告発の行方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
告発の行方
The Accused
監督 ジョナサン・カプラン
脚本 トム・トーパー
製作 スタンリー・R・ジャッフェ
シェリー・ランシング
出演者 ジョディ・フォスター
ケリー・マクギリス
音楽 ブラッド・フィーデル
撮影 ラルフ・ボード
編集 ジェラルド・B・グリーンバーグ
O・ニコラス・ブラウン
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1988年10月14日
日本の旗 1989年2月18日
上映時間 111分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $32,078,318[1]
テンプレートを表示

告発の行方』(こくはつのゆくえ 原題:The Accused)は、1988年アメリカ映画

アメリカで深刻な社会問題となっているレイプにスポットを当てた問題作。

ピンボール台の上でレイプされるシーンを体当たりで演じたジョディ・フォスター第61回アカデミー主演女優賞、第46回ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門)を受賞した。

あらすじ[編集]

ある夜、一軒の酒場から1人の若い男が飛び出してきて、公衆電話から警察に店でレイプ事件が起きていると通報した。彼に続いて店から飛び出してきた若い女性が、通りがかりの車に助けを求めてきた。その女性サラは、酒に酔ってマリファナを吸っていたところを、3人の男たちからレイプされたのだという。

地方検事補キャサリンはこの事件の捜査を行うが、加害者たちは合意の上での行為(和姦)と主張、サラに有利な証拠も何1つなく、キャサリンは渋々司法取引に応じる。それを知ったサラは深く傷つき、自傷行為まで起こしてしまう。

そんなサラの姿を見たキャサリンは事件の再捜査を決意、レイプを煽り唆した男たちを暴行教唆の罪で告発するのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
フジテレビ テレビ朝日
サラ・トバイアス ジョディ・フォスター 深見梨加 戸田恵子
キャサリン・マーフィー ケリー・マクギリス 吉田理保子 小山茉美
ケン・ジョイス バーニー・コールソン 真地勇志 草尾毅
クリフ レオ・ロッシ 野島昭生
サリー アン・ハーン 高田由美
ポール・ルドルフ カーメン・アルジェンツィアノ 池田勝
ボブ スティーヴ・アンティン 松野太紀
ラリー トム・オブライエン 小野健一
ポールセン ピーター・ヴァン・ノーデン 玄田哲章 小林修
ダンカン保安官 テリー・デヴィッド・ミュリガン 千田光男
ダニー ウッディ・ブラウン 小杉十郎太
ウェンライト弁護士 スコット・ポーリン 小室正幸
カート キム・コンドラショフ
翻訳 武満眞樹
演出 木村絵理子
調整 熊倉亨
効果 リレーション
制作 東北新社
初回放送 1992年1月18日
ゴールデン洋画劇場
1998年2月15日
日曜洋画劇場
※DVD収録。

スタッフ[編集]

備考[編集]

  • 検事役のケリー・マクギリスも、レイプされた経験がある[2]
  • サラ役もキャサリン役も多くの有名女優が候補に上がった[3]

脚注[編集]

外部リンク[編集]