸術データベース. 2016年9月20日閲覧。
  8. ^ 宝島”. メディア芸術データベース. 2016年11月27日閲覧。
  9. ^ こちら葛飾区亀有公園前派出所”. メディア芸術データベース. 2016年8月7日閲覧。
  10. ^ こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE”. メディア芸術データベース. 2016年8月6日閲覧。
  11. ^ 夢かける高原 清里の父 ポール・ラッシュ”. メディア芸術データベース. 2016年8月4日閲覧。

外部リンク[編集]