小林修 (声優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
こばやし おさむ
小林 修
プロフィール
本名 小林 修[1]
性別 男性
出身地 日本の旗 日本東京府東京市向島区(現:東京都墨田区向島[2]
死没地 日本の旗 日本東京都文京区
生年月日 (1934-11-22) 1934年11月22日
没年月日 (2011-06-28) 2011年6月28日(76歳没)
血液型 A型[3]
身長 168 cm[4]
職業 声優俳優
事務所 同人舎プロダクション(最終)[4]
俳優活動
活動期間 1950年代 - 2011年
ジャンル 舞台
声優活動
活動期間 1963年 - 2011年
ジャンル 吹き替え、アニメ、ゲーム
デビュー作ドラグネット[5]
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

小林 修(こばやし おさむ、1934年11月22日[6] - 2011年6月28日)は、日本の男性声優俳優東京府東京市向島区(現:東京都墨田区向島)出身[2]同人舎プロダクション代表取締役

経歴[編集]

終戦後、結核を患って療養のつれづれにと芝居を始める[2]。劇団化粧座の研究生を経て、劇団文芸座を結成し、同劇団解散後、東京俳優生活協同組合の所属を経て、同人舎プロダクションを創立[5]。『ドラグネット』で声優としての活動を始めた[5]

2011年6月28日、膵臓癌のため東京都文京区の病院で死去。76歳没[7]

2012年、第六回声優アワード「特別功労賞」を受賞[8]

人物[編集]

声質・声種は「ボリュームがあるバリトン[9]」。

吹き替え草創期より活動しており、青年役から老人役まで広くこなしていた。

洋画吹き替えを主体とし、数多くの作品に出演。とくにユル・ブリンナーの吹き替えはほとんどの作品を担当していた[10]ハンナ・バーベラ作品では2度主演した数少ない声優であった。また、『宇宙戦艦ヤマト』シリーズでは常連のひとりであり、第1作でドメル将軍を演じ、以後も1作を除いて出演していた。

特技は殺陣[4]。趣味はゴルフ[4]

後任[編集]

小林の死後、持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。

後任・代役 キャラクター名 概要作品 後任・代役の初担当作品
堀勝之祐 細川藤孝 へうげもの TBA
沢木郁也 ブランチ 太陽の使者 鉄人28号 第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇
田中秀幸 チェロヒキーさん それいけ!アンパンマン 第1322話Bパート
稲葉実 ベイツ提督 暴走特急テレビ朝日 吹替の力追加収録部分
浦山迅 レオポルト・モーツァルト アマデウス
森田了介 ハン 燃えよドラゴンTBS WOWOW吹替補完版追加収録部分
堀内賢雄 バーナビー・フルトン博士 モンキー・ビジネス

出演[編集]

太字はメインキャラクター

吹き替え[編集]

俳優[編集]

ジーン・ハックマン
ジョン・ウェイン
ジョン・ヴォイト
スティーヴ・リーヴス
マイケル・ケイン
ユル・ブリンナー
ロバート・カルプ

映画[編集]

ドラマ[編集]

アニメ[編集]

テレビアニメ[編集]

1963年
1966年
1967年
1968年
1969年
1970年
1971年
1972年
1973年
1974年
1977年
1978年
1979年
1980年
1981年
1983年
1984年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1996年
  • B'T X(老将カオス)
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2003年
2004年
2006年
2008年
2011年

劇場アニメ[編集]

1972年
1977年
1978年
1979年
1980年
1981年
1982年
1983年
1987年
1989年
1992年
1993年
2003年
2004年
2009年

OVA[編集]

1971年
1986年
  • 機甲界ガリアン 鉄の紋章(マーダル)
  • 機甲界ガリアン 大地の章(アズベス)
  • 機甲界ガリアン 天空の章(アズベス)
  • ルーツ・サーチ 食心物体X(マーカス所長)
1989年
1991年
1994年
1998年
  • 銀河英雄伝説外伝 千億の星、千億の光(オットー・フォン・ブラウンシュヴァイク)

ゲーム[編集]

1989年
  • S.C.I(トニー・レイモンド)
1994年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
  • サンライズ英雄譚2(アズベス)
2003年
2004年
2005年
2006年

人形劇[編集]

特撮[編集]

1966年
1967年
1968年
1980年
1984年
1985年
1996年
1997年

ドラマCD[編集]

ラジオドラマ[編集]

ナレーション[編集]

その他コンテンツ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『日本タレント名鑑 2007』(VIPタイムズ社、2007年) 154頁
  2. ^ a b c 唐沢俊一 (2011年7月5日). “プロフェッショナルだった男 【訃報 小林修】”. 唐沢俊一ホームページ. 2020年1月25日閲覧。
  3. ^ 小林修(こばやしおさむ)の解説”. goo人名事典. 2020年1月25日閲覧。
  4. ^ a b c d 小林修”. 同人舎プロダクション. 2012年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月25日閲覧。
  5. ^ a b c 阿部邦雄編著『TV洋画の人気者 声のスターのすべて』近代映画社、1979年、pp.231-234。小林修インタビュー
  6. ^ 『声優名鑑』、448頁、成美堂出版、1999年、ISBN 978-4415008783
  7. ^ 声優の小林修氏が死去 日本経済新聞 2011年7月4日
  8. ^ 『第六回声優アワード』受賞者先行発表!”. 声優アワード. 2012年3月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年2月22日閲覧。
  9. ^ 『声優の世界-アニメーションから外国映画まで』朝日ソノラマファンタスティックコレクション別冊〉、1979年10月30日、81頁。
  10. ^ 小林修. 小林修インタビュー(Wayback Machineによるアーカイブ). インタビュアー:とり・みき. 吹替の帝王, 20世紀フォックス.. https://web.archive.org/web/20150217050916/http://video.foxjapan.com/library/fukikae/interview06.html 2021年1月23日閲覧。 
  11. ^ ハリー・ポッターと炎のゴブレット”. 金曜ロードSHOW!. 2016年8月1日閲覧。
  12. ^ 宇宙戦艦ヤマト2”. メディア芸術データベース. 2016年10月8日閲覧。
  13. ^ 鉄人28号”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月1日閲覧。
  14. ^ 家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ”. 日本アニメーション. 2016年6月21日閲覧。
  15. ^ 戦国魔神ゴーショーグン”. メディア芸術データベース. 2017年2月5日閲覧。
  16. ^ アルプス物語 わたしのアンネット”. 日本アニメーション. 2016年6月18日閲覧。
  17. ^ “ルパン三世 ヘミングウェイ・ペーパーの謎”. トムス・エンタテインメント. http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=456 2016年5月2日閲覧。 
  18. ^ ユリシーズ31”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月20日閲覧。
  19. ^ 宇宙戦艦ヤマト 劇場版”. バンダイビジュアル. 2016年6月13日閲覧。
  20. ^ さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち”. バンダイビジュアル. 2016年6月13日閲覧。
  21. ^ ヤマトよ永遠に”. バンダイビジュアル. 2016年6月13日閲覧。
  22. ^ 火の鳥2772 愛のコスモゾーン”. 手塚治虫公式サイト. 2016年5月19日閲覧。
  23. ^ FUTURE WAR 198X年”. メディア芸術データベース. 2016年8月4日閲覧。
  24. ^ 宇宙戦艦ヤマト 完結編”. バンダイビジュアル. 2016年6月13日閲覧。
  25. ^ ドラえもん のび太とふしぎ風使い”. メディア芸術データベース. 2016年10月2日閲覧。

外部リンク[編集]